ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

新基準追加

2012-01-10

皆様こんばんは。

2012年より、新たな基準を追加してレビューをお届けすることに致しました。

新たな基準は「ライト度」。
ネーミングセンスがイマイチですみません。。。(良い名前があったらご提案ください)

読みやすさ、つまり「軽さ」の指標です。
ライトノベルのライトさを表示してみます。

面白くても中々前に進まない作品もあれば、つまらなくてもあっという間に読めてしまう作品もある。
そういった点もレビューできたらなと思い設定した次第です。

原則的に評価の★とはリンクしませんが、つまらないと読み進みも遅くなるのも事実。
なるべくそういった影響は補正したいと思いますが、所詮主観的な指標であることはご了承ください。

基準詳細はこちら(←クリック)をご参照頂ければと思います。

例えば「ゼロの使い魔」シリーズはライト度はほぼ全巻において★4~5、という印象です。



一押しお願いします


スポンサーサイト

評価方法 コメント: 0 トラックバック: 0

★の点数基準

2008-06-15


【評価基準】(2008/6/15設定)

==============================

★★ (2)       :本当につまらない。読了までが苦痛。
★★☆(2.5)      :つまらない。読了後に良い印象がない。
★★★(3)        :面白くない。褒める点が殆どない。
★★★☆(3.5)    :微妙。改善点(ツッコミどころ)多し。
★★★★(4)     :評点の基準値。普通に面白い。文句なく楽しめる。
★★★★☆(4.5)   :面白い。5には届かないけれど良作。
★★★★★(5)    :文句なしの名作。是非オススメしたい。
★★★★★☆(5.5) :5より一つ「格上」の面白さ。傑作。レアケース。

==============================

基準とは言っても点数を付けてるのは私個人ですので、十二分に主観が反映されます。

※その他備考
・1点台は未だかつて無し。地獄の底。出たら・・・察してください。
・6点以上はかつて数作品につけてますが、超レアケース。年に1~2作品くらい。
 とにかく気に入った「神作品」と思ったものに付けてます。
______________________________________________

【ライト度】(2012/1/9設定)
内容の善し悪しではなく、読みやすさに基準を置いた指標。評価とはリンクしない。
基準は下記の通り置くが、逐一読了までの所要時間を計測はしていないため、管理人のイメージも強く影響する。

基準:3時間で読了できる軽さ※(1ページあたり平均45秒、一冊あたり250Pとする)
※管理人の平均読書スピードから設定

==============================

★       :とにかく重い。一冊あたり5時間超。
★★      :多少重め。一冊あたり4~5時間程度。
★★★    :普通。基準スピードで読了できる。
★★★★   :軽め。一冊あたり2~2.5時間。
★★★★★ :とにかく軽い。一冊あたり2時間以下。

==============================
★2~4が大半で、★1、5は使われることは殆ど無いと思われます。





一押しお願いします

評価方法 コメント: 1 トラックバック: 0

あなたのサイトでは本の紹介や感想を書く時、どんなことに気をつけてますか?

2006-12-12

Alles ist im Wandel さんで取り上げられていた問いかけ。
ブログ立ち上げの際基本原則を作ってそれに則ってきたけど、良い機会だから見直し&再認識しようと思う。

①ネタバレ厳禁
これは開設当初からの大前提。
シリーズモノの二巻以降の扱いが難しいところだけど、それのネタバレもしないよう努力継続中。
ただどうしてもって時は読んだ人なら解る、未読者には解らない程度の一言二言は追加する。
シリーズが進むに連れて叫びたくなる要素って増えるじゃないですか?(汗

あらすじは有り。未読者の方にレビューする場合、あらすじの存在は大きいと思うから。
うちのあらすじは公式サイトのコピペ。
最初のうちは自分で考えていたけどやたらと時間が掛かる=更新頻度まで下がる ので断念 orz


②主観的になりすぎず、客観的になりすぎず。
主観的になりすぎると余計な文が増えるし誰にでも通じるレビューを書くのは難しくなる。
客観的になりすぎると面白味のないただの書評になる。
だからバランスを大切に。

私は読了後の本は良作も悪作も「そういうモノ」として受入れるので、短所を強く認識しない。
エンターテイメントとして本を読んでいるから、例えつまらない本でも楽しく読もうとしてるのが要因かも。
というか単純な性格なので多少強引な構成でも受入れちゃうんですよね…実は短所を見つけることに苦労してたり(汗

作品を紹介してるのに短所ばかりあげられたら読む気なんて当然削がれる。
悪いところを上げてたら切りがない。
長所を引き立たせるスパイスとしての短所をあげる。長短ってのは表裏なのだから。
レビューでは長所2~4:短所1くらいの割合で配合。(あくまで平均値)


③長くても読みやすい文章を!
自分のレビューは周りのラノベ系サイトさんに比べると長文の部類に入ると思う。
短い文にまとめるのはあまり得意ではない。
手短にまとめることがレビューとしては理想。しかし、短い文に要素を詰め切れなかった場合、十分に魅力を伝えられない。
ならば逆に、長さを気にせず作品を余すところ無く伝えてやろう。と開き直った結果としての現在の文体がある。
言いたいことは言い尽くす。そのうち短くまとめることが出来るようになってくる…はず……多分…。


結局長文になってしまった(汗
ここの管理人はこんなこと考えてるんだーくらいに思っておいて下さい。


ブログ更新の励みに一押しお願いします。

評価方法 コメント: 0 トラックバック: 0

基本原則

2006-02-12

さて、このブログの基本ルールのご説明します。
私がネタバレを好まないため、それに配慮した原則を設けます。
それとご覧になる際の注意点ですね。
一度以下の内容を確認をお願いしたいと思います。

1.まずネタバレにならない程度のあらすじを紹介。その後感想。
2.ネタバレになると判断した場合は前もって表記or表示の変更を行う。
3.続きモノ(シリーズの2巻以降)の内容はネタバレあり。2は適用なし。
4.あくまで管理者による感想ですから、ご自身の感想との齟齬があっても苦情は受け付けられません。
5.注意は払いますが、もしネタバレが起こっても文句は言わないで下さい。
6.★=1点、☆=0.5点 合計5点満点で評価(5点超過の場合も時折あり)


上記の原則にしたがってライトノベルのレビューを行います。
原則を改定する場合はお知らせします。

評価方法 コメント: 0 トラックバック: 0

「ライトノベル読もうぜ!」発足挨拶

2006-02-11

ご来訪頂きありがとうございます。
当ブログの管理人のラノベドランカーです。

唐突ですが、読書は好きですか?
私は三度の飯よりカフェでまったりしつつ本を読むのが何より好きです。読む本はもっぱらライトノベル、いわゆる『ラノベ』です。

さて当ブログの「テーマ」、それはもう題名の通り。
社会的立場を次第に確保し始めているラノベですが、やはりまだ子供向けといったイメージが払拭しきれていない現状。
一ファン、一成人としてはちと哀しい。
では知ってもらおうではありませんか!その素晴しさを!

という訳で私が読んだ本を全てレビューしていきたいと思います。
書評といえるほど立派なことは書けませんし、堅苦しいのは嫌いです。
ですから率直な感想を述べ、一人でも多くの人に興味を持ってもらうことがこのブログの最大の目的です。

読書ペースとしては3~4日に1冊ですので、それと同頻度での更新を予定しています。
電撃文庫を中心にレビューします。

それではみなさん、どうぞお楽しみ下さい。

評価方法 コメント: 12 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。