ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

鬼切り夜鳥子2 京都ミステリーツアー

2007-11-28

鬼切り夜鳥子2
ファミ通文庫
著作名:鬼切り夜鳥子(ぬえこ)2 京都ミステリーツアー

著者名:桝田省治(ますだ しょうじ)
イラストレーター:佐嶋真実(さじま まこと)
発行日:2007/03/12


あらすじ
京都を騒がすバラバラ殺人事件。その解決に乗り出したのは、式神を操る陰陽師「鬼切り」夜鳥子に取り憑かれた女子高生、美少女スプリンター駒子だった! 破天荒な級友3人との修学旅行そっちのけの鬼退治!! 駒子の幼なじみ、久遠の淡い下心はどこへ? チョイワル天狗とメガネ巨乳、三ツ橋の奇妙な恋の行方は? そして安部晴明を巡る女の確執が現世に甦る!! 鬼才ゲームデザイナー桝田省治がおくる微エログロ&ノンストップ超伝奇アクション第2弾!!

レビュー
一巻も面白かった。面白かったが…

もはや豹変と言って良いくらいに2巻の出来が凄い。
どこかゲームのノベライズのような雰囲気があった前巻に比べ、今作は完全な伝奇アクション小説。

ここまで急激に話が面白くなったのは一体何故なのか。
分厚くて尻込みしていた400P超の本を気が付けば読み終えていた。

後書きでこの本の執筆(制作)形式が明かされていたが、その賜だとするなら今回の試みは完璧に成功している。
ただひとつ、荒木の「プリーズ」には誰もツッコミを入れなかったのだろうかと思ったりもしたわけだが。。。

とにかく京都に行きたくなる。
この本の魅力は「京都」を舞台に「陰陽師」が駆け抜ける。これに尽きる。

小気味よく進んでいくストーリーを精緻な京都の街並みの描写が盛り上げている。
京都へは一人旅を何回もしている程に京都好きな私には、「ああ、あそこか」といったように舞台が脳裏に浮かぶ。

一条戻り橋のエピソードにはじんと来るものがあった。

京都へ行ったことがない人にはその相乗効果は得られないだろうが、一つの伝奇モノとしても十二分に魅力がある。
メインの夜烏子、久遠と同等かそれ以上に活躍するサブキャラ達。
山奥に眠る最強のアイテム。かの陰陽師が使役したという古の式神。
ワクワクする要素は至る所に隠されている。

一部今回の話で詳しく語られてない部分も見受けられた。(ページの都合も大いにあるだろうが…)
3巻で補完されている部分なのだろうかと勘ぐってみたり。。。

陰陽師分と京都分を大いに補充させてもらえる一冊。
次に京都に行くときは、本作の舞台を巡る「夜烏子巡り」をしようかと考えている。


評価
★★★★★
(5)

参考になったら一押しお願いします。



スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

陰陽ノ京

2007-11-19

陰陽ノ京
電撃文庫
著作名:陰陽ノ京

著者名:渡瀬草一郎(わたせ そういちろう)
イラストレーター:田島昭宇(たじま しょうう)
発行日:2001/02/25


あらすじ
電撃初の陰陽師ストーリー! 時は平安、家業の陰陽道ではなくあえて文章道の道選んだ青年・慶滋保胤のもとに一人の男が訪れた。男の名は安倍晴明――いわずと知れた天才陰陽師である。 晴明は近頃都の現れたある外法師について調査を依頼しに来たのだったが、裏に別の思惑を持っていた。すなわち、天賦の才を発揮する保胤を再び陰陽道に引き戻すこと。そして晴明の思惑通り、保胤は外法師を巡る争いに巻き込まれ、そしてその果てに見たものは……! 平安時代に実在した慶滋保胤を主、安倍晴明を脇に据えた異色作、登場! 第7回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作品

レビュー
不朽の名作。必ず読むべし。

今や押しも押されぬ電撃の看板作家、渡瀬草一郎先生のデビュー作。
これが本当にデビュー作か…数年ぶりに読んでその質の高さに愕然。

その素晴らしさは全く色褪せてはいなかった。
読了後の心満たされた得も言われぬ感覚を久々に思い出した。

非常に良く練り込まれた構成、堅牢は時代考証、しかしラノベの域を逸脱しない物語の深度。
今や陰陽師の代名詞といえる安倍晴明を脇に寄せ、歴史上文章の世界で有名な慶滋保胤を陰陽師として据えた大胆な配置。

