ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~

2010-08-24

ベン・トー5.5
スーパーダッシュ文庫
著作名:ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~

著者名:アサウラ
イラストレーター:柴乃櫂人(しばの かいと)
発行日:2010/04/28


あらすじ
この一食、命懸け。
半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、HP(ハーフプライサー)同好会の面々と共に、従姉の著莪あやめの高校の文化祭に繰り出す。高校生の一大イベントを楽しんでいたが、あの引きが強すぎる少女・あせびちゃんの手作り弁当が事件を巻き起こし事態は一変。佐藤は命懸けの弁当争奪戦に参戦することに…!? その他にベン・トーファンタジー編や、名もなき「狼」をフューチャーした短編、そして禁断の「筋肉刑事(マッスル・デカ)」の一部ストーリーなどを収録! 「狼」たちよ、考えるな、感じるんだ! 箸休めにならない箸休め、庶民派シリアスギャグアクション、灼熱の5.5巻!

レビュー
箸休め・・・?してないだろ!

5.5ということで、一応短編集的な位置付け。
スーパーでのバトルこそ無いものの、休んでるとは到底言い難い。

佐藤があせびちゃん弁当にノックアウトされたり、青春の階段を登り損ねたり、凄く長い話を聞かされたりする。
その他にもあの「筋肉刑事」が断片的ながらも掲載されたり、これまで挿絵のなかった「顎髭」「坊主」「茶髪(の胸)」が載ってたりと特盛り状態。

佐藤は本当にアフォなんだなぁとしみじみ感じつつ、いつも通り著莪とありえないいちゃつきっぷりを披露してることに嫉妬した。
くそぅ、無意識でやってるのか?そうなのか?!
なんか著莪は無意識じゃない気がするけど。
どちらにしても許せない。

とまあ、箸休めと言いつつ全くいつも通りのベン・トー。
ファンの期待にはしっかり応えて頂いているので安心して食すと良い。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

スーパーダッシュ文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8

2010-08-21

生徒会の八方
富士見ファンタジア文庫
著作名:生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8

著者名:葵せきな(あおい せきな)
イラストレーター:狗神煌(いぬがみ きら)
発行日:2010/06/25


あらすじ
ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ!美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、今日も何かと戦っております!今、すべてに決着をつけるため、アイツが帰ってきた。「何も傷つけたくないなら、今すぐ死ね。死にたくないなら、何かを傷つけることを躊躇うな」あばかれる本当の想い、互いへの疑心、失われた言葉、開かれる記憶の扉―そして、少女は決意する。「この気持ち…確認させて…くれない、かな」少年少女の日常をみずみずしく描いた青春小説の傑作「生徒会の八方」。

レビュー
惰性の中に生まれる楽しみ。

マンネリとかそういう議論をこのシリーズに対してすることは不毛だと気が付いた。
気にせず、深く考えず、淡々と読んだ方が楽しめる。

なんだか昔のエピソードとか登場人物とか覚えてないけど、その時その時のエピソードを楽しめば良い。
今回は本音が出てしまって悶え苦しむ知弦さんが良かった。
あと幼児化した知弦さんが可愛かった。
なんだか知弦さんが良かった。うん。

あとヒロインがまた一人杉崎に落ちていた。
落とされたのではなく、落ちていったが正しい。
生徒会メンバーは全員落ちかかってはいるが、こうも明確に落ちるとは。

いざというときに駄目な杉崎が残念だが、やむなし。

比較的ギャグもキレていたように感じる。

今回は勝ちと言っていいだろう。
通算成績は6勝4敗1分。現在首位(?)と2ゲーム差(??)。

なんか間に真面目なエピソードが挟まっていた気がするが、次巻まで覚えてられないと思う。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします


富士見ファンタジア文庫 コメント: 4 トラックバック: 0

世界平和は一家団欒のあとに(10) リトルワールド

2010-08-17

世界平和は一家団欒のあとに10
電撃文庫
著作名:世界平和は一家団欒のあとに(10) リトルワールド

著者名:橋本和也(はしもと かずや)
イラストレーター:さめだ小判(さめだ こばん)
発行日:2010/06/10


あらすじ
世界と家族の平和を天秤にかける物語、堂々の完結編!

