ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

2012-01-30

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
富士見ファンタジア文庫
著作名:勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

著者名:左京潤(さきょう じゅん)
イラストレーター:戌角柾(いぬずみ まさき)
発行日:2012/01/25


あらすじ
勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル。幼い頃からの夢が破れて腐っていたラウルは、王都にあるマジックショップで働く日々を送っていた。そんなある日、一人のバイト志望が驚愕の履歴書を持ってショップに現れる―。名前・フィノ、前職・魔王の世継ぎ、志望動機・親父が倒されたから。魔王の子供・フィノの教育系に指名されたラウルだったが…。「敬語ってのはな、丁寧な、かたい感じの言葉遣いだよ」「フハハハハ。よくぞ我がレジまでたどりついたな、お客様め!」「ストップ!ストップ!…いったん落ち着こうか」勇者の卵と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ。

レビュー
ファンタジー+小売業=世知辛い

第23回ファンタジア大賞金賞受賞作。

ファンタジーと労働。
イメージ的には噛み合わないネタが融合したら随分と新感覚なモノが出来上がってた。

国家公務員のような「勇者」制度が存在するとある国。勇者は給料も福利厚生も厚い憧れの職業だった。
そんな勇者に就くべく勇者予備校に通い勉学に励んでいたラウル少年。
しかし突然魔王が倒され勇者制度は廃止に。
勇者になるべく鍛えた戦闘能力やダンジョン攻略法は就職活動には全く役に立たず、小売のマジックショップに就職したのだった。

「得意なことは?」→「ラウル・スラッシュ(必殺技)です」→「それが当社でどんな役に立つと思いますか?」→\(^0^)/
という就活シーンには涙を禁じ得ない。

魔王の跡取りのフィノが就職してきてこれは波乱が?と思ったら場が全く混沌としない不思議。
魔王の跡取りの癖に勤勉、無邪気で人なつっこくて可愛えぇ始末。

魔王が倒されて戦争特需が無くなって未曾有の不況に陥ったファンタジー世界。
しまいにゃ勇者が職にあぶれるとか夢も希望も無い。
だがそんな世知辛さも調理の仕方で面白くなることがよくわかった。

設定は確かにファンタジーなのに、その俗っぽさがファンタジーを感じさせない。
ただこのファンタジーのアレンジ具合が「ファンタジア文庫らしい」突き抜け方だなとも感じられる。

ライジン×ライジンに比べれば真っ当な路線だが、これはこれで新しい。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします


スポンサーサイト

富士見ファンタジア文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

這いよれ! ニャル子さん8

2012-01-29

這いよれ!ニャル子さん8
GA文庫
著作名:這いよれ! ニャル子さん8

著者名:逢空万太(あいそら まんた)
イラストレーター:狐印(こいん)
発行日:2011/10/31


あらすじ
宇宙ゲーム戦争に敗れたルーヒーは、今はたこやき屋台を営んでいた。
ニャル子達一行も時折購入しに来てくれるのだが、その中にはハスター星人のハス太少年もいた。

小柄で少女のような面差しの彼は敵対していたゲーム会社統括者の息子。
種族的にも因縁のある二人は、言わば犬猿の仲の筈だが彼女はどうにもこの少年のことが気に掛かっていた。
そこで一計を案じ――「教育実習生のルーヒー・ジストーンよ」「なぁにやってんだよルゥゥゥゥヒィィィっ!」
なんと、真尋たちの学校へ教師としてやってきたのだ。事態はもちろんそれだけで済むはずもなく――。

レビュー
ルーヒーとハス太くんの異種星人ラブロマンス?

ルーヒーが学校にやってきた。
転校生…ではなくて教育実習生として。
彼女の目的は真尋、ではなくどうやらハス太くん。
犬猿の仲であるハスターとクトゥルヒの種族間の高い壁を越えるラヴが始まる?!

