ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

四百二十連敗ガール2 (ファミ通文庫)

2013-06-29

四百二十連敗ガール2
ファミ通文庫
著作名:四百二十連敗ガール2

著者名:桐山なると(きりやま なると)
イラストレーター:七桃りお(ななもも りお)
発行日:2013/05/10


あらすじ
もはや告白してもいないのにフラれてしまう主人公、石蕗【つわぶき】ハル。そんなある日、ハルに優しい言葉をかける謎の美少女が現れた。毒空木【どくうつぎ】の鬼メモによってわかった彼女のいる先は……『デレ園水泳部』。全告ツアーの前に情報収集=仮入部へ、鬼気迫る毒空木と、水泳と聞いて泣き喚く時宗【ときそう】さんだが、水泳部はもちろん男子禁制! チィィックショオオ! 指をくわえて待つしかないのか!? ん? どこからか甘酸っぱい果物の香り? 水着満載&果汁200%の第2巻登場!

レビュー
笑いの精度は向上!ギャグラブコメを読むならこれだ!

確信したよ。ポストバカテスはこの作品だ。
毒吐き全力全開の毒空木、変態に磨きが掛かってきたハル、全てを凌駕する天然少女・時宗さん。
強力タッグに時宗さんが加わって最凶のトリオが出来上がってしまった。

3人って凄いよ、だって常に誰かがボケてるんだもの。
ハルがボケなくても、残りの二人ですんごいことしてるんだもの。

パンツを追っかけてたら女の子に惚れられそうになったけど、自業自得でこっぴどく振られたり。
突然美少女に告白されたと思ったら、非常に残念なオチが待っていたり。
波瀾万丈というか、地獄巡りしてるとしか思えないハルに合掌。

ハルの全告ツアーは全く成果を上げてないようで、なんか美味しい方向に行こうとしている気がする。
まぁ修羅場があったらあったで血を見れそうなので許す!

兎に角ギャグの切れが良いのと、1巻で1回くらい見せるみゃーこの愛らしさがね、もうたまらんのですよ。
私の波長にドンピシャの愛すべき作品。

終始ニヤニヤできるのは非常に貴重でございます。電車内とかでは読めないけどね。
さて、第三巻バッチコーイ!首をながーくして待ってるよ!

ところで全然関係ないこと思いついた。この作品って略すとどうなるんだろ?


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします




スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

犬とハサミは使いよう6 (ファミ通文庫)

2013-04-27

犬とハサミは使いよう6
ファミ通文庫
著作名:犬とハサミは使いよう6

著者名:更伊俊介(さらい しゅんすけ)
イラストレーター:鍋島テツヒロ(なべしま てつひろ)
発行日:2013/02/09


あらすじ
孤高なる天才作家、姫萩紅葉【ひめはぎもみじ】を外界に連れ出すことに成功した俺たち。やっと悠々自適な読書生活に戻れるかと思ったら――あれ、ここどこ? 何で鉄網の中に……って俺拉致られてる!? 混乱する俺の前に、紅葉が兄の九郎【くろう】とともに現れ、淡々と囁く。「責任を、取って下さい」責任? そしてデート!? 何でそうなるの!? あと、当然このお出かけって夏野【なつの】の許可とか取ってないよね? やっぱり俺の未来には死、あるのみか――!? 大人気不条理コメディ第6弾!!

レビュー
そして犬は今日も本が読めない。

監獄島で姫萩紅葉との一戦を終えた犬たち。
一件落着(?)したことだし本を読もう!として目が覚めたらそこは見知らぬ部屋。
なんと犬は拉致されていたのでした(´▽`)
というぶっ飛び不条理からスタートする今回の犬ハサ。

拉致犯はあの問題作家・姫萩紅葉。
犬の言葉を信じて外の世界に出てきた紅葉は、犬に責任を取らせるべくデートに拉致する。

今回はずっと姫萩紅葉と犬(と一部鳥)のお話。
非常識な紅葉にずっとツッコミ入れてる犬のお話。

夏野さんは殆ど出てこないためか、山も谷も無くすーっと話が進んでいった。
不条理というか非常識コメディで、残念なことに笑いがそれほど強くは無い。

所々の爆発力は相変わらずだが、どうも細部に神が宿ってない気がする。
1巻とかの序盤と比べて何が違うのだろうか。
はっきり原因は解らないものの、どうも最近この作品に魅力を強く感じない。

この巻はちょっと読むのがしんどかった。


評価
★★★☆
(3.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

四百二十連敗ガール (ファミ通文庫)

2013-02-16

四百二十連敗ガール
ファミ通文庫
著作名:四百二十連敗ガール

著者名:桐山なると(きりやま なると)
イラストレーター:七桃りお(ななもも りお)
発行日:2013/02/09


あらすじ
四百二十人の美少女のうち、誰か一人へ告白を成功させないと、僕は(いろんな意味で)死ぬ!

『聖【セント】シンデレラ学園』――超絶美少女が集められたその聖域に、希少な男子として合格を果たした石蕗【つわぶき】ハル。しかし、入学早々『蟯虫齧り虫』という蔑称を頂戴し、早くも彼の青春は暗黒の中へ! そんなある日、ラブレター的な手紙に導かれたハルを待っていたのは麗しき妖精。彼女こそ、デレ園最凶の美少女・毒空木美也子【どくうつぎみやこ】。彼女との出会いが、ハルの学園生活を変えていく。そう、暗黒から地獄へと!! 第14回えんため大賞《大賞》、1/420のベストヒロインを探す、大惨敗ハートブレイクラブコメ

レビュー
爆笑ラブコメ新時代の開幕!

