ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV

2010-07-28

魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV
講談社ノベルス
著作名:魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV

著者名:越前魔太郎
発行日:2010/04/06


あらすじ
“冥王星O”と名乗る男が、世界の秘密を語る…。「なぁ、この世界のヒエラルキーの頂点に位置するのは人間だと思っていないか?それは大いなる誤解だ」俺は知る。探し求めた彼女―美しい少女の形をした楽器―に至る道を。「“彼ら”はひっそりと闇の中でくらしている。彼らと人間の間にトラブルが起こったとき、“冥王星O”―つまり俺の出番ってわけだ」。

レビュー
冥王星Oシリーズ第二巻。

巻数は付いていないが、一応ウォーキングのWの続編。
ウォーキングのWで感じたとてつもないシンドさは今回は無い。著者が違うせいだろう。

幼い頃に見た美しい少女の姿をしたヴァイオリン。これは本当に人体をそのまま使った「生きた」楽器。
その人体楽器の姿、音に魅入られた「俺」は、とある事件から再びその楽器に邂逅し、闇に引き込まれていく。
そしてその闇には「冥王星O」と呼ばれる男と、「彼ら」が居た。
「俺」は冥王星Oや窓をつくる男と「彼ら」が使う人体楽器を追い求め、そして。

今回は少女ヴァイオリンに魅入られた「俺」が物語の中心。
冥王星OはWで出てきた彼だが、終始存在感が強くなかった。キャラとしては好きだったんだが。

一般的ラノベとは一線を画す重厚かつ、グロテスクな表現が特徴。
少女の姿をしたヴァイオリンの描写ははっきりってグロい部類。
しかし、その楽器に引き込まれた「俺」目線で語られる美しさも伝わってくるから不思議。
とはいえ至る所にハードで緻密なグロ描写があるので、そういうのが苦手な人は要注意。
これはラノベレーベルには向かない描写。
コラボして別レーベルで出すことの一つの意味がこういった表現の垣根を超えることなのかもしれない。

意外な展開もあり、予想通りの展開もあり、しかしそのどれもが重い。
ラノベ脳のまま読むのはオススメしない。頭を切り換えてがっつりと読みにかかる方がいい。

冥王星Oシリーズを2冊読んでみたわけだが、なんとなくどういうものか掴めて来た気がする。
でも次作はまた著者が違ってるので今後の展開は全く掴めない、それはそれで面白い。

とりあえず次もチャレンジしようと思う。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします

スポンサーサイト

講談社ノベルス コメント: 4 トラックバック: 0

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

2008-10-01

クビキリサイクルノベルス版クビキリサイクル(文庫版)文庫版
講談社ノベルス(講談社文庫版もあり)
著作名:クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
著者名:西尾維新(にしお いしん)
イラストレーター:竹(たけ)
発行日:2002/2/5


あらすじ
絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、5人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする!
工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(くなぎさとも)(♀)とその冴えない友人、「戯言遣い(ざれごとづかい)」」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を“証明終了(QED)”できるのか?
新青春エンタの傑作、ここに誕生!第23回メフィスト賞受賞作。

レビュー
西尾ワールドのはじまり。

今更説明することすら不要の有名作家、西尾維新のデビュー作。

最近は講談社文庫のお手軽サイズでも刊行されて(しまって)いる。
大きいサイズで全巻揃えてしまい悔しい思いを味わうことに。
早く読んでおくか、揃えるのを控えておけばよかった。。。

さてさて、この本が初西尾維新。
デビュー作でこのレベルとは、これは凄いことだ。

独特の台詞回し、(名前も行動も)おかしなキャラクター達、その他諸々(ぉ)、ここまで作者の特徴が出ている作品は珍しい。
強烈なパンチ力がある。
これが西尾維新ワールドなのだろうか。
初西尾だけにその辺の判別がつかないけど、きっとそうなのだろう。

作品の力の強さがびしびし伝わってくる。

癖の強い各キャラクターも、先を読ませないトリックも見事。
トリックのギミックに懲りすぎていて、しばらくしたら忘れそうだけど、それもまた良し。
そしてエキセントリックだけど友は可愛いと思う。

ページ数が多くて、サイズも大きいので読むまでに時間をかけてしまったがもったい無かった。
文量に見合うだけの見返りを得られる本。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



講談社ノベルス コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。