一見お姉さんとショタなカップルがどんな動きを見せるのか楽しみなところ。

この巻でも色々アクションやらアクシデントがあったけど、想定のカオス内。
パロネタもしっかり時事ネタを拾っていたり、あまりにそのまんまでSAN値が下がったり娯楽要素満点。

特筆して何かを取り上げる必要は無い、いつも通り安心のカオスクオリティーをお楽しみあれ。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ライジン×ライジン RISING×RYDEEN

2012-01-24

ライジン×ライジン1
富士見ファンタジア文庫
著作名:ライジン×ライジン RISING×RYDEEN

著者名:初美陽一(はつみ よういち)
イラストレーター:パルプピロシ
発行日:2012/01/25


あらすじ
「ふっ…見せてやるぜ。風よ、吹き荒れろっ!!」「―で、これかい?君の『異能』というのは…」下野根隆良、16歳♂。『異能』を持つストレンジャーに憧れ続けていた彼が、アリアと名乗る謎の爆乳美女に導かれて手に入れた能力は…最低ランクの『残念異能』だった!?そんな隆良が通う学校に、『最強異能』の金髪少女・雷轟魅神が転校してくる。彼女は言い放つ。「アナタは私の下僕です。拒否権はありません」「―ふ、ふざけんなよっ!」。第23回ファンタジア大賞「大賞」+「読者賞」W受賞作品は、残念異能VS最強異能!?当代無双の異能バトルアクション(?)。

レビュー
これまでのファンタジア文庫には無いインパクト

第23回ファンタジア大賞・大賞+読者賞受賞作。
W受賞というのは正直意味がわからない。
が、「ファンタジア文庫の歴史を変える」という宣伝文句は間違いじゃない。
ファンタジア文庫も随分挑戦的な選択をしたものだ。

異能力に憧れ続けていた中二病な主人公が目覚めた『異能』は、体中から白濁したゲルを放出することだった!残念!!
こんな残念さから始まるこの物語のベースは、まあ上の一文を見れば解るとおり、まさかの下ネタ。
紙面は白濁ゲルにまつわる下ネタとボケとツッコミに大半を占領されている。

終始「バカだな~」と笑いながら読める作品。

キレの良いギャグ、軽快に読み進められる文章、一応ラブコメしたりバトルしたりと、いい加減なようでラノベとしての要素をバランスよく押さえているのも特筆すべき点。
内容はもの凄くバカで笑えるのだけれど、ラノベとしての完成度がやたら高い。

構えることなく読みたいときにするっと読める。ラノベとしては理想的な仕上がり。

「神さまのいない日曜日」や「カナクのキセキ」といった従来のファンタジア文庫大賞とは全く異なる路線。
ただ、新たな流れの作品として読む価値は十二分にある。

ギャグ強襲型の作品なので、突然吹き出しても周りの目が痛くない環境で読むことが唯一の注意点。
年明けから良いシリーズに巡り会えた。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします

富士見ファンタジア文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

トカゲの王II ― 復讐のパーソナリティ<上> ―

2012-01-22

トカゲの王2
電撃文庫
著作名:トカゲの王II ― 復讐のパーソナリティ<上> ―

著者名:入間人間(いるま ひとま)
イラストレーター:ブリキ
発行日:2012/01/10


あらすじ
ヒキコモリから復活し、そして世界を塗り替えるべく、俺は白と黒のゲームに挑む。

世界を塗り替えるはずだった俺の野望は、右目と共に消失した。
あの日、ビルの最上階で 『神様』 の少女に勝負を挑んで、そしてあっさり負けた。もう二週間ほど前の話だ。
そして俺は ── ヒキコモリになった。
ん? 世界を支配? できるわけねーだろそんなの。あんな殺し屋どもに、なんで太刀打ちできるんだ。中二なめんな。
だけど明確に分かったことがある。敵はあの 『神様』 だ。いつか、この左目 ── 『リペイント』 を、『神様を倒す能力』 にしてみせる。
……そしてもう一つ気づいたことがあった。この力は戦うことに向いていない。
だから、俺はもう戦わない。
そうして自室でこっそり復活を目論む俺だったが、なぜか目の前にエロい巣鴨とエロいDVDが!?

レビュー
隻眼のトカゲはどこへ行く

一巻での異能力バトルwithパンピーな痛々しさはなりを潜め、片眼を奪われたトカゲ君が孤軍奮闘。
ラスボス的存在とオセロバトルして翻弄されたり、オセロが原因で拉致されたり。
白黒つけるゲームにまつわって事態はよくわからない混沌を見せる。

トカゲ君はボロ雑巾のように嬲られた反省(?)から、自分なりの戦い方を模索していく。
「戦わない」それが彼の目指す戦い方。
小心者でどこにでもいる中学生のトカゲ君が、はったりだけの「リペイント」でどう修羅場を潜り抜けていくのか。
それとも深い穴にはまってまた何かを失うのか。物語の見所の一つであるのは間違いない。