ともすれば都合良くドンパチの種にされる陰陽道のツールとしての使いこなし方。

息づかいをも感じられるような活き活きとした登場人物達。

文句の付け所が見あたらない。

元々日本史好きで、読んでいた小説も歴史小説ばかりだった私にはツボだったこともある。
しかしそれだけではなく、この本は様々な知的好奇心を満足させてくれる「中身」が備わっている。
読んでいて本当に「面白い」。
読んでいて「なるほど」と思える知識を与えてくれるラノベはそうない。
日本史好きならもっと物語を楽しめる。

この本はラノベへの偏見を一気に吹き飛ばし、人をラノベワールドに引きずり込んむ力を持っている。
ライトノベルを嘗めてる人にこそオススメし、感想を聞きたい。

恐るべきはこの本がデビュー作であるということ。まさに鬼才。

狼と香辛料も衝撃のデビューではあったが、再度読み返してみるとこの作品を超えることは出来ていないと思える。
発行が2001年。電撃の黎明期を支え、そして今も大きな柱たる渡瀬先生の処女作を読まない手はない。

こんなに読んで欲しいと思ってレビューを書くことが久しぶり。その証拠としてレビューがやたらと長い。。。
ラノベ読者でこの本を読んでない方は、是非是非この本を手にとって貰いたい。
後悔することは絶対にない。


評価
★★★★★★★
(過去最高得点たる7!)


一押しお願いします



電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

文学少女と飢え渇く幽霊(ゴースト)

2007-11-17

文学少女と飢え渇く幽霊
ファミ通文庫
著作名:"文学少女"と飢え渇く幽霊(ゴースト)

著者名:野村美月(のむら みづき)
イラストレーター:竹岡美穂(たけおか みほ)
発行日:2006/09/11


あらすじ
文芸部部長・天野遠子。物語を“食べちゃうくらい”愛しているこの自称“文学少女”に、後輩の井上心葉は振り回されっぱなしの毎日を送っている。
そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」という文字や、謎の数字を書き連ねた紙片が投げ込まれる。文芸部への挑戦だわ! と、心葉を巻き込み調査をはじめる遠子だが、見つけた犯人は「わたし、もう死んでるの」と笑う少女で――!?

レビュー
苦くて辛くて、ほんの少しだけ甘くて…

遠子先輩風に評するとそんな感じになるのだろうか。
読み応え抜群の名作。

一巻ほど凝ったギミックは見受けられなかったが、その分心に重くのしかかってくる物語。
ミステリー色は薄くなっているが作品の魅力は些かも衰えていない。

拗ねた遠子先輩があまりに可愛らしすぎて危ない。
重く暗くなっていくストーリーに吹く一陣の風。
清涼剤としての遠子先輩の愛らしい仕草の数々の破壊力は想像を絶する。
心葉くんとのやりとりもいちいち可愛い。こんな先輩が欲しかった。

今回も文学少女たる先輩は最前線には出てこない。
だがそんな立ち位置が良い。

メインテラーの心葉くんからすると空回り気味の先輩だが、時に凄いんです。
(注:脱いでも凄くは無い模様)

一巻のミステリーものとは違った、「文学少女」シリーズのもう一つの顔が見える。
(と言っても二巻目だが)

大変「おいしい」一冊だった。


評価
★★★★★
(5)

参考になったら一押しお願いします。


ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

うさぎの映画館

2007-11-14

うさぎの映画館
電撃文庫
著作名:うさぎの映画館

著者名:殿先菜生(とのさき なお)
イラストレーター:田上俊介(たうえ しゅんすけ)
発行日:2007/05/25


あらすじ
誰もいない映画館。 私は一人シートに座り物語は始まった。

ヒビ割れた手鏡。 幽霊つきと噂の姿見、主役不在のアリスのランプ……。
ちょっと不思議な品物が集まる、「銀河堂」 という骨董品店でバイトをしていた静流は、雲井進という少年と出会う。
実は、高校の同級生でもあった進とのこの出会いが、静流の心に小さな波紋を生み、やがて思わぬところに、彼女を導いてゆく……。
小さな店が軒を連ねる商店街。 その先には、ぬいぐるみの 『はーさん』 が迎えてくれる映画館。
それは繰り返し彼女が見る夢……。 静かに紡がれる、夢と現実をつなぐ物語。

