ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

明日から俺らがやってきた

2012-02-22

明日から俺らがやってきた
電撃文庫
著作名:明日から俺らがやってきた

著者名:高樹凛(たかぎ りん)
イラストレーター:ぎん
発行日:2012/02/10


あらすじ
“俺”がいっぱいって……誰得だよっ! “俺ら”とおくる未来的・青春ラブコメ登場!

推薦入学して女の子にモテようか、それとも良い職に就くために上の大学受験しようか──。青春もなく進路に悩む俺、高校3年生・桜井真人の前に未来から“俺”が時間を超えてやってきた! しかも二人も!! チャラ男とガリ勉の桜井真人……って本当に俺かよ!? 同じく進路に悩む 『氷の女王』 こと高瀬涼と仲良くなった俺はこれからある決断をすることになるが……。
ちょっと大人になった“俺ら”とおくる未来系・青春ラブコメ! (……なのか!?)

レビュー
あの時にああしていたら…と思うことはありませんか?

第18回電撃小説大賞〈電撃文庫MAGAZINE賞〉受賞作。
うん、これも期待を上回る面白さだった。

推薦入学か受験か…進路に悩む高校生の桜井真人。
悩む彼の元に現れたのは、推薦入学した大学で遊び尽くし無職になった未来の自分と、受験して大学入って就職もしたが青春しわすれた未来の自分。
無職の自分は受験をしろと言い、青春し忘れた自分は推薦にしろという…。

誰もが一回は経験したであろう、人生の岐路、ともいうべき選択。
そこに未来の自分が物言いしにやってきた、という非常に斬新なアイデアが気に入った。
取った選択肢に相当の自信が無い限り、取らなかった選択肢の可能性はどこまでも羨ましく感じるもの。
別々の道を辿った未来の自分が、自らの選択の愚痴ばかりこぼすものだからさあ大変。

そんな修羅場のような中で、未来から来た自分とは異なる選択を取る桜井真人。
この選択の行く末がどうなるのか、それは読んでのお楽しみ。

基本はラブコメであり、そのヒロインの高瀬ちゃんの可愛さといったら悶死レベル。
そこに未来から来た自分というアクセントが付いて、面白みが増している。

「あの時ああしていたら」なんて思い悩むことがあった時、この本を読んでみると良い。きっと気分が晴れる。
私はちょうどそんなタイミングで読んだおかげで元気が出た。
そんなこともあって★は5つ。



評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー

2012-02-19

ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー
電撃文庫
著作名:ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー

著者名:三河ごーすと(みかわ ごーすと)
イラストレーター:切符(きっぷ)
発行日:2012/02/10


あらすじ
マネーの支配をぶち破れ!! 期待のファンタジックアクション!

「奪うことだけが正義なんだよ」 「なぜ奪われる哀しさがわからないの」
地下貧民街に生まれ幼い頃から暴力と略奪の中で孤独に生き、地上で安穏と暮らす人間を憎んできた十七歳のジェイファ。地下を脱出した彼は中流平民街に上がると同時に一軒の豪邸に盗みに入る。しかし冬瀬陽月《ふゆせはるつき》に遭遇、捕縛されてしまう。豪邸の持ち主である冬瀬一郎は、ジェイファを許す代わりにある条件を突きつける。それは陽月と組み 『ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー』 という、魔術師と戦士の二人一組で相手ペアと戦う競技のプロになることだった!?