妹の危機。悪の大首領との交流。異世界からきたあの人。幼児化した姉。母の家出。神様との対決。祖父の右腕との戦い。宇宙人の少女。
世界の危機も、家族の危機も、いろいろあった一年。そして巡ってきた冬──、柚島が失踪した。一通のメールだけを残して行方がしれなくなった。それと時を同じくして、星弓家の面々は謎の男の襲撃を受ける。そして美智乃は勘付く。柚島の家族の秘密に。
自らにも危機が迫るなか、軋人は本当に大切なものを守れるのか。ついにクライマックス!

レビュー
シリーズ堂々の完結!

長らく続いてきた世界平和シリーズも遂に完結。
振り返ってみれば本巻含むシリーズ10冊中、8冊が★5つ以上。残り2冊も★4.5と、とても平均点が高いシリーズだった。
どれだけお気に入りだったかわかる。

そんなこんなの最終巻では、遂に遂にもどかしかった軋人&柚島に決着(?)がつく。
突然失踪した柚島、その失踪と同時に現れた星弓家を襲う謎の男。
柚島が居なくなり、次々にやられていく家族を前に軋人は・・・

最強家族が次々に倒されていくという最終巻のテンプレみたいな展開に当初は心配したが、終わってみればしっかり「世界平和は一家団欒のあとに」。
軋人と柚島の絆もしっかり見せつけてもらって、大変お腹いっぱい。

もうここまで来たら細かな説明は不要だろう。
シリーズのファンならば黙って読むべし。
ここまで好きで追いかけて来た人から文句が出るとは全くこれっぽちも思えない。

まさに大団円!
感動の最終回だった。

もうこれで星弓家と会えなくなるかと思うと一抹の寂しさを感じる。
しかし物語はいつかは終わりを迎えるもの。
その終わりが文句なく綺麗に飾られたのなら、ファンとして受け入れるべき。

こんなに面白いシリーズを生み出してくれた橋本先生に感謝を。
星弓家のことは忘れません。

橋本先生の次回作に期待しよう。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 5 トラックバック: 0

電波女と青春男(5)

2010-08-14

電波女と青春男5
電撃文庫
著作名:電波女と青春男(5)

著者名:入間人間(いるま ひとま)
イラストレーター:ブリキ
発行日:2010/06/10


あらすじ
うーみーはひろいーなーおおきーなーっていうお話……いやっほぅ。

青春ってのがなんなのかは正直分からんけど、それがあると心が満たされるものらしい。
あ、どうも。青春ポイントを求め彷徨う流浪の旅人、丹羽真です。ついに俺は、ぐるぐる布団に電波女な藤和エリオと一緒に海に来てしまった。それだけじゃない。水着完備の天然健康系少女・リューシさんも、コスプレ長身美人・前川さんも一緒(女々さんもね一応)! これは、青春ポイント大ブレイクの予感。うーんやっぱり、夏は『海』で『水着』で、『UFO』に『宇宙戦争』だな! ……あれ? 最後のほう、俺なんて言った?

レビュー
青春だああああ!青春が来るぞおおおお!

