ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

2013-04-28

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6.5
GA文庫
著作名:俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6.5

著者名:裕時悠示(ゆうじ ゆうじ)
イラストレーター:るろお
発行日:2013/02/28


あらすじ
夏川真涼は、いかにして鋭太のノートを手に入れたのか……。

夏川真涼は、隣の席になった季堂鋭太を見て、すぐにピンと来た。
「ホモだわ、この男」

春咲千和は、前から気になっていたことを、なにげない風を装って、幼なじみの鋭太に聞いてみた。
「夏川真涼ってコいるでしょ?」

季堂鋭太は、元カノができる前、「自演乙」が結成された初夏に、“かわいい妹”と出会う。
「やっと会えました、美晴のおにいちゃん♪」

『GA文庫マガジン』に連載されていた「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(ぷらすえっち)」を完全収録! さらに書き下ろし短編はカオルの秘密が明らかに!?

レビュー
鋭太以外の視点で語られる話が想像以上に新鮮で良し!!

シリーズ初の短編連作となった6.5巻。
今回は女の子達の視点で話が語られる。

だから何ぞ?と読む前は思っていた。
正直すまんかった。。。
これがもってのほか新鮮で読み応えがあった。

本編が鋭太視点一辺倒だからか、「こいつこんなこと思ってたんだ」的な驚きがいっぱい。
視点が変わると面白さも変わるものだと感心した。
真涼、千和のことをいかに鋭太がわかってないかという裏返し的な意味でも楽しめる。

表紙のカオル(?)に衝撃を受けた諸君も居ると思うが、これはまさに読んで見てのお楽しみ。
但し、謎は解けぬ。深まる一方でござった。というか、カオル君がどこに向かっているのか、このシリーズで最大の謎となった。

こういうカンフル剤的な一冊も悪くない。
6巻の衝撃展開までマンネリ気味だったから、この巻は5.5とか出せばより効果があったんじゃ?とか思ったりもしたが。。。

あの状態の6巻を放置するのはよろしく無いので、早く続巻を出して欲しいところ。
6.5巻は良い本でした。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

2013-02-12

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
GA文庫
著作名:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

著者名:大森藤ノ(おおもり ふじの)
イラストレーター:ヤスダスズヒト
発行日:2013/01/15


あらすじ
これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語】──

迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ!」
「はいっ! 僕は強くなります!」
どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。

大森藤ノ×ヤスダスズヒトのコンビが贈る、GA文庫大賞初の《大賞》受賞作、ここに開幕!!

レビュー
まだまだ伸びしろがあるGA文庫大賞受賞作

新規開拓が出来てないのでとりあえず手近だった大賞作を手に取ってみた。
GA文庫大賞って読んだことないなーと思ってたら、第4回にして初の大賞だそうな。
ニャル子さんは第一回優秀賞だって。

さてその中身はというと、一般的なRPGゲームの設定を上手いこと練り込んで独自の世界を構築した作品。
完成度は高いと思う。なるほど、経験値の考え方にこういう捉え方があるものかと感心。

主人公・ベルは決して勇者(この世界には居ないが)のような凄腕じゃないけど、秘めた才能が一つある。
そのベルを支えるロリ(だけど巨乳)で、とっても献身的で健気な神さま。
ベルを誘惑する(?)美しき剣の達人(そして超絶美人)。

登場人物のバランスがちょうど良い塩梅で、少年・ベルの成長が見ていて気持ちよくて、そしてこれからも期待が出来る。
少年の自尊心と周りの声がぶつかり合うシーンも、少年故にお姉さんのハートを無意識に打ち抜いてるところも読んでて気持ちよい。

そしてロリで巨乳な神さまがたまらん!(そこか
でも最近あまりラノベじゃ触れてなかったキャラ属性な気がするZE。しかも中身は幼い。これいいYO!