レビュー
金がすべての世界で少年と少女は出会い、共に歩んでゆく。

第18回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作。
今年は銀賞から手をつけてみたが、好調な滑り出し。

所得によって上層、中層、下層に分かたれた日本。
下層の地下貧民街から脱出したジェイファは、最初に盗みに入った豪邸で捕縛され、『ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー(WWWM)』という競技に参加することに。
このWWWMは上層・中層から多くの資金が絡む一種のマネーゲーム。
上層に上がるための絶対的な基準となる「金」を稼ぐため、WWWMには様々な思惑が交錯し…

ファンタジーとアクションを中心に展開される物語は、ラノベとして奇をてらった感じがせず、それ故に安心して読み進められる。
残酷なまでに所得を絶対基準として分かたれた世界、WWWMというゲーム、次第に解り合い仲良くなっていくジェイファと陽月。
金が支配するシリアスな設定の中にもボーイミーツガールな要素があり、きっちりニヤニヤできるのもポイント高い。

ジェイファこと皿次(めいじ)の粗暴だけど一直線なところや、一見無愛想なんだけど結構相手のことを気にしている陽月。
この二人が少しづつ心を通わせていく流れがとても好みだった。
切符先生の可愛いイラストも魅力UPに一役買っているのは間違いない。

設定が飲み込めてくるとどんどん楽しくなってくる。
銀賞でこのクオリティというのは、続く受賞作を読むモチベーションが上がるというもの。

余裕(?)で2巻が出ると思われるので、二人のこれからを楽しみに見守っていきたい。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

生徒会の金蘭 碧陽学園生徒会黙示録6

2012-02-17

生徒会の金蘭
富士見ファンタジア文庫
著作名:生徒会の金蘭 碧陽学園生徒会黙示録6

著者名:葵せきな(あおい せきな)
イラストレーター:狗神煌(いぬがみ きら)
発行日:2011/10/25


あらすじ
「私達は今、とても大切な時期にあります」私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、変革を求められる時期が訪れていた。シリーズも終盤へ突入した今だから、出来ることがきっとあるはずだ。さあ「生徒会の一存」の新たな可能性を見つけ出そうじゃないか。失敗を恐れてはいけない、挑戦し続ける勇気が人を成長させる!だから…許して欲しい。中目黒善樹の女装姿を。一瞬「あれ、新キャラ、美少女!?」って思ったあなたも、怒らないで欲しい。そして逃げずに、この本をレジまで。ねっ、お願いします!だって彼、本当にいい奴なんですよ。2年B組編も、ついに決着!?

レビュー
これは生徒会の本ではなく、2年B組の本です。

表紙が中目黒なことからもわかる(?)ように、2年B組編の完結巻。
いくつかドラゴンマガジン掲載の短編があり、書き下ろしとして2年B組編がある。

正直短編は途中で読むのを止めようかと思うくらい全く笑いの波長が合わなかった。
いつからこんなに生徒会シリーズと足並みが揃わなくなっていたのだろうか…。

2年B組編は引きで終わった「生徒会の木陰」の続きかつまとめ。
終始真面目路線で笑いは二の次であり、生徒会シリーズでは見られなかった展開。
表紙で中目黒が女装しているような巫山戯たノリでは無かった。

中目黒の過去やら決意やら、大きく動く2年B組の恋模様やら、なんか青春しはじめていた。
これまでのギャグ偏重からどうして真面目路線に変更したのだろうか。
どうみても中目黒が当初のキャラと違う。当初というか木陰までの中目黒とすら違うような。
ノリで出してみたものの、しっかり締めなくちゃいけなくなった大人の事情だろうか。

とはいえこの真面目路線は個人的には悪くなかった。
笑いの波長が合わなかったことも起因していそうだが。

最終巻に繋ぐためのワンステップとしては良いものだった。
でも短編は要らない。

前半は★3確定と思っていたが、2年B組編でなんとか持ち直して★4。
ただ、今回は黒星計上せざるを得ない。

通算成績は9勝5敗1分。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

富士見ファンタジア文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼

2012-02-15

陰陽ノ京 月風譚2
メディアワークス文庫
著作名:陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼

著者名:渡瀬草一郎(わたせ そういちろう)
イラストレーター:洒乃渉(さいの わたる)
発行日:2010/08/25


あらすじ
摂津の地にて、安倍晴明が妖、“白山”。
霊峰と同じ名を持つ猛き気性のその妖は、京を舞台に陰陽寮の道士たちを襲いはじめる。
まず難を受けたのは、陰陽寮の若手、住吉清良。
その同僚たる賀茂光榮と、清良の兄である住吉兼良の二人は、憎まれ口を叩きつつも共に調査に乗り出すが……
陰陽寮との間に古い因縁を持つ獣、そしてその裏で暗躍する怪しい影。獣と人とを結ぶ絆を前に、光榮は何を思うのか――
若き陰陽師達の活躍を描いた 「月風譚」 第弐幕!!