青春警報発令。
荒れ狂う青春を浴びる可能性があり、青春に耐性の無い方は心臓麻痺を起こす危険があります。
青春準備運動をしてから、ゆっくり青春に入りましょう。

何を言っているのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった・・・
頭がどうにかなりそうだった・・・

萌えだとか、電波とかそんなちゃちなもんじゃ断じてねぇ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・

どうやらまだ頭が青春に毒されているようだ。
いやしかしこいつは凄い破壊力。
夏の海 with リュウシさん、エリオ、前川さん。なにこのハーレム。
しかも色んなフラグが一気に雄々しくそそり立ちやがった。
これが夏の力なのか。青春とはこれほどのものか。

認めたくないものだな…、自分自身の…若さ故の過ちというものを…

もはや何を書いているのか意味がわからない。

兎に角3ヒロインが全員可愛らしすぎる。
リュウシさんナイスバデー。
エリオせーしゅん女に。
前川さんと夜遊び。・・・真が憎ぃぃ

シリーズ中最強の青春含有率。反して電波率は最低限。

6月刊行の本作だが、夏真っ盛りの時期(まさに今!)に読むとより雰囲気が味わえて良い。
いやぁ面白かった。


評価
★★★★★☆
(5.5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 4 トラックバック: 0

隙間女(幅広)

2010-08-13

隙間女(幅広)
電撃文庫
著作名:隙間女(幅広)

著者名:丸山英人(まるやま ひでと)
イラストレーター:ミヤスリサ
発行日:2010/07/10


あらすじ
ほんの数ミリの隙間にひそみ、こちらを覗きつづける妖怪―― 隙間女
隙間女という妖怪を知っているだろうか? 都市伝説や怪談として聞いたことがある人も多いだろう。実は、僕の部屋に現れたのだ。その隙間女が──
第15回電撃小説大賞<電撃文庫MAGAZINE賞>を受賞した幻の表題作をはじめ、都市伝説をもとにしたハートウォーミング・コメディ5作品を収録する珠玉の短編集。ちょっぴり怖いけど、どこか愛らしい!? そんな不思議な感覚に包まれるショートストーリーが詰まってます!

レビュー
まったりほのぼのコメディ。

隙間女、トイレの花子さん、人面疽などの都市伝説をモチーフにした短編集。
都市伝説をモチーフにしたからといって原型は全く残ってない。

毒にも薬にもならない、というのが率直な感想。

ちょっぴり怖い、ということはない。
愛らしいというのは正しい。不思議な感覚には・・・包まれなかった。
ストーリーに起伏が無く、キャラだけで成り立ってるような印象。

「幻の短編待望の文庫化!」なんて触れ込みだったが、ちょいと宣伝過剰だろう。

構成が「ある日爆弾が落ちてきて」に近いなと感じたが、完成度でいうと比べるべくもなく・・・

なんだか内容が薄かった。


評価
★★★☆
(3.5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 4 トラックバック: 0

ヘヴィーオブジェクト 採用戦争

2010-08-11

ヘヴィーオブジェクト 採用戦争
電撃文庫
著作名:ヘヴィーオブジェクト 採用戦争

著者名:鎌池和馬(かまち かずま)
イラストレーター:凪良(なぎりょう)
発行日:2010/06/10


あらすじ
超巨大兵器『オブジェクト』が全てを塗り替えたこの世界は、宇宙開発技術採用を巡り熾烈な競争を繰り広げていた。
人生を効率よく生きたい戦地派遣留学生のクウェンサーと、貴族だけど下っ端軍人のヘイヴィアは、上官である和風マニア美女(ただしドS)のフローレイティアにいつも通りこき使われる日々を過ごしていた。
正統王国のオブジェクト『ベイビーマグナム』を操る『エリート』少女・ミリンダの魅惑のお尻に気を取られ、報われる日が永遠に来なそうな彼らに、今回下されたミッションは……姿が見えない謎の超巨大兵器『ステルスオブジェクト』との交戦!?
氷で閉ざされた南極から、凶暴な軍隊アリに支配されるアマゾンシティ跡地まで、あらゆる戦場に派遣させられる不良兵士二人組の、明るく爽快な近未来アクション……のはずだ!

レビュー
巨大兵器!×戦争!!×爆乳!!! 漢の浪漫のてんこ盛り!