ごほん。本題へ戻ろう。

7割位読んでたところから、「こりゃ一冊で話が終わらんなぁ」と思える展開に。
そうしたらなんと言うことでしょう、もう2月には2巻が出るそうな。あと一週間もないのか?

すげぇな。流石に1月に大賞出て、翌月に新刊なんて聞いたことがない。
発表前から2巻の締め切りに追われてる大賞受賞者…考えるとシュール。。。

つらつらと取り留めのないこと書いてきた(しかも中身に大して触れてない)けど、この作品は先が気になる。
これは私にとって凄い重要なファクター。
まだまだどういう方面にも広がりそうな可能性がある。2巻の発売も早い分にはウェルカム。
冒頭に書いたのが実は結構全てで、この作品の評価は1巻時点では見切れない。2巻読んでみてどうなるか、私としては楽しみ。

最後に、この作品の元の名前は「ファミリア・ミィス」(眷族の物語)だったそうな。
この名前じゃパッとしないのはわかる。
でも最終形はあまりに今の流行に乗った感が否めない。(そのせいで私は一回購入を避けた)
タイトル付けってホント難しい。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

のうりん 5 (GA文庫)

2013-02-09

のうりん5
GA文庫
著作名:のうりん5

著者名:白鳥士郎(しらとり しろう)
イラストレーター:切符(きっぷ)
発行日:2012/12/31


あらすじ
現代動物調教研究同好会――通称『どうちょけん』。
それは私、良田胡蝶が新たに創部した、人と家畜の心を通わせるための部活である。

古来より人類は動物を伴侶とすることによって栄えてきた。畜産なくして人類の繁栄はなく、 だからこそ……ん~? どうちたんでちゅか若旦那?
おなかペコりんでちゅかー? ママが食べさちてあげまちゅね~(ハート)

……そんな私の前に立ちはだかる黒い影! 飛騨高山のライバル校、過激な動物愛護団体、そして……謎のサングラスの男!! 貴様は――!?

人は虚無の畜産にぬくもりを見つけられるか!? おっぱい大増量で贈る農業高校ラブコメ、緊迫の第5弾!
――君は、牛の涙を見る。

レビュー
はいはいアウトアウトアウトぉぉぉぉぉぉ!!!!

余裕のスリーアウトチェンジです。レッドカード一発退場食らってもおかしくない。
そんなギリギリの攻撃を繰り広げるのうりんに時の涙を見た。

全体的に凄すぎて、「ここが良かったYO!」とか抜粋できない。
5巻になってものうりんは何も変わってません。安心してお楽しみ下さいませ。

実は今回は真面目な畜産パートがいつもよりかなり多い。
(その合間に挟んでくるギャグで真面目さを台無しにしているが)
まったく農に疎い私には、農業と畜産を繋げて考えたことがなかったけど、畜産の農の一部なのね。
生き物を育て、最終的にそれを頂くというのはどういうことかも考えさせられる。

入り口はどれだけゲフンゲフンでも、農について考えるきっかけになりうる本だと思う。
今回は特に畜産にフォーカスされた内容で、実は一番大事だと思える部分があえて描かれていない。
この部分を林檎ちゃんの心情含めどうやって描くかは、結構重要だと思う。

普段切りそろえられた肉しか見てない我々に、大切な命を頂いているという意識を植え付けてくれるのではなかろうか。

笑いの中に真面目なメッセージもある本作はやはり希有な存在。
基本的には笑いながら読めばいいと思うが、心に留め置ける内容もある素晴らしい本。

真面目に取材した内容を笑いに落とす能力が凄いのだろうか。著者の力量は計り知れぬ。


評価
★★★★★☆
(5.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします


GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6 (GA文庫)

2013-02-03

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6
GA文庫
著作名:俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6

著者名:裕時悠示(ゆうじ ゆうじ)
イラストレーター:るろお
発行日:2013/01/31


あらすじ
ヒメにフェイクがバレた!?

