ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

2013-08-26

ビブリア古書堂の事件手帖4
メディアワークス文庫
著作名:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

著者名:三上延(みかみ えん)
イラストレーター:越島はぐ
発行日:2013/02/22


あらすじ
珍しい古書に関係する、特別な相談 ── 謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが ──。

レビュー
江戸川乱歩の古書にまつわる数奇な謎に挑む。

これまでは一冊で複数作品を取り上げる短編形式だったが、今回は一冊を通して江戸川乱歩を取り上げた長編。

とある乱歩コレクションの買取依頼から端を発する本と人が絡み合う謎。
そして栞子さんの母・智恵子の突然の帰還。
江戸川乱歩の作品に絡めたミステリーの精巧さに、智恵子というトリックスター的な人物が加わって物語に一層の深みが出た。

本に対する忘れ得ない愛情と、裏返しのような憎しみ。
子どもの頃に読んだ本を楽しそうに話す人たちの姿がとても印象的だった。
私にもそういう原風景のような作品はあるもの。
様々な愛憎を読み解いて明かされていく謎と、頑なに隠される真実。
探偵モノじゃない本作だけど、読み進めていくなかで手に汗握るシーンはいくらでもある。

本をみて人を見ていなかった栞子さんにも変化の兆しがあったのが進展の一つ。
次巻以降ではこれまでとは違ったお話がされることが期待できる。

シリーズとしてもそれなりの動きがあって、でも単体のお話としても最高クラスの出来の素晴らしさ。
読まないことは損と言わざるを得ない出来上がり。

とても読み応えがあった。
ドラマは見る価値無いけど、原作は読まないことはあり得ない!是非読んでみて!


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

メディアワークス文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)

2013-08-25

ロウきゅーぶ!13
電撃文庫
著作名:ロウきゅーぶ!13

著者名:蒼山サグ(あおやま さぐ)
イラストレーター:てぃんくる
発行日:2013/07/10


あらすじ
いよいよ始まったそれぞれに因縁を持つ硯谷女学園との公式試合。六年生&五年生の頑張りに硯谷も全力で向かってくる。そんな一進一退の白熱する展開の中、慧心女バスにアクシデントが発生し……。
「しっかりとあたしの役目をはたすぜ!」(三沢真帆)
「ゆうじょう、ほほえみ、ふぇあぷれー」(袴田ひなた)
「わたしたちのバスケを守らなくちゃ!」(香椎愛莉)
「ふふ……。みんな、本当にありがとう」(永塚紗季)
「私たちにできる最高のバスケを形に!」(湊智花)
 エースとして先輩として自覚を持ち始めた未有に加え、確実に力を付けた綾とトリッキーな怜那。さすがは強豪校の硯谷だが、智花たちには彼女たちの武器がある! はたして試合の行方は──!?

レビュー
最後はガッツリスポコンやってくれたぞ!

アニメ第二期も順調な中、本編が感動のフィナーレを迎えた。
熱いまま前巻でお預けとなっていた硯谷戦。
勝負を決める後半戦に見所が無いわけがない。

過去の対戦から大きく成長したのは慧心のメンバーだけじゃなかった。
切磋琢磨してこそのスポーツ。
相手が伸びなければこっちも伸びない。
押して押されてのシーソーゲームに、スポコンの素晴らしさを再確認する。

グイグイ成長していく彼女たちの姿を見るに「小学生は最高だぜ!」の台詞を笑ってもいられなくなる。
(まぁ昴師父は犯罪者だが。)

実は一番凄くなったのは智花じゃなくて愛莉だったなぁと実感。
センターとして、チームの柱としてゴール下を護るあの絶対性。どこぞのゴリさん並の安心感を感じた。
ゴール下の攻防は間違いなく一つの見物。

小細工無しの全力VS全力。
慧心と硯谷の戦いの決着には、まさに手に汗握ることになること間違いなし。
奇策を用いないガチバトル。
このシリーズでこんな熱い試合が読めるとは思わなかった。

総力戦の行方はまさに必見。
私が求めていたロウきゅーぶ!が最後に読めただけでもう何も言うことはない。

ロリもいいかもしれないけど、やっぱりスポコンでしょ!


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします


電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

神さまのいない日曜日VIII (富士見ファンタジア文庫)

2013-08-21

神さまのいない日曜日8
富士見ファンタジア文庫
著作名:神さまのいない日曜日Ⅷ

著者名:入江君人(いりえ きみと)
イラストレーター:茨乃
発行日:2013/07/25


あらすじ
黒面の向こう側に現れた新世界。世界は救われ、封印都市は新たな街に生まれ変わろうとしていた。そしてアイも、新たな自分を見つけ始める。「アイ・アスティンは、始まりを見守るものでありたい…それがきっと『私』なんです」夢が果ててもなお、たくましく変わりゆくアイ。そんなアイを目の当たりにしたアリスは―。そんなとき、黒面からもう一人の少女が降り立つ。「私は世界を救うのよ」夢に生きる少年と少女の物語は、再び交わるのか―?

