ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

リスタート

2013-12-23

皆様こんばんは。
ラノベドランカーです。覚えていらっしゃいますでしょうか・・・?

最後の更新から三ヶ月とちょっと経過してしまいました。
これまでもちょいちょいやらかして来ましたが、今回は圧倒的最長不倒。

本も読めず、レビューも書けず。
このままフェードアウトかなぁと正直思っておりました。

そんな時、本そのもの、本を読むこと、つまりは本の良さを伝えることの素晴らしさを教えてくれる本に出会いました。

「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」 (花とゆめCOMICS)「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」 (花とゆめCOMICS)
(2013/12/20)
高橋しん

商品詳細を見る


この本の内容は、ネット全盛の今ではマッチはしないやり方です。
でも、こういう良さを伝える方法は今もある。

まがりなりにも7年近くやってきたブログです。
本の良さを少しでも伝えるツールを持っているものとして、再び本を紹介したくなりました。

本を好きな人は是非読んで欲しい本です。(ラノベではなく、漫画ですが)
高橋しん先生のやさしい作風が全面に出ている素晴らしい作品です。
本が好きだということが沁みるように伝わってくる、そして自分も本が大好きだったと思い出させてくれる本。

これまでは、ずっと基本的なやり方をブログ開設当初から変わらずやってきました。
でも、それに限界が来たのだと思います。

ですので、やり方を変える意味も込めて、やり直し、「リスタート」したいと思います。

これまでは、面白いと思う本も、そうでない本も、どちらとも言えない本も、全てレビューしていました。
この、どちらとも言えない本、つまりレビューが書きにくい本のレビューに時間がかかっていました。
つまらないと思ってもレビューは書けるんです…。中間的な本が一番難しい。

なので、「伝えたい」と思う本を重点的に紹介していくことにします。

具体的には
①シリーズ物でも、なんとも言えない繋ぎの一冊については必ずレビューをあげることはしない。
→レビューが歯抜けになります。
②単発モノでも同様
→レビューする本の種類が多分減る

といった感じです。

この三ヶ月間の休止期間中のものも同様です。
リスタートのために、過去の借金(?)もゼロクリアー。。。

なる早でレビューをまたしていければと思っております。

どうぞよろしくお願いします。



再開の励みに一押しください!

スポンサーサイト

コラム的なもの コメント: 6 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。