ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

囮物語

2012-09-12

囮物語
講談社BOX
著作名:囮物語(おとりものがたり)

著者名:西尾維新(にしお いしん)
イラストレーター:VOFAN
発行日:2011/06/28


あらすじ
“―嘘つき。神様の癖に”かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子。阿良々木暦に想いを寄せつづける彼女の前に現れた真っ白な“使者”の正体とは…?“物語”は最終章へと、うねり、絡まり、進化する―。

レビュー
シリーズ史上一番救いが無い?

待望の撫子ちゃんメイン本。
なでこメドゥーサというサブタイの通り、あの神様に絡む色々。
傾物語のような表紙詐欺ではございません。
が、撫子をハァハァできる内容かと思ってたら、想像の裏側を行く衝撃展開。

後書きでは「この本は千石撫子ちゃんが可愛いだけの小説です」とある。
確かに撫子ちゃんは可愛いいが、その性格故の回りくどさが際だってる。

シリーズを追う毎に段々西尾維新の主義主張が強くなって小難しくなって来てるような。
今回は少し読むのがしんどかった。

そしてこの一冊の結論は「千石撫子は○○になりました」という1行に収まる。
(これはバレてはいけないと思うので伏せ字)

しかしまぁ、どうすんだこれ…ってオチになっているのが正直な印象。
いや、落ちなんてありません。もう落ちたでしょう?
…適当に本文抜粋してみたが意味不明だった、申し訳ない。

どうやら残り2巻でこの話も含めてまとめ上げるようだ。
この巻だけで話がまとまっている、という訳ではない。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★
(2)


一押しお願いします

スポンサーサイト

講談社BOX コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1016-8ad643cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。