レビュー
過去の自分と同じ夢を持った少女の出現。

突如黒面を超えて現れたのは年端の行かぬ少女。しかし彼女は万能とも言える能力と、やっかいな夢をもっていた…

黒面の向こう側に行っちゃって「魔界編」とかにならないかと懸念していたけど、
向こうからトンデモキャラクターが飛んできた。ヨソウガイです。

夢を諦めて、それでも幸せを見つけつつあったアイ。
そこにかつての自分と同じ路を行く少女が現れる。

本当に世界を救いうる力を持った少女と、それでも救いきれない世界のジレンマ。
世界を救えずに壊れていく少女と、そんな少女を殺そうとするアリス。
突然舞い降りてきた救世主が世界を滅ぼす。
とても歪で、救われない話が展開している。

夢を諦めたアイが随分悟ったようになっていて、これまでの無茶がまるで嘘のよう。

もはやこのシリーズで「どうしてこうなった」とは思わない。
来る物拒まず読む体制が出来ているからだが、超展開に違和感を感じないっていうのが凄い。
前科が成せる技だ。
このシリーズの内容説明するのは困難を極めるため、もう細かいことは書かない(ぉ

7巻まで読んで8巻読まない理由は無い。読まなくなるならもっと早い段階でドロップアウトしてるだろうしね。
さて、次巻が最終巻になるらしい。
ちゃんと終わるのか、どんな終わり方で締めるのか、関心は尽きない。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

富士見ファンタジア文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)

2013-08-17

デスニードラウンド1
オーバーラップ文庫
著作名:デスニードラウンド/ラウンド1

著者名:アサウラ
イラストレーター:赤井てら(あかい てら)
発行日:2013/04/25


あらすじ
多額の借金を持つ女子高生のユリは返済のために、銃を持ち、己の命をリスクに晒す……そんな危険な傭兵稼業に手を出した。彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。
「こ、これ、ヤバくないですか!? 超ヤバイですよね!?」
ユリの初仕事は、なんとバーガーショップのマスコットキャラクターを襲撃することだった…!
不可思議な仕事依頼をきっかけに、銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる──ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか!?


レビュー
ベン・トーのアサウラ先生が贈る、社会的にギリギリのネタで突っ走るガンアクションシリーズ!

アサウラ先生と言えば今やベン・トーだが、実はデビュー作は拳銃に深くまつわるお話だったりする。
なのであらすじ見て即座に買ってみた。
(本作の発見が遅かったのとちょっと貯蔵してしまっていたのでこの時期のレビューとなっております)

さて、その中身の率直な感想はというと…
「ちょっwマク○ナルド(というか○ナルド)ディスりすぎwww」という一言に尽きる。
次に考えるのは「訴えられたら勝てないだろうな、これ・・・」という読者に本気で心配を掛けるレベルのネタの危うさ。

女子高生・ユリが借金返済のために手を出したのは傭兵稼業。
その初仕事はなんと、世界で最も有名なハンバーガーチェーンのマスコットキャラクターを暗殺すること。
しかしそのマスコットキャラは魔改造を施され、謎の能力「ロナウダ・マジックス」で刺客を返り討ちにしまくってる魔人だったのだ!

ざっくりまとめるとコメディなのか?と思われるかもしれないが、真面目に銃撃戦してるし、背景設定は無駄に重かったりする。
ネタ部分と真面目な部分が表裏一体の構成になっていて、とてつもなくシュールな作品に仕上がっている。
所々で出てくる食べ物の描写への気合いの入り方は異常。ベン・トーで鍛え上げた食欲をそそる描写が特盛りになっている。

大の大人が本気で巫山戯た結果出来た作品という印象。
まぁベン・トーも大概ふざけててシュールな作品だけど、その比じゃないレベルだろう、これは…。

この危険なネタにゴーサインを出し、あげく出版までしてしまったオーバーラップ文庫に敬意を表したい。
2巻が出るとしたら今度はどんな危険分子を放り込んでくるのだろうか。
凄く楽しみだけど、大人の事情で続きは出せないかもしれない。
オーバーラップ文庫の勇気が試されるシリーズだな、これ。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)

一押しお願いします


オーバーラップ文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

さくら荘のペットな彼女 (10) (電撃文庫)

2013-08-15

さくら荘のペットな彼女10
電撃文庫
著作名:さくら荘のペットな彼女10

著者名:鴨志田一(かもしだ はじめ)
イラストレーター:溝口ケージ(みぞぐち けーじ)
発行日:2013/07/10


あらすじ
高校生活を『さくら荘』で過ごし、輝く日々を駆け抜けた空太たち寮生。果たして彼らが選び取る“未来の色”とは――? 
学園の問題児の集まり『さくら荘』を舞台に描かれる、変態と天才と凡人が織りなす青春学園ストーリーが、ついに感動の完結です。空太たちが選ぶ未来を、ぜひ最後まで見届けてください。
いつか大人になったとき……。
さくら荘で過ごした日々を思い出して、何を思うんだろう。
みんなバカだったなあって呆れるのかな。
それとも、賑やかで楽しかった日々を懐かしく思うのかな。
その両方なら、言うことない。
なんたって、ここでの毎日は、ほんとに最高だったから。

レビュー
最終巻でやりやがったな!!