バカテスを継ぐに相応しい、バカでラブでコメコメしてる抱腹絶倒系ラノベが遂に来た!!!

最初の10ページ目に到達する前から伏せ字、下ネタ、笑いが全開。
素晴らしいロケットスタートを見せてくれたのは、今年のえんため大賞「大賞」受賞作。

大賞作はこうでなくてはならない。もうパワーがダンチです。

美少女ばかりの学園で「蟯虫囓り虫」と蔑まれる主人公・ハルが、見た目は超可愛いけど中身は猛毒な毒空木美也子に告白される。
「お前は付き合いたくない女の子ワースト1だ!」
「じゃあ私以外の女全員に振られろ(はぁと)」
という悪魔の如き無茶振りから、学園の女の子(420人)全員に告る全告ツアーを繰り広げていくドタバタコメディ。

笑いを自然に奪いにくる著者のセンスには感動した。目の付け所がシャープすぎ。
どこ読んでても笑いがこみ上げてくる。
右回し蹴りで飛びそうになる意識を後ろ回し蹴りで押し戻すという発想はどこから来るのだろうか。
ページを捲る手が止まらなくなって困った。

もちろん笑いだけじゃなくてしっかりラブコメもしている。
ラブコメしようとすると血が流れるバカテスと違って、こっちはラブコメ成分もそれなりにある。
みゃーこが時々見せる恋する女の子な一面は、笑いの嵐の中での良いアクセント。
蟯虫囓り虫・ハルもまともに見せかけて(?)かなりの変態さんで、もう右も左も変な奴ばかり。

軽く読めて、でも笑いの破壊力は規格外。
こういう作品を待っていた。もう私はこの作品の虜です。

バカテスの後釜に座るのはこの作品に違いない。
とんでもない逸品を放り込んできたファミ通文庫に最大級の賛辞を。

2巻が待ち遠しくて仕方ない。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします


ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)

2013-01-09

バカとテストと召喚獣10.5
ファミ通文庫
著作名:バカとテストと召喚獣10.5

著者名:井上堅二(いのうえ けんじ)
イラストレーター:葉賀ゆい(はが ゆい)
発行日:2012/10/11


あらすじ
進路希望調査に記入する内容を迷う明久・雄二・ムッツの三人に学園長が提案したのは、召喚者の未来をシミュレートする新たな実験――「間に合ってます」「なんだいその反応!?」(正しい教師とのやり)。 とはいえ興味をそそられたFクラス面々は早速試してみるのだが……。『僕と未来と召喚獣』ほか、明久と雄二を襲った衝撃の人格入れ替わり事件の顛末『僕と雄二と危ない黒魔術』を含む全4本でお贈りする青春エクスプロージョンショートストーリー第4弾!

レビュー
もはや短編集も4冊目

・兄のホモ疑惑を調査しに来た弟の悲劇
・黒魔術で体が入れ替わって悲劇
・召還獣が将来の姿で出てくるようになって悲劇
・全盛期の若かりし明久と、根暗な瑞希ちゃんの淡い初恋のお話

上記の4本+おまけ立て。
悲劇3:その他1の含有率でお送りしております。

バカの純度が上がる前の明久にはモテオーラがあった!
彼のモテ期がこんなに早く来ていたなんて…最近も来ているようだが。
二度も来るなんて許すまじ。

その他は最終的には血を見るいつもの(?)バカテス。
ギャグも切れてるし、精神・肉体も同時に切れてる。
まったくもってキレキレである。

そんなバカテスも次が本編最終回とのこと。
万難を排して読むぞ!


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします


ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

犬とハサミは使いよう Dog Ears 2 (ファミ通文庫)

2012-12-21

犬とハサミは使いよう Dog Ears2
ファミ通文庫
著作名:犬とハサミは使いよう Dog Ears2

著者名:更伊俊介(さらい しゅんすけ)
イラストレーター:鍋島テツヒロ(なべしま てつひろ)
発行日:2012/10/11


あらすじ
天才作家秋山忍【あきやましのぶ】こと夏野霧姫【なつのきりひめ】の飼い犬として、日々読書に勤しむ俺、春海和人【はるみかずひと】。その妹、円香【まどか】が高校に合格し、入寮前に夏野家を訪れたのだが――何でお前らそんなに険悪になってるの? そして"エターナル和兄プロジェクト"って何!? 『犬は災いの元』、夏野にある相談をするためやってきた映見【はみ】だがそこに鈴菜【すずな】が来襲、映見が発する強力な"苛めてオーラ"に戦慄し……ってだからそれ何!? 『千里の犬も一歩から』他、俺を取り巻く混沌【カオス】な日常を描く、短編集第2弾!

レビュー
不条理が止まらない!犬と作家のカオスな日々

一年ぶりの短編集第二弾。
笑い特化型犬ハサの武力は必見。

細かいこと抜きにして犬が虐げられたり、ドMが虐げられたり、ゲロインが転生して少し優しくなってたり、妹が新たな力に目覚めたりしている。
細かいこと気にしてたら楽しめませんよ?

やはりシリアスモードが少ない方が私は好きだ。
ずっと馬鹿やっていて欲しい。
カレー臭に襲われながらも手遅れになるまで本を読む犬が大好き。

私の好きなエキスが抽出された犬ハサに文句があろうはずもなく。
犬ハサ好きが読まない理由はない。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。