ラブコメ度を1巻比で二倍にしたらしいのだが全く体感出来ない不思議。
この作品に出てくる女性はみんな怖すぎる。巣鴨とか隻腕のあの人とか。
唯一癒されるのは白ヤギさんか。

上下巻構成なのだが全く話が見えてこない。
入間先生の本領発揮といわんばかりにくせが強い作品になっている気がする。
重いというより、解りにくい。
ちなみに帯にエロエロ書いてあるけど、殆ど関係ないので注意。

評価はこの本単体だと高くは出来ないが、下巻の展開は気になる。


評価
★★★☆
(3.5)

ライト度
★★
(2)


一押しお願いします


電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 0

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3

2012-01-17

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3
GA文庫
著作名:俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3

著者名:裕時悠示(ゆうじ ゆうじ)
イラストレーター:るろお
発行日:2011/09/30


あらすじ
「あなたたち、廃部決定!」
 突如現れた風紀委員・冬海愛衣は俺たち「自演乙」の廃部を宣言する。

「何がモテまくりよ、ばっかじゃないの!? この自演集団!」
「ふーんだ。自分に彼氏がいないからって、ひがんでるんでしょ?」
 自分のことは棚に上げた千和の挑発に、愛衣は吠える。
「か、彼氏くらい、いるわよっ!」

 恋愛マスターを自称する愛衣の弱点を探るため、俺は彼女とデートさせられることに!?
「本気になったら許さないから♪」
 真涼、千和、ヒメが怖い笑顔で見つめる修羅場なデートの行方は!?
 裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第3弾!

レビュー
第四の女、現る!!

まだ増えんのかこのハーレムは?!

ということで、また一人増えた女の子の属性は委員長でツンデレ。

【復習】これまでのハーレム要員・属性別
偽彼女(腹黒)、肉食幼なじみ(腹ぺこ)、自称前世の彼女(妄想厨)

あらあら、委員長&ツンデレとかなんてまともな要員でしょうか。
しかもツンをこじらせて自分で泣きそうになってる純粋培養なツンデレ。
悪くない。端から見てる分には悪くないツンデレだ。

過去にどれだけフラグを立ててきたのか知らんが、自称・恋愛アンチの鋭太に神の鉄槌が下らんことを。

ツンデレがパーティー(?)に加わる話がメインで、実は殆ど修羅場っていない。
敵同士四人も集まれば一回は殲滅戦があるはず。
次巻がきっとそうなるに違いない。
そうじゃなければ甚だしいタイトル詐欺が継続することに。

次こそ来たれ!修羅場よ!


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★★★
(5)

一押しお願いします


GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

アイドライジング!(3)

2012-01-15

アイドライジング3
電撃文庫
著作名:アイドライジング!(3)

著者名:広沢サカキ(ひろさわ さかき)
イラストレーター:CUTEG
発行日:2011/10/10


あらすじ
ドキドキの学園祭&エリザベス予選!
しかしモモに忍び寄る影が……!?

モモたちの通う鳴谷鶯高校の学園祭が始まった。張り切るモモだったが、先輩アイドルのタキ・ユウエンがやってきて、ウキウキは一転。前回の 『貸し』 を盾に迫る彼女に押し切られ、モモは学祭期間中ずっとタキとデートしなければならないことに。さらに学祭のイベントで発生したトラブルにより、モモはアイドルとしても大きな壁にぶつかり……!? 新世紀アイドルストーリー第3弾!!

レビュー
モモがアイドルとして目覚める時

いつも元気いっぱいで周りを明るくさせてくれるモモ。
だけれど今回は初めてアイドルとしての大きな壁にぶち当たる。

モモの通う鳴谷鶯高校の学園祭、それに同時期に行われるオペラ・オービットのエリザベス予選。
学園祭でのアクシデントで、モモはタキの代わりにエリザベス予選に出ることになった。

トップアイドル相手に完敗を喫したモモは、アイドルとは何かに悩み、そして一つの答えに行き着く。

どんなに凹んでもやっぱり元気いっぱいで戻ってきてくれるモモちゃん。
自分のやりたいことを見つけたモモが、今度どんな輝きを放ってくれるだろうか。

今回の騒動での敢闘賞はタキお姉さん。
これまでの本音が見えない蠱惑的なお姉様が、意外と気苦労が絶えない等身大のお姉ちゃんになった。
本気を出したエンターテイナーがどれほどのモノになるのか、こちらも楽しみである。