レビュー
帯に「橋本紡氏推薦」と書かれ、電撃文庫の幅を広げると評価されている。
なるほど、系統としては橋本先生側に属する物語かもしれない。

日常をそれとなす過ごしていくうちに、周りの人たちに影響され自分の歩む道を意識しだす少女の物語。
ゆったりした流れ、物静かな登場人物達がなんだか懐かしい雰囲気を醸し出す。

しかし、物語全体で何を言いたかったのかが良くわからない。

薄い。

というのが、読了後の率直な感想。軽いというより、薄い。
文の量が少なく、会話と心情表現が多いのは橋本先生と同じだが、所々でのプッシュが非常に弱い。
響く台詞が無い。
メリハリが無いとも言えると思う。
ページをめくりつつ感想もさらさらと流されていってしまった。

タイトル「うさぎの映画館」の物語中での意味もわからなかった。
結局謎の存在な「うさぎの映画館」について、もう少し掘り下げても良かったのではないだろうか。

驚いたのは鳴海さんに関するどんでん返し。
残念ながらこれ以外のエピソードを実はもう覚えていない、全部鳴海さんに喰われた。
だって一番インパクトがある話だったんだもの。


評価
★★☆
(2.5)


一押しお願いします



電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

灼眼のシャナXII(12)

2007-11-12

灼眼のシャナ11

電撃文庫
著作名:灼眼のシャナXII

著者名:高橋弥七郎(たかはし やしちろう)
イラストレーター:いとうのいぢ
発行日:2006/02/25


あらすじ
御崎高校では、年に一度の学園祭 「清秋祭」 が開催されていた。
仮装賞に選ばれたシャナは、赤いリボンにワンピースという愛らしい姿で舞台の上に立っていた。
優勝者インタビューでマイクを手にしたシャナは、
「私、悠二が――」
と、胸にあふれる “どうしようもない気持ち” を、一人の少年へ向けて伝えようとする……。

しかしそれは、一陣の疾風によって中断された。
風の色は琥珀。
“約束の二人” の片割れ、“彩飄” フィレス顕現の証だった――!

悠二の 「零時迷子」 の中に封印されているヨーハンを取り戻そうとするフィレス。
一方、悠二は己の存在を消される恐怖を感じて……。

レビュー
盛り上がってきた!

前巻から暖めてきたネタが大いに膨らんできた。
11巻読了後気になってすぐ読んでしまったわけだが、次が中々でなくて焦らされていたらかなり辛かった。

久々なフレイムヘイズ同士のドンパチが熱い。
マージョリー姐さんが強い強い。
やっぱりこの作品はアクションが無いと面白みが薄くなる。

といいつつも、今回のアクションパートはあっという間に終わってしまってその点は拍子抜け。

でも色々と面白くなってきている。
シリーズ12作目ともなると中だるみの季節だが、その点の心配は無さそう。

イラストの方もカラーが普段の1.5倍近くあって気合いが入ってる様に見える。
だがその分モノクロイラストの手の抜き方が酷かった…。

11巻と同じ演出方法を用いて最後にどんでん返しを仕掛けてきた。
次が気になる展開はまだまだ続く。

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

灼眼のシャナXI(11)

2007-11-10

灼眼のシャナ11
電撃文庫
著作名:灼眼のシャナXI

著者名:高橋弥七郎(たかはし やしちろう)
イラストレーター:いとうのいぢ
発行日:2005/11/25


あらすじ
ヴィルヘルミナの協力もあり、教授の事件で被害を受けた御崎市にも平穏が戻ってきていた。
悠二が通う御崎高校には学園祭の季節が訪れ、クラスメートたちは期待に胸をふくらませている。
シャナも学園生活を楽しもうとするが、吉田一美と仲良くする悠二を見るたびに、どうしようもなく心が不安定になってしまう。
この気持ちはいったい何なのか――。 シャナの中で再び葛藤がはじまった。
そして、“好き” の本当の意味を身体全体で感じたとき、ついに彼女はある行動を起こして……。

レビュー
12巻を用意してから読みましょう。

流石電撃看板シリーズ。
こういう展開はかなり好き。

シャナはこれまでの生き方に悩み、新しい生き方に迷い、決心し一つ成長する。
悠二も単なるミステスから色々とランクアップ。
他のキャラ達も何やらこれまでと違った感じ。
メガネマンだけがあまり変わっていないが…

「変化」が一つのテーマと言ってもいいだろう。

つかの間の平穏な日々。
そんな日々を送るシャナ達に確実に近づいてくる敵の手。
ジリジリとその距離を詰めてくる敵の自在法と盛り上がるシャナ達のギャップにハラハラしていた。
そして最後のクライマックスシーン!