レビュー
じっくり味わって読んでもらいたい名著。

個人的に最も衝撃を受けてきたシリーズがこの「陰陽ノ京」。
当ブログで★7をつけたのは陰陽ノ京1巻くらいじゃなかろうか。
大事にしすぎてまたしても長期間積んでしまった。

しかし読む場所、精神状態等、コンディションを十分に整えてから読みたかった。
そしてその甲斐は十分にあった。

摂津の地にて封印から解き放たれた狼の妖・白山。
この妖は陰陽寮の道士だけを襲い、弱き者には手を出さない変わった獣だった。

何やら陰陽寮と深い因縁がありそうな白山と、その騒動に便乗して現れる謎の外法士。
陰陽寮に忍び寄る不穏な影に、賀茂光榮ら道士はどう戦っていくのか。

主人公は光榮だけど、今回は保胤らの視点で語られる場面も多く、1巻とは少し趣が違う。
とはいえ読み進めていく程に味わいが染み出してくる素晴らしい出来映え。

今回光榮とやりあった狼の妖・白山の最後や、想いにはじんわり暖かいものを感じる。
まだ大きな陰謀が裏に隠れているものの、白山の話の結末は清々しく、少し悲しい。
陰陽ノ京シリーズらしい締めに懐かしさも相まってとても感動した。

電撃文庫版から読んで欲しいので、ハードルは高いのは解る。
でも是非読んでみて欲しいとオススメしたいシリーズである。
改めて電撃版を読み直したくなってきた。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)

一押しお願いします


メディアワークス文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4

2012-02-12

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4
GA文庫
著作名:俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4

著者名:裕時悠示(ゆうじ ゆうじ)
イラストレーター:るろお
発行日:2011/12/31


あらすじ
「さあ教えてよ。本当にキミが好きなのは、どの子だい?」
鋭太の伯母・冴子の爆弾発言で、四人の乙女に緊張が走る。その問いに対する鋭太の答えは……。

そんな中、ある海岸で行われる冴子のゲーム会社主催のミスコン大会で、四人は勝負をすることに!?
「勝ったコが嫁だからね!」
あくまで偽彼女を演じる真涼、怪しむ千和、ギュッと抱きつくヒメ、婚姻届にハンコをせがむ愛衣――。
勝利するのは果たして誰?

「さあ鋭太。修羅場とハーレム、どっちがいい?」
「どっちもお断りです」
裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第4弾!

レビュー
四人の女が夏の海でガチンコバトル!

第四の女加入により混沌が増した「自演乙」。
高まった緊張はバトルで晴らすのがよかろう、と言わんばかりに夏の海で女の戦い勃発。
ミスコンでどれだけ鋭太が好きか叫びあうらしい。

甲斐性あるわけでも無いのにこの人生勝ち組っぷり。鋭太君さすがです。
なんか修羅場で酷い目みてても「いい気味だZE!」とすら思わなくなってくる。

前カノとツンデレが加入して影が薄くなってた彼女と幼なじみだが、このイベントで関係がさらに悪化(?)。
1巻以降目立たなかった彼女がここにきてクローズアップされてきた。
初めて鋭太が能動的(に見える)アクションを起こしたせいで、素晴らしい修羅場が期待できる。

しかも前カノとツンデレの鋭太ラブも加速する始末。
個人的にはカオル君の参戦はまだなのかと問いたい所。カオル君はこの物語最強のダークホースだと思うんだ。

とはいえシチュエーションは整った。
次こそ見せてもらおうか、血を見るほどの修羅場を。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★★
(5)

