ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

麒麟は一途に恋をする5

2008-05-30

麒麟は一途に恋をする
電撃文庫
著作名:麒麟は一途に恋をする5

著者名:志村一矢(しむら かずや)
イラストレーター:椎名優(しいな ゆう)
発行日:2006/2/25


あらすじ
記憶を失った《鳳凰》華音は、ひとりの少女として遙の許で穏やかな日々を送っていた。
一方、遙への復讐心にすがって生きてきた《麒麟》柊弥も、蛍子との出会いに安らぎを見いだす。
そして麻由は、遙の気持ちを受け止める決心を固めていた。

幸せを紡ぐ、それぞれの日常――。
だが、平穏な日々は長くは続かなかった。
妖魔アヌビスとバステトは、直純を獲物と定め、その魔手を伸ばす。
そしてついに、遙と麻由の前に、最強の星獣《九頭竜》東雲十吾が現れる!

レビュー
嵐の前の静けさ的一冊。

物語は決戦の時に向けて着々と進んでいる。
前巻の戦いで角(記憶も)が取れた縦ロールツンデレ娘が大変なことになったりと見所は様々。

遙と麻由はようやく真の意味でくっついた。長かった。

一方、前巻不器用さで萌えさせてくれた直純にはさらなる試練が…。
彼にまつわる今回のエピソードでかなりきな臭さが増した。

もう一人の麒麟への施策がなにやら逆効果を発揮し、より物語が混沌としそうなのだが、どう発展してくるのだろう。

決戦は血みどろのサバイバル。もはや誰が生き残るか全く見当が付かない。
かなり序盤から死相が出てた奴もいることだし、次からバタバタと倒れて行きそうな気配がする。
「月と貴女に」の最後の方もこんな感じだったような気がするなぁ。

「月と貴女に」シリーズからお気に入りのキャラ達に死なれるとなんとも切なくなるが、それも物語なのだから読者はただ享受するしかあるまい。

クライマックス直前の張りつめた雰囲気が漂っていた。
次を読むのが楽しみだ。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

僕たちのパラドクス2 -Acacia1429-

2008-05-25

僕たちのパラドクス2
富士見ミステリー文庫
著作名:僕たちのパラドクス2 -Acacia1429-

著者名:厚木隼(あつぎ じゅん)
イラストレーター:QP:flapper
発行日:2007/09/15


あらすじ
普通の男子高校生・高崎青葉は、ある日学校の帰り道で謎の男たちに襲撃される。逃げまどう彼を救ったのは、霧島榛名と名乗る日本刀をさげた少女。青葉は榛名から、時空監査法院があなたの命を狙っていると告げられるが……。前作では主人公たちの敵に回った彼女が、なぜ青葉の前にあらわれるのか? 今回の物語は、未来ではなく過去、中世フランスのある人物に関わる事件。パラドクスに満ちた続編がいよいよ登場します!!

レビュー
一巻よりかなり面白くなって続編登場。

いやーしかし榛名の乳は素晴らしい。
挿絵の榛名の乳がことさらに強調されてるのは気のせいだろうか。

第6回富士見ヤングミステリー大賞<大賞>の第2作。
続編出るとは思ってなかったので驚き。

タイムパラドクスをこういう風に使ってきたかという続編。
完全に「ミステリー」からは逸脱してしまったが、どっこい良い出来に仕上がっている。

一巻でのハルナとアオバのラストを頭に残したまま二巻読むと混乱する。
今回は確率的に同時並立する世界、分岐した歴史軸の榛名と青葉の物語。

ぱらっぱーな(?)ハルナではなく、ツンデレが可愛い榛名がメインヒロイン。

歴史干渉を軸に、複数の世界の思惑が入り乱れ混迷を極める。
時空間を超えて隠された謎という点ではミステリーと呼んでもいいのか?