巨大兵器を相手にバカ二人が立ち向かう近未来アクション第2弾。
とある魔術の禁書目録の科学サイドを超えたんじゃないかと思えるほど面白い。

超弩級兵器が繰り出す超弩級攻撃が好きじゃない奴は男じゃない。
マッハ25で飛んでくる砲弾って。その意味不明な威力にも燃える。

今回は一冊を通してのエピソード。
南極からアマゾンまで世界中を舞台にバカ二人とオブジェクトが駆けめぐる。

1巻では生身の人間対オブジェクトな構図が多かったが、今回はオブジェクト対オブジェクトも多数あり、そのスケールのでかさにテンションは急上昇。
オブジェクトの破壊力の描写がイチイチとんでもない。デカイ兵器を使ってるくせに緻密な戦略があったりとバランスも絶妙。

張りつめた戦闘シーンがあったかと思えば、一気にバカモードに入り込む奴らの節操の無さも最高。

ポールダンスが出来る爆乳上官とか、お尻がキュートなお姫様とか、紳士諸君が注目すべき点は他にもたくさんある。
今回は完全にフローレイティア祭りだった。爆乳上官に首ったけ。

爆乳ドS上官がデレるとき、物語はブレだす?!

まぁとりあえず読むべし。


評価
★★★★★☆
(5.5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

サクラダリセット2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL

2010-08-09

サクラダリセット2
角川スニーカー文庫
著作名:サクラダリセット2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL

著者名:河野裕(こうの ゆたか)
イラストレーター:椎名優(しいな ゆう)
発行日:2010/03/01


あらすじ
「貴方は、貴方の未来を知りたい?」 能力者が集う街、咲良田。記憶保持の能力を持つ少年・浅井ケイと「リセット」能力を持つ少女・春埼美空は、管理局の要人に呼び出される。名前を持たず、「魔女」と名乗るその初老の女性は、30年近く隔離され、窓一つない部屋に住んでいた。彼女の能力は、未来を見ること。その役割は、咲良田の未来を監視すること。そして魔女は、自身の死期が近いことを知っていた――。待望の第2弾!!

レビュー
淡々と物語が進んでいく。

「全国の書店員が大絶賛!待望の第2弾」だそうだ。
1巻の時からそうだが、ちょっと宣伝過剰じゃなかろうか。
(宣伝過剰ではあるが、面白く無いわけじゃ無いので補足しておく。)

ケイと春埼は咲良田の中枢を担う「魔女」に呼び出される。
触れた人の未来を見ることができる魔女は自らの死期が近いことをケイに告げ・・・

咲良田の魔女を巡り、ケイは過去を再現する能力者・佐々野、かつての後輩・岡絵里らと邂逅する。
管理局のシステムとして30年間幽閉されてきた魔女に対して、ケイはどのような行動を取るのか。

とにかく淡々と話が進んでいく。
山も谷もしっかりあるのだが、テンションは常に一定(低位安定)。
ケイや春埼のキャラからハイテンションにならないのは解るが、あまりに平坦過ぎる。

ずっと真っ直ぐな道を走ってると長く感じるのと同じく、テンションの変化が乏しいのは私には少々辛かった。
そういう点では村瀬さんがかなりツンデレっぷりを発揮してくれて良いアクセントに。

とはいえこういうテンションもこの作品の魅力の一つなのだろう。
物語自体は結構奥が深くて、でも難解でもなくちょうどよい面白さ。
ただ、あまり印象には残らないのだが・・・

総合的には面白いものの、★4.5にはやはり届かない。
サクラダリセットファンには申し訳ないけど、これは好みの問題。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします

角川スニーカー文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

2010年7月購入本

2010-08-08

2010年7月購入本

電撃文庫
・オオカミさんと○人間になりたいピノッキオ
・~覚醒遺伝子~ めぐりあう鼓動
・隙間女(幅広)
・多摩湖さんと黄鶏くん
・ミネルヴァと智慧の樹 始原

メディアワークス文庫
・永遠虹路

富士見ファンタジア文庫
・フルメタル・パニック!11 ずっと・スタンド・バイ・ミー(上)