アイドルの戦いはまだまだ目が離せない。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ココロコネクト ニセランダム

2012-01-14

ココロコネクト ニセランダム
ファミ通文庫
著作名:ココロコネクト ニセランダム

著者名:庵田定夏(あんだ さだなつ)
イラストレーター:白身魚(しろみざかな)
発行日:2011/11/10


あらすじ
新メンバーの千尋【ちひろ】と紫乃【しの】が加わり、来たるべき体育祭に向けて盛り上がる太一【たいち】たち文研部。だがそんな一大イベントを前に1年生のふたりはどこか浮かない顔をしていた。そんなある日、太一は伊織【いおり】から「未練がある」と告げられる。さらに周囲の言動から立ち上る強烈な違和感――信頼しているからこそ相手の言葉を疑いなく受け入れてしまう5人、そんなメンバーを陰で嘲笑うのは太一たちが予想もしない人物で……。愛と青春の五角形【ペンタゴン】コメディ、絆を貫く第5巻!!

レビュー
新文研部を「次」のトラブルが襲う

千尋と紫乃が加わった新文研部。
新メンバー加入で盛り上がろうとする5人+2人に、ふうせんかずらによる新たな事件が襲いかかる。

今回はメンバーのニセモノが現れる「ニセランダム」
絆を崩壊させようとするニセモノの策略に、文研部は対抗できるのか?

新入生という明確なてこ入れ後のシリーズ6巻(短編集を除けば5巻)。
ニセモノが大立ち回りするなかで、それでも過去幾度と無く振り回された5人は強い。
5人+2人という明確にメンバーが別れた構図となっていた。

端から見ると異常とも言える5人の絆の強さに、千尋は畏れすら覚える。
この5人を外から観察するとなるほど確かに強すぎる。
千尋が一番まともな感覚の持ち主なのかもしれない。

今回は新メンバーを馴染ませるための助走と、次への伏線をからませた話だった。
強くなったとはいえ、何かのきっかけで大きく亀裂が入りそうな文研部から目は離せない。

今回の勢いがこれまで程でなかったのは、マンネリ化してきたからじゃないと信じたい。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします



ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

のうりん

2012-01-12

のうりん1
GA文庫
著作名:のうりん

著者名:白鳥士郎(しらとり しろう)
イラストレーター:切符(きっぷ)
発行日:2011/08/31


あらすじ
県立田茂農林高校――通称『のうりん』。
そこは、農業に青春をかけた少年少女の集う、人類最後の楽え「牛が逃げたぞおおおぉぉぉぉ!!」
うるさい! あらすじくらい静かに言わせてよ!!

あー、おほん。ぼくの名前は畑耕作。ここ『のうりん』に通う、ちょっぴりアイドルオタクな高校生だ。
そんなぼくの通う学校に転校してきたのは、憧れの超人気アイドル草壁ゆかたん……!?

方言幼馴染、メガネ美少年、ラブリー小動物、巨乳少女! 妄想系女教師! パンツ! 足フェチ! そして、謎の転校生……ここには青春の全てがあるッ!!
奇才・白鳥士郎が送る農業学園ラブコメディー! 今、収穫の秋!!

レビュー
ガイアが俺にもっと耕せと囁いている。

農業高校を舞台に、バカの果実が大豊作。

新たなギャグラノベの門戸が開かれていたことに気付かなかったなんて…なんたる不覚。
ニャル子さんといい、のうりんといい、GA文庫編集部の判断は常にぎりぎり(アウト)。
タッチの差で完全にブラックなネタがポロポロと。本当にありがとうございました。

というか、農業関係の話を「銀の○」に丸投げするのはやめれ。

農の話と、下ネタと、エロと、フェチと、乳の話が等分くらいで含有されている。
あれ…これだと農の話は1/4以下なんじゃ。。。
と思いきや、常に農に絡めたネタになっているので、「のうりん」というタイトルに嘘は無い。はずだ。
ここまでド直球の下ネタをガンガン投げ込まれると逆に清々しい。

時折出現する巨大な文字と、斬新なページ構成によって電車内で読むことが非常に困難になっている。
なんて読者泣かせな本なんだ。面白いんだけど。

インパクトは2011年に出会ったラノベでもトップクラスだった。
今更感があるけれど、この本を「ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった2011」に追加します。

