ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

王手桂香取り! (電撃文庫)

2014-02-20

王手桂香取り!
電撃文庫
著作名:王手桂香取り!

著者名:青葉優一(あおば ゆういち)
イラストレーター:ヤス
発行日:2014/02/10


あらすじ
華麗なる一手を放て!
駒娘たちと送るさわやか将棋青春ストーリー!

上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。
そんな歩の前に突如美少女たちが現れる。
「私たちは、将棋の駒だ」
そう言い放つ彼女たちは、香車を筆頭に駒の化身だという。その将棋の強さは人知を超えており、歩は駒娘たちの教えのもと、さらなるレベルアップをしていく。
折しも中学校将棋団体戦の東日本代表を決める大会が間近に控えており、歩は桂香先輩のチームメイトとなり、ともに頂点を目指すべく奮闘する。
二人の前に立ちはだかるのは、桂香先輩の幼少時からのライバル、二階堂。
二階堂を打倒し、桂香先輩へアピールすべく、歩は駒娘たちと秘策を練るが!?

レビュー
第20回電撃小説大賞<銀賞>受賞作品は将棋もの。

ラノベで将棋もの読んだのは初めてかも知れない。
というか小説全般で将棋ものを読んだのはきっと初めて。

将棋は大好きだけどそんなに強くない歩が、将棋の神様に憑りつかれ(?)ながらも憧れの先輩のために一生懸命強くなっていくお話。
恋が将棋の力も上げていく・・・いやー青春だこれ。

有名どころだと、この手のお話はヒカルの碁という偉大な先達がやってしまっている。
それと被らないようにしてるんじゃないかと思える展開がちらほらある。
それ故に道筋の多くが塞がれてしまったのか、少し爽快感に欠ける展開になっている気がしてならない。

神秘の力使ってもいいから勝つときは圧勝!、そのあとに降りかかる問題にぶち当たればいい。
と私は思うんだけど、この主人公・歩君はなんというかもの凄く保守的かつ安定的。
性格の悪いライバル相手にも波風立てないように…大層大人な対応で素晴らしいと思うんだ。
でもラノベでこれをやられると冷めちゃうんだね、再認識した。

将棋を知らなくても読むことに支障は出ない作品だとは思う。
ちなみに私は将棋については駒の動かし方位は知ってるレベル。何故か金と銀だけうろ覚えなんだけども…。
でも、試合の熱い(と思われる)描写はやっぱり将棋用語を理解できてないとさっぱりな感じだった。
漫画と違って小説は文面だけでど素人にも理解させないといけない。それは凄く難しいことだと思う。

将棋に詳しくない人間が登場人物たちのやってることの凄さを理解できないのがつらい。
なんというか、全体的にのっぺりした感じになってしまう。
山となるところを理解しにくいからかもしれない。

「将棋」というモチーフの扱いの難しさも起因してるんだろうけど、将棋知らなくても読める部分もいっぱいあるので、
やっぱりもうひと山くらい作ってくれても良かったんじゃないかなと思う次第。

最後に、将棋の神様が取った「相手が絶対にこちらの戦法に乗ってくる方法」っていうのがどうもいけない。
あのやり方取るくらいなら奇跡の力使ってほしかったし、そうするべきだろう。
そんなところばっかり生々しくせんでも…えーこんなやり方?!っていうそれだけでテンション下がってしまった。

将棋というモチーフも含めて好き嫌いが出そうな作品です。


評価
★★★☆
(3.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします




スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

思春期ボーイズ×ガールズ戦争 (電撃文庫)

2014-02-12

思春期ボーイズ×ガールズ戦争
電撃文庫
著作名:思春期ボーイズ×ガールズ戦争

著者名:亜紀坂圭春(あきさか よしはる)
イラストレーター:ぎん太郎(ぎんたろう)
発行日:2014/02/10


あらすじ
ドキドキし、モヤモヤする! 思春期全開ストーリー!!

「人生に命を懸ける瞬間があるなら、それは今だ」
 正しく生きることを止め、男らしく“男であり続ける”ことを誓った三人の少年がいた。思春期だった彼らは女の子のことを知るためには、あらゆる批判を恐れず、大きな力にも屈することなく、立ち向かっていこうと誓ったのだった。覗きすら辞さない──つまり、どうしようもなく思春期だった。
 そんな男子に武力行使で物事を解決するのが、女子が牛耳る男子矯正委員と生徒会。容赦なく顔が変形するまで殴る中崎ミイナさんは恐ろしく怖い。女性はかくも怖いのに、なぜ惹かれるのか。三人には深すぎる命題であった。
 男であるために女の子を知ることを望み、あらゆる作戦を行使する三人。どうしようもない男たちに、怒りの鉄槌を下そうとする中崎さんたち女子陣。少年少女たちの終わらぬ戦いが始まる。

レビュー
人生に命を懸ける瞬間があるなら、それは今だ!(エロい意味で)

第20回電撃小説大賞<銀賞>受賞作品。

女尊男卑法によって猥褻物、つまりエロいものが封じられた世の中で、思春期の青少年達がその溢れるリビドーを抑えきれず色々やらかすコメディー作品。

うん、この作品、とっても馬鹿だなぁと思います。

エロ知識を封じられようが、社会でゴミ扱いされようがまったくとどまることを知らない若人の性欲。
性の野獣たる男子vsそれを取り締まる女子という構図で繰り広げられるドタバタコメディーなのだが、本作は完全に男子目線でのお話となっている。

良い意味で直情的かつレベルの低い男子の行動に「そうそう」と同意してしまう自分。
私も今でこそいい年こいた大人ですよ。
でもね、こういう阿呆な妄想はしたことあるよ。だって男の子だ(った)もん。

ボーイズ&ガールズ戦争と銘打っているが、一方的に男子が虐げられる殲滅戦です。
でもそれが気持ちいい!とか言ってる変態ばかりでもう本当に馬鹿ですね。非常にレベルが高いです。

ストーリー性がほとんど感じられないけど、思春期の男子の性欲の強さはがっつり伝わってくるのがマジで凄いと思う。。
男子目線が強い作品なので、女子がこれを読んだらどういう感想になるのかは個人的に非常に興味深い。
キモって言われておしまいかしらん。。。

勢いが90%を占めている作品。
後半でちょっとラブコメみたいな展開になってたが、この部分要るのか?とちと疑問。
ラブコメ成分が加わって少し中途半端な感じになった感じがする。(女の子はかわいかったけどね)

ネタの方向的には下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)に酷似してしまっている。
あちらと比較しちゃうと下ネタの突き抜け方とかその他色々な面で勝てていないので物足りなさが否めない。

電撃という読者層を鑑みたらこれくらいのライトさの方がよいのかもしれないけど、同じベクトルでより強烈な作品を知っちゃてるとどうしても一味足りない。

ずっと脳裏にこの作品がちらついて比較しちゃってた。(そして常に負けてた)
良い部分もいっぱいあるんだ。でも、インパクトが足りない。
「これ銀賞だぜ!読もうぜ!」って言うほどの推しは私にはできないかな。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。