ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

インテリビレッジの座敷童

2012-08-18

インテリビレッジの座敷童
電撃文庫
著作名:インテリビレッジの座敷童

著者名:鎌池和馬(かまち かずま)
イラストレーター:真早(まはや)
発行日:2012/05/10


あらすじ
ここは 『インテリビレッジ』。『田舎』 という概念が高級ブランド化した地域。表面上は寂れた景色を演出、しかしその裏では科学技術の粋を集め、最先端の田舎というちょっと妙なハイテク感満載の土地だった。田園風景と最新鋭テクノロジーのコラボエリア。それが 『インテリビレッジ』 だ。
ここは、あまりに 『田舎』 演出が完璧すぎて、“妖怪”すら呼び寄せた。棲みやすい 『環境』 を求めてやってきた彼らは、当然俺ン家にも居る。3D用ゴーグルとワイヤレスコントローラで優雅にゲームをやってる巨乳の座敷童が……。ただ、妖怪と暮らす平穏なここにも、落とし穴があった。妖怪の持つ特性を利用したシステム 『パッケージ』。その片鱗に、俺は偶然触れちまったんだ。

レビュー
巨乳座敷童とウハウハライフ(嘘です

巨乳の座敷童ってそれ童じゃねーし。というツッコミはおいといて。
田舎が高級ブランド化した「インテリビレッジ」に住まう陣内忍と、その家に憑いてる座敷童のお話。
とか思いきや、この座敷童は殆ど何もせず、妖怪の特性を利用して特殊効果を発生させる「パッケージ」にまつわるドタバタのお話。

禁書目録でも、ヘヴィーオブジェクトとも違う、妖怪と科学の合体。
ギャグパートがこれまでの作品より多くて新鮮な読み応え。
重いパートに入るとそこはしっかり鎌池作品なので二度おいしい。
いつもながら良くこんなネタ考えつくなぁと感心する。

最初の事件で出てきた雪女ちゃんが可愛い。ハァハァ。
次の事件で出てきたすねこすりが可愛い。ハァハァ。
しれっと出てきた猫又が可愛い。ハァハァ。
キャラがとっても立ってるのも面白さの理由か。

全体的にノリノリな進行なので分厚いけど読みやすい。
次巻に繋がるネタも仕込まれてることだし、新シリーズとして期待したい。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1001-fe83ed17

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。