MF文庫J
・ゼロの使い魔19 始祖の円鏡

角川スニーカー文庫
・“菜々子さん"の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕

2010年7月の購入数は9冊。

購入数は控えめなだったものの、読破数も控えめ。
でもなんとか7月は例月並の更新が出来たかなと。

しかし暑いですね。
夏真っ盛りもいいところです。
世の中は夏休みモードに突入しているようですね。
通勤時にどうみても夏休み旅行な家族を見ると、・・・ぐったりします。

嗚呼、夏休みっていいなぁ。なんで自分が会社に行ってるのかわからなくなります。
まぁこの時期はお客さんも休みで事務仕事を片づける絶好の機会だったりするのですが。

とりあえず来週のコミケまで生き残らなければ。
その後はどうなってもいい。

あ、更新はしっかり頑張りますよ~。



一押しお願いします


月記 コメント: 2 トラックバック: 0

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門

2010-08-03

なれる!SE
電撃文庫
著作名:なれる!SE 2週間でわかる?SE入門

著者名:夏海公司(なつみ こうじ)
イラストレーター:Ixy(イクシー)
発行日:2010/06/10


あらすじ
萌えるSE残酷物語、登場!

平凡な社会人一年生、桜坂工兵は過酷な就職活動を経て、とあるシステム開発会社に就職する。そんな彼の教育係についた室見立華は、どう見ても十代にしか見えないスーパーワーカホリック娘で!?
多忙かつまったく優しくない彼女のもと、時に厳しく指導され、時に放置プレイされながら奮闘する工兵。さらには、現場を無視して仕事を取ってくる社長のおかげで、いきなり仕事を担当させられることになり!?
SEの過酷な実態を萌えかつコミカルに描くスラップスティック・ストーリー登場!

レビュー
SEにはなりたくない!

就職活動負け組の大学生が甘い言葉につられてなんの予備知識もないままDQNなIT会社に就職して社会の理不尽さを痛感しつつM(SE)に目覚める話。

著者は元SEらしく、IT土方の描写がやけに生々しい。
多分に経験談が織り交ぜられている気がするが、ラノベ用に表現が緩くなっててもSEの辛さが良くわかる。
コミカルに書いてるけど、きっと現場は「事実は小説よりも奇なり」でもっと酷かったりするんだろう…
SE経験者にはどう取られるのかはわからないが、なんとなくSEってこんな感じ?なレベルの私には面白かった。
SE経験者はこの本を読んでどう思うのだろう。

社会人なら誰もが経験する新人の時の胃が痛くなる感覚も結構書き込まれている。
ちょうど今頃の社会人一年目の人が読むと、より胃が痛くなるか共感できて気が紛れるかの効果が得られそう。

SEという超過酷な職業の辛さ(というより痛さ)と、過酷な環境で見いだせる一筋の光(仕事の快感)。
こういった部分は少なからず他の仕事にも共通する部分があろう。
全く違う職業の私も共感できた。どの職業にも辛さはあるし、それに見合うやりがいはあるに違いない。
こう思える私はまだ幸せな方なのか・・・?

表紙とタイトルのポップな感じとは全然違う内容。
ライトにコミカルな書きぶりに反して結構重たい。

読者が社会人か否かでこの本に対する感想が相当違いそう。
私が大学生の時にこの本を読んでも、きっと「刺さらなかった」だろう。
ちなみに今の私には「刺さった」。
なんか仕事について色々考えてしまった。どの年齢層をターゲットにしてるんだこの本は…

ただ一つだけ言いたい。
ロリで年齢不詳でツンデレ気味な美少女(?)がOJTのトレーナーになることは無い!

世の中そんなに甘くない。それだけは解る。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 2 トラックバック: 1

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。