2巻が出てるようなので、追っかけていこう。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします


GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

新基準追加

2012-01-10

皆様こんばんは。

2012年より、新たな基準を追加してレビューをお届けすることに致しました。

新たな基準は「ライト度」。
ネーミングセンスがイマイチですみません。。。(良い名前があったらご提案ください)

読みやすさ、つまり「軽さ」の指標です。
ライトノベルのライトさを表示してみます。

面白くても中々前に進まない作品もあれば、つまらなくてもあっという間に読めてしまう作品もある。
そういった点もレビューできたらなと思い設定した次第です。

原則的に評価の★とはリンクしませんが、つまらないと読み進みも遅くなるのも事実。
なるべくそういった影響は補正したいと思いますが、所詮主観的な指標であることはご了承ください。

基準詳細はこちら(←クリック)をご参照頂ければと思います。

例えば「ゼロの使い魔」シリーズはライト度はほぼ全巻において★4~5、という印象です。



一押しお願いします


評価方法 コメント: 0 トラックバック: 0

★5以上のレビュー作品一覧【2012年版】

2012-01-09

(※この一覧の基準日は、当ブログでのレビュー掲載日となります。発行日が基準ではありません。)

2011年以前の★5以上作品は下記のご参考リンクをご参照ください。

ご参考1:★の点数基準
ご参考2:★5以上のレビュー作品一覧【2009年版】
ご参考3:ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった 2009
ご参考4:★5以上のレビュー作品一覧【2010年版】
ご参考5:ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった 2010
ご参考6:★5以上のレビュー作品一覧【2011年版】
ご参考7:ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった 2011


=====【神】★6以上=====
のうりん4
独創短編シリーズ 野崎まど劇場

====【傑作】★5.5====
エスケヱプ・スピヰド
変態王子と笑わない猫。5
のうりん3
六花の勇者2
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈10〉
朧月夜 ヒカルが地球にいたころ……(4)
サエズリ図書館のワルツさん1
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2
とある飛空士への誓約 1

===【名作】★5===
のうりん
のうりん2
アイドライジング!(3)
ライジン×ライジン RISING×RYDEEN
はたらく魔王さま!3
はたらく魔王さま!4
はたらく魔王さま!5
はたらく魔王さま!6
陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼
ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー
明日から俺らがやってきた
アクセル・ワールド9 -七千年の祈り-
青春ラリアット!!(3)
青春ラリアット!!(4)
ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング
ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング
神様のメモ帳8
さくら荘のペットな彼女5.5
さくら荘のペットな彼女7
さくら荘のペットな彼女8
丘ルトロジック4 風景男のデカダンス
夕顔 ヒカルが地球にいたころ……(2)
ミニッツ ~一分間の絶対時間~
ミニッツ2 ~神の幸運、天使の不運~
楽聖少女
簡単なアンケートです
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
なれる!SE7 目からウロコの? 客先常駐術
なれる!SE8 案件防衛? ハンドブック
インテリビレッジの座敷童
クロクロクロック1/6
マグダラで眠れ
鬼物語
恋物語
憑物語
カナクのキセキ5
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
エスケヱプ・スピヰド 弐(2)
ストライク・ザ・ブラッド2 戦王の使者
犬とハサミは使いよう Dog Ears2
冴えない彼女の育てかた2




一押しお願いします

まとめ系 コメント: 1 トラックバック: 0

豚は飛んでもただの豚?

2012-01-09

豚は飛んでもただの豚?
MF文庫J
著作名:豚は飛んでもただの豚?

著者名:涼木涼(すずき りょう)
イラストレーター:白身魚(しろみざかな)
発行日:2011/12/31


あらすじ
元不良でこの春から高校生になる真宮逢人は、バイト先から逃走する食い逃げ犯を追いかけていた。逃げられそうになったところを、ポニーテールの美少女・藤室綾の純白の……――ではなく、ハイキックに助けられる。真宮はその日から、綾のことをなぜか忘れられずにいた。高校の入学式当日、真宮の席の目の前には、見覚えのあるポニーテールが揺れていて、思わぬ再会を果たす。さらに、バイト先には綾の妹・瑞姫までやってきて、新しい日々が始まる予感。そんなある日、真宮は瑞姫から「綾姉のこと気になるんでしょ?」と告げられ――。第7回新人賞〈最優秀賞〉受賞作・元不良の少年と美少女三姉妹が織り成す、青春×初恋×ぽんこつストーリー堂々開幕!!