「偽の彼氏って、どういうこと?」
鋭太と真涼の偽物<フェイク>な関係が、ヒメにバレてしまった! その翌日から、ヒメの様子がおかしくなった。あきらかに中2病が悪化しているのだ。

「我が剣に手を触れるな! 呪われた竜に魅入られたいのか!」
風紀委員にすら反抗し、暴走するヒメ。その理由はやはり鋭太と真涼にある訳で……。

ヒメの件を相談する二人は、真涼の希望で鋭太の家に。
「えーくん、お帰りなさーい♪ ……ッ!?」
キッチンから千和がエプロン姿で駆けてきて、真涼とはち合わせ!?

レビュー
俺の彼女と元カノが修羅場すぎる

千和の告白が引き金になって、ひょんなことからヒメにフェイクがばれた。
そしたら何故かヒメの中二病が悪化した。
そのまま真涼の様子までおかしくなってきた。
彼女と元カノの二人が大変なことになってしまった第6巻。

修羅場とはちょっと違うけど、幼なじみの爆弾行動が話を大きく揺り動かして面白くなってきた。

奇行が激しくなる元カノに、情緒不安定な今カノ。
ドシンと構えた幼なじみに、最近影の薄い委員長に今回出番はあまりない。
自演乙のメンバー間に亀裂が走るかと思いきやそんなことは無く、何やら鋭太だけが蚊帳の外?

しつこいくらいに恋愛アンチを標榜してきた鋭太の気持ちにも動きが出てきた。
ある種ニュートラルだった鋭太に方向性が出てきたら、修羅場は戦場になる。

真涼が本当の想いに揺れて、千和はついにやることやって(?)…
ようやく長い前振りが終わって本章に突入したと思える展開になってきた。
女の子達が自分の想いに正直になった時、修羅場は始まる。

追伸:アニメ版のOPはゆかりんだけ声の質が違いすぎて吹いた。流石ゆかりん。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします

GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

這いよれ! ニャル子さん 10 (GA文庫)

2012-12-11

這いよれ!ニャル子さん10
GA文庫
著作名:這いよれ! ニャル子さん10

著者名:逢空万太(あいそら まんた)
イラストレーター:狐印(こいん)
発行日:2012/10/31


あらすじ
ニャル子が真尋のベッドに潜り込み、クー子に嫉妬の炎で焼き殺されそうになる――八坂家はいつものように朝から大SAN事!
歴史は修復され、ニャル子達のいる日常が戻った。ありえない非日常こそ、いまは自分の日常である――そう自覚した真尋だ。そんな矢先、焼失していた地球拠点の修復が終了したとの連絡が入った。確認へ行くべきと提案する真尋と、後回しにしようとするニャル子達。そんなやりとりのさなか知らぬ声がかかり――
「アトラク=ナクア星人、銀アト子と申します……どうぞ、よしなに」
ニャル子の幼なじみ、アト子が地球にやって来て――!?

レビュー
新たな邪神・アト子登場!

時間を飛び越えて3邪神を救った真尋くん。
日常に戻ってきた彼にちょっとした心境の変化が訪れていたり…

そんな変化を自覚する間もなく次から次へ襲いかかるトラブル。
お淑やかでナイスバデーな新キャラ・アト子が現れた!

ニャル子の幼なじみというだけで良い予感がしないけど、風呂に乱入してきたり、距離が近かったり、まさかのお色気要員?!
と思ったらそんなわけありませんでしたすみません。

しょうもない伏線にヒモ付いたしょうもないオチに加えて、トンデモないアト子の属性に脱力。
どこまでもカオスは止まることを知らないようだ。
安定の混沌クオリティー。混沌なのに安定ってなんだ。

しかし、今回はパロネタが深すぎていつも以上にわからなかった。
自分のレベルが落ちたのか、作品のレベルが上がったのか。。。

遂に真尋の中でニャル子フラグが立ちかかったようだし、どう転がっていくのか必見だ。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。