冒頭のコメントにはまぁ色んな意味がありますよ。。。
というか、ラノベの演出として、特にこの作品の演出としてこういう要素を取り入れてくるとは意外だった。
でも、青春とは迸るものだし、迸りすぎちゃうものだし、溢れ出るものだし。
良いではないか!

遂に完結となる10巻であるが、この巻で一番感じたことはさくら荘の面々の「成長」。
青臭いやりとりばっかりだった奴らが驚くほどに大人になっていく。
読み口はどのラノベより軽いのに、そこに単なるラブコメには無いしっかりとした青春が詰まっている。

この作品がこういうしっかりとした終わり方するなんて思ってなかった。
はっきり言おう、このシリーズは名作だ。

好きな人を想い、夢を追いかけて、時に笑い、時に泣き、時に苦しみ、時に喜び。
あるべき青春の全てが詰まっていて、それをしっかりと表現したラノベ。

こんなに一生懸命青春できてたら、人生違ってただろうなと本気で思う。
夢を持った少年達が本気で眩しい。未だに夢なんて無い自分には辛い部分すらある。
そんなことを考えさせてくれた作品になってくれたことに感謝。
このシリーズは巻を追う毎に良くなっていった。

もう「ペットな彼女」なんていない。
ましろはもの凄くいい女になった。
空太もましろに負けないように、自分の夢を追いかけることで魅力的な男になった。

ラブコメとしてニヤニヤするんじゃなく、さくら荘を見守ってきた保護者としてほっこりしてしまう。
素晴らしい最終巻だったと心から思う。どこぞの妹が好きでたまらないお話とは全く違った。

軽い読み口と読み応えのバランスが最高のシリーズだった。
さくら荘の面々よ、ありがとう、そしてさようなら。


評価
★★★★★☆
(5.5)

ライト度
★★★★★
(5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

さくら荘のペットな彼女9 (電撃文庫)

2013-08-13

さくら荘のペットな彼女9
電撃文庫
著作名:さくら荘のペットな彼女9

著者名:鴨志田一(かもしだ はじめ)
イラストレーター:溝口ケージ(みぞぐち けーじ)
発行日:2013/03/10


あらすじ
ついに彼氏彼女の関係になった空太とましろ。しかし、恋人初心者の二人は、付き合うってどんな感じ!? と新たな壁にぶつかることに。
その一方で、空太は 「ゲームキャンプ」 に挑戦するため、龍之介と組んだ新たなゲーム制作を始める。企画の空太にプログラマーの龍之介。あとは音楽制作とグラフィック担当の仲間を探さねばならない。空太は音楽制作を伊織に頼もうと考えるが、その矢先、伊織は歩道橋から落ちた栞奈を助けようとして、腕に怪我をしてしまう。
波乱の中迎えた夏休み、さくら荘に爆弾娘リタが襲来! 大慌ての龍之介、喜ぶましろ、困惑の栞奈、大興奮の伊織、そこに美咲先輩まで加わって、にぎやかな日々がスタートする。
変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、クライマックス直前の第9弾!

レビュー
いざ恋人になってみると…何していいか解らない!

彼氏彼女としてでは無かったけれど、とっても距離が近かった空太とましろ。
そんな二人がいざ「恋人同士」になったら、どうしたらいいんだ!
な感じの第9巻。

知らんわそんなの!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻
とちゃぶ台ひっくり返してはいけない。いや、ひっくり返して良いか。

そんな甘ーい(?)バカップル生活の一方、龍之介との本格的なゲーム制作が始まる。
冷徹で要求水準が高い龍之介と次第に意見が食い違っていく空太。
それでもぶつかり合いながらお互いの気持ちを確かめ合っていく少年達…青春してやがるなコンチクショー!
(ちなみに、BL的な意味は全くありません。)

夏休み。恋に、夢に、希望に、戸惑いに…色んなのがごちゃ混ぜだけど輝いてるさくら荘の面々。
そんな青春ラブコメも次がラストとのこと。

大好きだったこのシリーズももうここまで来てしまったか。
気持ちよく終わらせてくれればそれで良い。それだけを願っている。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★★
(5)

一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

危機

2013-08-04

またやってしまいました。
前回更新から一ヶ月。皆様いかがお過ごしでしょうか。

職業柄の繁忙期ギリギリで更新したのが前回。
仕事の山は越えたものの、そのまま燃え尽きてしまって今日まで来てしまいました。

これまでもこういう長期停滞はあったんですが、今回、地味に危機を迎えてました。
このまま更新辞めても良いんじゃないか?と。
元々自己満足のブログだし、無くなって困る人は自分だけだろうと。
原因不明のテンション激烈低下。
ちょっとまだ引き摺ってます。

フェードアウトはしたくないンですけどね…

少しづつでもレビューあげて行ければと思っております。



一押しお願いします




つぶやき的なもの コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。