レビュー
ハイキックから始まる恋もある?

食い逃げを追いかけて、その首筋に決まる見事なハイキックと純白の三角形を目撃した真宮逢人。
ハイキックを決めたのはサバサバとした性格とポニーテールが特徴的な超美少女・藤室綾。
もう出会うことは無いと思っていた彼女と、高校のクラスメイトとしてまさかの再会。
分け隔て無く接してくる綾に逢人は次第に惹かれていくが…。
ここまでは完璧なまでのボーイミーツガールモノ。

そこから、逢人のバイト先に綾の末妹・瑞姫がやってきて、姉攻略のために一致団結して仲良くなったり。
真ん中の妹・雲雀をナンパから助けて懐かれたり、彼女の守護者である豚に襲われたり。

綾・雲雀・瑞姫の性格が全く違う美少女三つ子姉妹と、それぞれに親密度をあげていく。
見ろ!まるでエロゲーのようだ!

雲雀の守護者・豚こと神指風太郎がめちゃくちゃ強くて、風太郎△なわけだが、あれ…豚って彼のことじゃないのか?
豚が出てくるまでタイトルのことすっかり忘れていたが、この豚の登場で話の構成が全くわからなくなった。

全体的にピュアで青春真っ直中の初恋ストーリー。
三つ子が出てきたり、豚が出てきたり、それぞれのキャラは魅力的なんだけれど、何か一つ二つ足りない。
何がメインテーマなのかわからない。突き抜けるパワーがあるわけでもない。
話の展開にもいまいち起伏が無い。
助走でスピードに乗ったものの飛べずに滑っていった感じ。

第7回MF文庫新人賞「最優秀賞」という看板だが、続巻前提の1巻ということもあり判断が難しい。
今後伸びてくるかもしれないが、立派な看板に期待させられたこともあり★3.5。


評価
★★★☆
(3.5)

ライト度
★★★
(3)

一押しお願いします


MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 0

2011年12月購入本

2012-01-07

2011年12月購入本

電撃文庫
・新約 とある魔術の禁書目録(3)
・アクセル・ワールド10-Elements-
・魔法科高校の劣等生(4)九校戦編<下>
・さくら荘のペットな彼女6
・青春ラリアット!!(3)
・サイハテの聖衣(シュラウド)

ファミ通文庫
・バカとテストと召喚獣10
・"若紫" ヒカルが地球にいたころ……(3)

スーパーダッシュ文庫
・ベン・トー 8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円

MF文庫J
・豚は飛んでもただの豚?

GA文庫
・のうりん
・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4

角川スニーカー文庫
・サクラダリセット6 BOY、GIRL and ‐‐

富士見ファンタジア文庫
・フルメタル・パニック! アナザー2

講談社BOX
・恋物語

さて新年明けまして2012年となりました。
今年も頑張ってレビューしていくのでどうぞよろしくお願い致します。

2011年12月の購入本は15冊。
それほど買ったつもりは無かったけど、それなりの量だった…
問題は今月の本はページ数が多いのがちらちらあること。
とはいえ今年こそは早期に積本消化の目処を立てたいところ。

2月には電撃大賞来るし、しっかり受け入れ体制を整えねば!



ぜひぜひ!一押しお願いします!

月記 コメント: 2 トラックバック: 0

ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった 2011

2012-01-03

あけましておめでとうございます。そして今年も当ブログをよろしくお願いします。

新年突入してしまいましたが、一応3回目となり恒例となりました「ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった」2011年版をお送りします。
最後に2011年ラノベの総括を載せてます。ご参考にご覧頂ければ。

【ご参考】
・ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった2009
・ライトノベル読もうぜ!的 このライトノベルがすごかった2010

【ランキング前提条件】
(1)2011/1/1~12/31の期間に刊行されたラノベ
(2)2010年以前にスタートしたシリーズ続巻は、2011年刊行でも本ランキングには含めない
(3)作家の新旧(ベテラン・新人)は問わない
(4)2010年以降刊行でも2011年にグイッと伸びた作品はランキング対象