気になる!次が気になる!!

というわけですぐに12巻を読む次第。積んでおいてホント良かった。
すぐに次に行ける。

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

世界平和は一家団欒のあとに② 拝啓、悪の大首領さま

2007-11-07

世界平和は一家団欒のあとに2
電撃文庫
著作名:世界平和は一家団欒のあとに② 拝啓、悪の大首領さま

著者名:橋本和也(はしもと かずや)
イラストレーター:さめだ小判(さめだ こばん)
発行日:2007/06/25


あらすじ
家族全員、特殊なチカラを持ち、なぜか世界を危機から救う役割を押しつけられる星弓一家。
長男の軋人は、かつて自分が倒した悪の組織の首領一家と再会する。その一家、鶴見家の父の修平は無職でしょぼくれ、長女の銀子は父を見限り失踪、末っ子の正志はそんな中すっかり意気消沈しており、家族は崩壊の危機に瀕していた。
長男の啓吾に頼まれ、なんとなく後ろめたさも感じた軋人は、柚島や妹の美智乃とともに彼らの絆を取り戻す手助けをすることになるが――。
悪の組織の“その後”と正義の味方(?)のアフターケアを描く物語。


レビュー
正義の味方が悪の一家の危機を救う!?

戦いに負けた悪の首領様一家の悲しき末路をなぜだかフォローする羽目になる正義の味方のお話。
意外と面倒見がいい軋人が鶴見家へのアフターケアに奮闘する。

いやー大変に面白かった。

細かな笑いポイントあり、心温まるエピソードありと盛りだくさん。

やはり二巻でも「家族愛」がメインテーマ。
何だかんだと一冊を通しての雰囲気が温かい。

今回でも言いたいことがはっきりしているので、ストーリーにも一本筋が通っている。
子供に良いところを見せようと頑張る親父は最高に格好良い。
それが傍目にはとても恥ずかしくて、ダサく見えたとしても、
「世界なんかより家族が大事」
そう胸を張って宣言できる親父が格好悪い訳がない。

細かい内容については語るまい。読んで頂ければこの作品の魅力は分かって頂けるだろう。

読了後の気持ちよさは一巻以上。
大いに期待に応えてもらった。
三巻もとても楽しみ。



評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします



電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 0

2007年10月購入本

2007-11-05

2007.10購入本

電撃文庫
・キノの旅XI
・我が家のお稲荷さま。(7)
・オオカミさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女
・“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店3

ファミ通文庫
・バカとテストと召喚獣3

角川スニーカー文庫
・オイレンシュピーゲル参

富士見ファンタジア文庫
・スプライトシュピーゲルⅢ
・Dクラッカーズ・ショートⅡ

コバルト文庫
・マリア様がみてる 薔薇の花かんむり

MF文庫J
・渚フォルテッシモ2
・ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険2

スーパーダッシュ文庫
・ヴァンガード

徳間デュアル文庫
・おおきくなりません

講談社BOX
・ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編(上)~
・ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編(下)~


十月の購入本は全部で15冊。
多くもなく少なくもなく。
かなり分散が効いた購入本の数々と相成りました。

そういえば気がつけば11月ですねぇ。
時が経つのは早いものです。

壁|ω・`)…
壁|ω・`)………
壁|ω・`)……………('A`)

そうですよね、しれっと進めてスミマセン。。。
長らく放置プレイしていました。
とりあえず管理人は生きています。

10月は当ブログ初めて以来の停止具合でした。
月三回しか更新できてない…
それでも定期的に見に来てくれている方々には心から感謝します。
ぶっちゃけ言い訳になりますが、仕事と勉強に追われて他の何にも手が回らない状態でした。

おかげでストレスが溜まる溜まる。
最近ようやく峠を越えたので、しこしこ本を読み始めたところです。
下山途中に転げ落ちて死なないように気をつけたいところ。

更新もそれなりの頻度で行っていきますので、引き続きよろしくお願いします。

もう少しすれば年末進行で暇になるはずなんだ…きっと…

月記 コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。