400P超と多めのページ数だが途中で空洞化することなくきっちり中身が詰まっている。
ちょっとページが嵩みすぎな気もするが…。
世界史を勉強してた人はより楽しめるネタかもしれない。日本史専攻だった私は予備知識による相乗効果は得られず。

二巻でありえないくらいに話を広げてきた。
もうそれはそれは大きな風呂敷が展開。タイムパラドクス+世界の歴史=無限の可能性。

なにげなく一巻の内容がかなり重要な部分を占めている。
二巻読了後に一巻をパラパラ読み返してみたら疑問が色々と氷塊していった。
一巻の巻末にある年表の謎が二巻読むとほぼ全部わかる建て付け。
一巻の内容忘れてると二巻読む上でもきつい。
でも扱ってる内容が細かい上にややこしいのでどうしても頭から抜けてしまう…。
どうしたものか。

全体感としては見事に構成されているとも言える。
話が入り組んできたので読者が混乱しないように続編を書いてくれたらと思う。

一巻のレビューではそれなりに叩いたけど、二巻読んで評価が変わった。
掘り出し物を見つけたような気分。
続編は積極的に読むことにする。
ただ、早く次が出てくれないと内容忘れてしまうので刊行ペースを上げて頂きたい。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします


富士見ミステリー文庫 コメント: 3 トラックバック: 0

狼と香辛料Ⅴ(5)

2008-05-18

狼と香辛料
電撃文庫
著作名:狼と香辛料Ⅴ(5)

著者名:支倉凍砂(はせくら いすな)
イラストレーター:文倉十(あやくら じゅう)
発行日:2007/8/25


あらすじ
「ここで旅を終わろう」 2人の関係に急展開が――!?

テレオの村を後にしたロレンスとホロは、ホロの伝承が直接残るという町・レノスを訪れる。
ホロはのんびりとヨイツの手がかりを探したがるが、ロレンスは商売への好奇心を拭えないでいた。
そんな中、ロレンスは宿屋で出会った商人から大きな儲け話を持ちかけられる。
それにはホロの協力が必要不可欠だった。 しかし、その商売の方法がとんでもないもので――。
毛皮と材木の町・レノスを舞台に、2人の関係に大きな転機が訪れる!?

レビュー
冷めない商人魂と複雑な女心の不協和音。

ロレンスとホロの力関係が逆転気味の一冊。
これまではいいように言いくるめられてたロレンスが見事な打ち返しを決めている。

そして驚きの急展開。

長い時を経ることでお互いが変わっていくことを恐れ、唐突に旅の終わりを提言するホロ。
長きを生きてきたからこその彼女の恐怖は理解できるものの、そうじゃない!と言いたいやるせなさがつのる。

終始旅の終わりを示唆する言動が目立ち、普段の皮肉の応酬による掛け合いにも暗い影が落ちる。

そんな暗い雰囲気が漂うなか舞い込む大きな儲け話。そしてその手法。
これまでの話の進め方から、次への繋げ方まで相変わらず見事。

どうみてもすんなり事が運びそうにない大取引、商人同士の騙し合い、意地のぶつかり合い。

この巻の一つの大きなテーマは「商人魂」だと思う。
金儲けの臭いを無視できない商人としての性根と、ホロを利用することへの後ろめたさの葛藤に「萌える」。
読んでいて悶えてしまうのだから萌えるは間違った表現ではもはやない。

そして最後のロレンスの決意にこれまで築いてきた二人の絆の集大成を見た。

ラストの盛り上がり方は酷い。当然ながら悪い意味じゃない。
上下巻構成の上巻が盛り上がってしまうと反って下巻に不安を覚えるものだが、その心配は必要なかろう。

息切れする気配もみせず物語は進む。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします




電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

2008年4月購入本

2008-05-14

2008年4月購入本


電撃文庫
・七姫物語 第五章 東和の模様
・断章のグリムVII 金の卵をうむめんどり
・鳥籠荘の今日も眠たい住人たち(4)
・世界平和は一家団欒のあとに(4) ディア・マイ・リトルリトル・シスター
・とらドラ7!
・葉桜が来た夏
・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん4 絆の支柱は欲望
・図書館危機

ガガガ文庫
・人類は衰退しました3

ファミ通文庫
・“文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】<上>

スニーカー文庫
・オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog

富士見ファンタジア文庫
・黄昏色の詠使いVI そしてシャオの福音来たり
・紅牙のルビーウルフ7 君に捧げる永遠の花
・生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2
・スプライトシュピーゲルIV テンペスト

コバルト文庫
・マリア様がみてる マーガレットにリボン

スーパーダッシュ文庫
・紅 ~醜悪祭~(下)
・影≒光 シャドウ・ライト 暴走編

今年度のスタートである4月は18冊スタート。
ざっつおーばーぺーす。

でも殆どが既存シリーズ。
新シリーズにまで着手したら(本で)圧死するかも。。。

ブログを見に来てくれている人には一目瞭然でしょうが・・・滞ってます!
ええ、それはもう絶好調に!