※各画像をクリックすると、レビューへ飛びます。

第1位
とある飛空士への夜想曲 上・下
とある飛空士への夜想曲上 とある飛空士への夜想曲下

飛空士シリーズは2011年より前からある?でも夜想曲シリーズは2011年刊行だからOK。
これを薦めないとこのブログやってる意味がない。だから乗せた。もちろん一位。
だから読もう。

第2位
六花の勇者
六花の勇者


読んでるうちに本の中に取り込まれていく。
圧倒的な物語の力を楽しんでもらいたい。

第3位
カナクのキセキシリーズ(1~3巻)
カナクのキセキ1 カナクのキセキ2 カナクのキセキ3

間違いなく2011年最高のファンタジー&ラブストーリー。
衝撃の1巻に、さらに衝撃の2巻以降が続く。
これからの活躍に期待が膨らむ、2011年デビュー作家の超優良株。 


第4位
犬とハサミは使いようシリーズ(1~3巻、Dog Ears1(短編集))
犬とハサミは使いよう 犬とハサミは使いよう2 犬とハサミは使いよう3 犬とハサミは使いよう Dog Ears1

(読書)バカは死んでも直らない。
ドM犬と貧乳作家の激しい同棲(?)生活には(命の)危険がいっぱい。
新たなギャグ世界を垣間見れる。ギャグ部門における期待の新星。

第5位
アイドライジング!(1~3巻、3巻は未読)
アイドライジング アイドライジング2

元気いっぱいの新人アイドルが、読者にも元気をくれる。
精神的な風邪に効果がありそうな心の清涼剤。

第6位
ビブリア古書堂シリーズ(1~2巻)
ビブリア古書堂の事件手帖 ビブリア古書堂の事件手帖2

古都にある古本屋で紡がれる本にまつわる不思議な物語。
古本屋の店主・栞子さんと、店員・大輔の今後の関係も気になるところ。

第7位
のうりん
のうりん1

バカの果実が大豊作。
斬新な紙面構成も笑えるポイント。これは面白い。


第8位
ヒカルが地球にいたころ……シリーズ(2巻以降は未読)
葵ヒカルが地球にいたころ……(1)

「文学少女」の野村・竹岡両先生による新シリーズ。
まだ1巻しか読めてないが、潜在能力の強さをひしひしと感じる。

第9位
ストライク・ザ・ブラッド シリーズ(2巻は未読)
ストライク・ザ・ブラッド1

古き良き「王道」を行くラノベ。
ベテラン三雲先生の本格ラノベを楽しめる。

番外位
霧こそ闇の
霧こそ闇の


本格的な伝記物として最高位の作品。
番外位としたのはMW文庫の一般向けとしての側面が強いと思えたから。

【2011年ラノベ総括】
<全体的な印象>
2011年のラノベは総じて、新人よりもデビュー済みの若手、ベテラン作家が気を吐いた印象。
当ブログのランキングでも3~5位が新人だが、あとはベテラン作家。
「このラノ2012」で首位をとった「ソードアート・オンライン」は、6巻以降もとんでもなく面白かった。
2011年出版に限定しないでランキング作ったら間違いなくトップ3以内。

各レーベルが新人賞を輩出しているけれど、当たりはずれの多さは相変わらず。
とはいえきっちり名作も生まれてるので、今後の安定的な供給をお願いしたい。

<ふと気がついた風潮>
タイトルに「!」がついたり、俺妹に端を発していると思われる会話口調で長々しいタイトルが多かった気がする。
例を挙げるのは面倒なので割愛。あくまでそう感じた程度なので。

<物申す!>
各新人賞に一つ物申したい。それは、「奨励賞」だの「特別賞」だの、序列がわからない賞が多すぎてややこしい!ということ。
いくつも賞を作るのはまぁ構わない。
しかし、帯で「○○文庫大賞受賞作 ○○賞」って、もはや何を受賞したのかわからない表示、
わざと解りにくくしているとしか思えない表記に正直イラっとくる。
こう感じるのは私だけなのだろうか…

<最後に>
新レーベルの参入や、アニメ化によるメディアミックスによって活況と言って良かった2011年のラノベ。
特に「僕は友達が少ない」はアニメ化によって一気にブレイクした印象。(コミケベース、主にエロだが)
1クールで2~3作品以上はアニメ化されている流れは引き続きだろう。
粗製濫造が進まないように祈りつつ、今年も見守れる範囲で見守っていく所存。



役に立ったりしたら一押しお願いします!

まとめ系 コメント: 2 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。