一押しお願いします


GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

バカとテストと召喚獣10

2012-02-10

バカとテストと召喚獣10
ファミ通文庫
著作名:バカとテストと召喚獣10

著者名:井上堅二(いのうえ けんじ)
イラストレーター:葉賀ゆい(はが ゆい)
発行日:2012/01/05


あらすじ
ついにAクラスとの再戦を迎えた明久たちFクラス。雪辱を果たすため、そしてA教室の大画面で秘蔵DVDを観るため(一部関係者談)気力充分な彼らだったが、前回苦戦を強いられたAクラスも今回は序盤から全力全開! 試召戦争は午前中から早くもクライマックス状態に。そんな中、突然三年生の首席がFクラスを訪れ謎の言葉を残していく……。『美形は帰れ!』(動物園の皆さん)果たして二年最強クラスの座はどちらの手に!? 風雲急を告げる第10巻!!

レビュー
因縁のAクラス戦は思わぬ決着!?

最終決戦まで持ち込み、思わぬ大将のバカさで負けたAクラス戦から半年…
遂にFクラスとAクラスの戦いの火蓋が切って落とされた。

バカな奇策ばかりだった前回に比べて、リベンジマッチは結構ガチな戦いの様相。
雄二と翔子の戦略の読み合いやら、何やら怪しげな動きをする上級生やら。
珍しくバカ控えめのバトルな試召戦争だった。

とはいえ小粒でもピリリとバカなネタは仕込まれているのでしっかり笑える。
そこ(?)はご安心を。

因縁の対決はクライマックスで思わぬ展開を見せる。
当初はマイナスな印象を受けたが、よく考えたら一層バカで熱い方向に飛んでいきそうで楽しみ。
問題は上級生ネタにそんなにストックが無いところか。常夏コンビしか印象にない。

そういえば物語世界では半年でも、現実世界ではもう5年になる。
それでも勢いが衰えていないバカテスを応援しつつ、次巻を期待して待とう。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1

2012-02-07

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1
ファミ通文庫
著作名:龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1

著者名:鳳乃一真(おおとりの かずま)
イラストレーター:赤りんご(あかりんご)
発行日:2012/02/10


あらすじ
「私を殺した犯人、見つけてくれる?」

「八真重護【やまじゅうご】、島流しの刑に処す」と親父に勘当された俺を待ってたのは、人工学園島の極貧生活と、激安アパートの美少女地縛霊だった! その名も龍ヶ嬢七々々【りゅうがじょうななな】様、生前は天才学生集団GREAT7の中心人物だったが今やネトゲ三昧のニート地縛霊。でもコレ、一応美少女と同棲? 俺、始まった!? 否、始まったのは島中に隠された不可思議な宝物《七々々コレクション》を巡るノー冒険【アドベンチャー】・ノーライフな争奪戦の日々!! 第13回えんため大賞「大賞」受賞の奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル!!

レビュー
スケールの大きなシリーズが始まった。

「第13回えんため大賞小説部門」大賞受賞作。
大賞は8年ぶりだそうで、ココロコネクトは特別賞、犬ハサは優秀賞だったことを考えただけで期待が上がる。
ちなみにHP上にアニメのPV(制作はA-1Picturesで出来は素晴らしい)までアップされており、エンターブレインの力の入れようが伺える。
このPVはネタバレはあまり無いし、場面のイメージが付きやすくなるので、先に見ても問題ない。
(ちなみに私は読了後に見た。)

してその内容は、というと確かに大賞に選ばれるというだけの壮大さを感じる。
ココロコや犬ハサのような一撃の重さは今のところなかったけれど、一巻じゃ収まりきらないスケールの大きさがある。