5月も半ばに4月のルーチン日記上げてる時点で死臭がしますね。
あまりの気候の変化に思わず毛布を出して寝汗をかいてる今日この頃。

最近どうも読書が進みません。

仕方ないので布団に寝転がって溜め込んだアニメを見つてたらいつの間にか寝てて目が覚めたら朝の5時だったり。

絶望した!
二度寝にはあまりに中途半端な時間に目が覚める自分に絶望した!
朝からローテンション確定。
ま、二度寝は当然するわけですが。

多忙が過ぎると本に割くお脳の容量が足りなくなってくる模様。
メモリー不足です。ひと昔前のWinMeパソコン並の不足っぷり。

こういう時は得てしてラノベに関する思いのたけを書き連ねたい衝動に駆られるのですが、
帰宅してPCの前に座っているのもシンドイ現状。
不足しているのはメモリーだけでなく体力もだった。

家に着くと完全にスイッチオフ。帰宅途中に考えていたことも出てこなくなるんです。
あれです。風呂に入っていてこれは面白いアイデアだ!と思ってざばっと勢いよく湯船脱出したら、その瞬間どこかの穴からそのアイデアが根こそぎ流出していく感覚。
おおう、いっつあ情報漏洩!

なんか話が裏道へそれてる気がする。

でも結構そうやって流出していく素晴らしいアイデアってあると思うのです。
その流出が無ければもっと世の中ってよくなってるかもしれない。

ノートPC買おうかな。ASUSの次世代機。あれはきっと良い・・・
カフェでラノベレビューを書く変なやつがこの世に一人出来上がるけど、実害はなかろう。
出来るサラリーマンを装ってやる!

さて、長文駄文失礼しました。

今月もあと半分。光陰なんとかの如し。
どこぞの死棘の槍並の速度で進んでおります。
気がついたら三十路も笑い話じゃないんだなぁ。。。


月記 コメント: 0 トラックバック: 0

麒麟は一途に恋をする4

2008-05-05

麒麟は一途に恋をする4
電撃文庫
著作名:麒麟は一途に恋をする4

著者名:志村一矢(しむら かずや)
イラストレーター:椎名優(しいな ゆう)
発行日:2005/8/25


あらすじ
人類が存在するに値する種かどうかを 「地球の意思」 に代わって見極めるため、およそ300年ごとにこの世に生まれ落ちるという 『星の子』。
新進気鋭のイラストレーター春原麻由は、星獣 《黒麒麟》 の青年、国見遙に 『伴侶』 として選ばれ、『星の子』 を産む宿命を背負ってしまった。
破滅を願う星獣たちは、2人の命を奪おうとするが……。
『星の子』 が生まれなければ、人類に未来はない――。
『院』 の命を受け、遙と麻由の警護に就いた直純と由花。
しかし、実戦から離れて久しい由花は、戦士としての覚悟を失っていた。
敵の襲撃が激しさを増す中、直純はそんな由花を責めてしまい……。

レビュー
色々と急展開。

物語も中盤戦に。
進展の無かった遙&麻由カップルは七転び八起きながらも一歩前へ、対して直純&由花ペアはここに来てまさかの後退。

あっちが立てばこっちが立たず。
前巻でのあの良い話は一体なんだったんだ。。。

とりあえず直純の不器用っぷりには萌える。

遙と麻由の関係の進み方が少し唐突な気もするが、引っ張られすぎてきた弊害でそう感じるのかもしれない。
傷つき傷つけられ関係を築いていく二人が微笑ましい。

話の中心となる人物達がようやく勢揃い。物語が大きく動いてきそうな気配。
なにやら手に負えそうにない凄いのが出てきたが、どう処理するつもりなのかも見物。

中継ぎ的な一冊でもあったので、次巻へどうつなげてくるのか楽しみ。

特別編の「蒼の瞳に映るもの」はまたしても「月と貴女に花束を」の続き。
前シリーズを知ってる人にとってはニソニソ度5割増。
知らないと5割減。

世界観からなにから「月と貴女に」の続シリーズな位置づけは決定的なので問題ない…だろう。

鷹秋と直純がかぶっちゃって仕方なかった。どっちも不器用な漢だけど相手を誰よりも想っている。
自分の運命を知りながらも今を精一杯幸せに生きようとする燐の姿がとても心に残るエピソードだった。