親に勘当され人工島に島流しにあった八真重護が、島流し先のアパートで出会った地縛霊・龍ヶ嬢七々々。
彼女はこの人工島・七重島を作った超人のうちの一人で、島を作るために世界各地から財宝を集め、そして10年前に何者かに殺されていた。
そんな彼女も今はただのニート幽霊。
彼女が生前集めた財宝「七々々コレクション」が島の各地に隠されており、色んな人々がコレクションを狙って暗躍している。

それぞれのキャラの強さ、七々々本人や財宝にまつわる謎や伏線、全貌が全く見えてこない七重島の秘密。
重すぎず軽すぎず、読者を引きつけるギミックがたくさんある。
私は「壱級天災」ちゃんがメインヒロインじゃなかろうかという程に気に入った。

この1巻でもしっかりと読者を楽しませてくれる仕掛けがあったし、続巻も当然気になる。
冒頭で書いたとおり、爆発力が少し足りなかったので★はひとまず4.5。

続巻で息切れしなさそうなシリーズなので、引き続き追いかけていきたい。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします



ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

のうりん2

2012-02-05

のうりん2
GA文庫
著作名:のうりん2

著者名:白鳥士郎(しらとり しろう)
イラストレーター:切符(きっぷ)
発行日:2011/11/30


あらすじ
あたしの名前は中沢農。ここ県立田茂農林高校――『のうりん』で普通に農業やっとったんやけど……どえらーことになってまった!

ほれとゆーのも、幼馴染みのコーサクを狙う転校生が! おまけに最強の刺客『四天農』まで動き出ーたもんでさあ大変!

バイオ鈴木! ウッドマン林太郎! ローズ花園! マネー金上! そして……ボイン良田ッ!! あれ!? 五人おるよ!?
まあええわ、みんなまとめてかかって来やあ! コーたんのマッシュルームを最初に収穫するのは、このあたしなんやから!!

大暴走農業学園ラブコメ第2弾! 見よ! 農場は紅く萌えているっ!!

レビュー
農と下ネタとパロネタの非常に危険な化合物。

爆笑注意報発令!!
なんというか、もの凄い作品になってきた。
GA文庫の本気を見たと言わざるを得ない。

良田さんの乳が世界クラスになったり、ガイアに目覚める人が現れたり、白濁液かけ合ったり、どっかの召還獣のFクラスみたいな所と争ったり、耕作が初めてを奪われたり、百合カップルが生まれたり。
これだけ書いてもまだまだ片鱗なんだZE…。

そして時折まじめに農の話をしだすから、ギャグパートとのギャップがひどい。
きちんと取材してるっぽいのに、ギャグパートで全部台無しにしていまいか。
でも真面目パートで嘘は付いてないっぽいからためにはなるのかも。

つねに笑いの琴線をかき鳴らし続けてくる破壊力は尋常ならざるものがある。
まだ2巻ということで笑いのペースが新鮮なのもあるだろうが、ここ最近で最も期待しているシリーズといえる。

独特のページ構成なので家の外で読むのは危険だが、ライト度はマックスレベルなので休みにでも一気に読むと良い。
とっても気が抜けて笑える。リラックス効果抜群の作品。

ところで・・・
あれだけ色々と無差別にパロっているのにスニッ●ーズだけ伏せ字だったのは何故だろう。
のうりんじゃ許可がおりなかったのだろうか。
あれだけアグレッシブに実名出しまくっておいてここだけ伏せ字な大人の事情がかえって気になった。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします

GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

はたらく魔王さま!3

2012-02-04

はたらく魔王さま!3
電撃文庫
著作名:はたらく魔王さま!3

著者名:和ヶ原聡司(わがはら さとし)
イラストレーター:029(おにく)
発行日:2011/10/10


あらすじ
魔王城(築六十年の六畳一間)の庭に、異世界からのゲートが開く。そこから現れた少女は、魔王をパパ、勇者をママと呼んだ! まさか2人がそんな関係だったなんて……とショックを受ける芦屋や千穂だが、一番混乱していたのは魔王と勇者だった!
魔王城で預かられることになった少女を巡り、魔王と勇者がまさかの大接近!? フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー、第3弾!