評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします


電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ゼロの使い魔11 追憶の二重奏

2008-05-02

ゼロの使い魔11
MF文庫J
著作名:ゼロの使い魔11 追憶の二重奏

著者名:ヤマグチノボル
イラストレーター:兎塚エイジ(うさつか えいじ)
発行日:2007/5/31


あらすじ
使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生・才人は、ご主人さまのルイズとともに、ガリアに囚われていたタバサを無事に救出。隣国ゲルマニアでつかの間の休息をとっていた。ルイズは「才人に好かれている」という自信をつけ、二人はちょっといい雰囲気なような、でも素直にはなれない状況が続いていた。そんな中、ルイズはアンリエッタへ向けてお詫びの手紙を出し、やがてその返信が届く。ルイズの故郷ラ・ヴァリエールに来るようにと指示され、なぜかルイズは激しく怯えはじめる。理由のわからない才人は楽観視していたが、待ち受けていたのは……!?

レビュー
見事なテコ入れ。

勢いが失せてきたかに思われたゼロの使い魔だが、ここで綺麗に話を盛り返してきた。
失速の原因はサイトとルイズの関係が安定しすぎていたことだったようだ。

これまでもサイトの様子がおかしいといった描写はずっとあったけど、ここに来てそのことが効いてくるとは夢にも思わず。
物語がだれてくるのを見越してこのネタを埋めていたとするなら、ヤマグチ先生は神クラス。

テコを入れてきたのはサイトとルイズの関係(細かく言えば違うが内容的に)だが、シリーズそのものに気合いを入れ直したようなそんな感じ。

展開としては物語が動く前にキャラクターを集めたり、心情整理させたり。
久々にご登場のカトレア様に癒され、「胸がおかしい」ティファニア再登場。
しまいにゃタバサがあれやこれやの大サービス(ぉ

ルイズママにぼこられたり、ルイズパパにぼこられたりと相変わらずのサイトが、ラストでルイズに言いたい放題していたのは新鮮だった。
再び「犬」になるのにどれくらい時間がかかるだろうか。

表面が馬鹿っぽくバタバタしてても裏では何やら不穏な動き。

これから面白くなってきそうだ。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 0

麒麟は一途に恋をする3

2008-05-01

麒麟は一途に恋をする3
電撃文庫
著作名:麒麟は一途に恋をする3

著者名:志村一矢(しむら かずや)
イラストレーター:椎名優(しいな ゆう)
発行日:2005/2/25


あらすじ
星獣『黒麒麟』の遙とその『伴侶』麻由を狙い、滅びを願う星獣たちの攻撃は激しさを増してゆく。
『院』の獣聖・直純は、婚約者の由花と共に、麻由と遙を警護する命令を受けるが、遙の近衛のひとり柚子はそれをかたくなに拒んでしまう。
そんな彼らの前に新たな星獣、『鳳凰』の明良が現れる。
一方、みたび麻由を襲った『蛟』の志摩の前に、立ち塞がったのは……。

レビュー
完全に「月と貴女に」が混ざった。

決定的なまでに「月と貴女に」のキャラクター達が入り込んできた。
前シリーズから読んでる身としては、あの彼ら彼女らの未来の姿を見ることが出来てニヤニヤ。
だが完全な新シリーズというには前作分が多すぎる。

このシリーズを読む前に是非とも「月と貴女に花束を」シリーズを読んで貰いたい。
3巻に至るまでは前シリーズを読んでなくてもそれなにり楽しめる、と思っていた。
でも、相乗効果的な面を鑑みたらそうもいえなくなってきた。

内容としては、やっと遙と麻由の中がちょっとだけ進展したり、新キャラ出てきたり、柚子に強烈なトラウマが出来たり、
往年のあのキャラが再登場したり、と結構盛りだくさん。

ピンチな遙陣営に加わった強力すぎるキャラのおかげで、今後の展開はより熱くなること必須。

バトル部分とそれ以外のメリハリもしっかりしていて、どんどん読み進めてしまった。
特別編の「史上最強のウエイトレス」もなかなかに良作。
ちはやさんのサバサバしたキャラはとても魅力的。
綺麗なお姉さんもいいけど、彼女みたいなお姉さんもイイ。というか欲しい(ぉ

シリーズとしても中盤戦を迎える前の布石が色々と並べられた感じ。
ぐいぐい「麒麟」の世界に引き込まれている。



評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。