レビュー
魔王と勇者の育児物語

魔界から突然現れた少女のパパは魔王、ママは勇者!?
しかし、少女というより幼女というより乳児でした。本当にありがとうございます。
フリーターなのに子持ちになった魔王一家の育児苦労話が盛りだくさん。

そしてこの乳児、アラス・ラムスちゃんの可愛さが異常。
口たらずだけどパパとママが大好きだと愛情表現してくるアラム・ラムスちゃんの癒し効果は絶大の一言。
思わず抱きしめたくなる可愛さとはまさにこのこと。

子は鎹と言われるとおり、犬猿の仲である魔王と勇者にも多少変化が?
当然、アラス・ラムスがただの乳児であるわけもなく、びっくりするレベルの一悶着もあり。
そして魔王は人間界で一つの大切なことを知ったのだった。

子育てから始まる親の成長物語だったわけだが、魔王様のお話にしてはシュールなのはいつも通り。
アラム・ラムスちゃんの魅力が異常なレベル水準だったので余裕の★5つ。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ロウきゅーぶ!9

2012-02-02

ロウきゅーぶ!9
電撃文庫
著作名:ロウきゅーぶ!9

著者名:蒼山サグ(あおやま さぐ)
イラストレーター:てぃんくる
発行日:2011/10/10


あらすじ
慧心女バスの少女たちも楽しみにしていた修学旅行がいよいよスタート! 京都に向かう皆を送る昴……のはずが、なぜか商店街で当たったくじ引きで葵と二人で京都へ行くことになり ── !?
「わーい。おんせん、ろてんぶろ?♪」
「そいやヒナ、また胸大きくなった?」
「まさか、のぞきに来た男子とかじゃ」
「 ── 遊びに来て下さったんですねっ」
「は、長谷川さんと同じお布団で……」
宿泊予定のホテルでは、葵と同室になっただけでなく、智花たちとのバッタリ遭遇ハプニングが! その

レビュー
京都でラブコメ&ロリコメ

バスケしなさい!
思わず苦言が飛び出す京都修学旅行編。

小学生の修学旅行に何故高校生が登場?と思いきや、恋愛昼行灯・昴くんは幼なじみと京都旅行だそうな。
甘い言葉を吐いて女を落としにかかり、そのくせ自覚がないなんて通報しても良いレベル。

修学旅行のお決まりネタ(?)とはいえ、覗きやら部屋への侵入やら、懲役刑も免れないぞこの野郎。
個人的には葵ちゃんが不憫でならないわけだが、まんざらでもなさそうだからいいか。

天然ハーレム製造器に天罰が下るのはいつか。

色々とお決まりの京都巡りをして、無理矢理バスケイベントに飛び込んで、その成果がまさかの真帆フラグ立ち上げ。
恐れ入るぜ昴くん・・・。

でも次巻はバスケがメインになりそう。
スポコンサイドが好きな私にとっては、次こそが待ち遠しい。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします



電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 0

2012年1月購入本

2012-02-01

2012年1月購入本

電撃文庫
・トカゲの王II-復讐のパーソナリティ〈上〉-
・龍盤七朝 DRAGONBUSTER02

富士見ファンタジア文庫
・ライジン×ライジン RISING×RYDEEN
・勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
・生徒会の十代 碧陽学園生徒会議事録10

GA文庫
・のうりん2

ファミ通文庫
・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1

2012年最初の月の購入本は7冊。
各文庫の大賞系を物色したくらいで平和なスタート。

だって2月は大津波が来るのだもの。
抑えないと溺れ死ぬこと確定なんだもの。警報ではなく決定事項なのが恐ろしい。
2月は電撃文庫だけで15冊位になりそうとかどんだけー。
それでも楽しみな本が大量出版されるのはテンションが上がる。

読みたい本が積まれていくもどかしい期間が始まる…



ぜひぜひ!一押しお願いします!


月記 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。