ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

鬼物語

2012-09-14

鬼物語
講談社BOX
著作名:鬼物語

著者名:西尾維新(にしお いしん)
イラストレーター:VOFAN
発行日:2011/09/28


あらすじ
“誤解を解く努力をしないというのは、嘘をついているのと同じなんだよ”
阿良々木暦(あららぎこよみ)の影に棲む吸血鬼・忍野忍(おしのしのぶ)。彼女の記憶から呼び覚まされた、“怪異を超越する脅威”とは……!?
美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ――!!

レビュー
衝撃の結末に目が飛び出しそう

今回は「鬼物語」ということで、忍ちゃんの過去話がメイン。
ちなみに本作では幼女と童女と少女しか出てきません。
やったねっ!

そしてストーリーテラーは阿良々木さん。
やっぱり阿良々木さんが語り部だと面白みが増す。というか、ハッチャケ度=変態度が跳ね上がる。
ここ2冊くらいは阿良々木さんの出番が無かったけど、やはりこのシリーズでは阿良々木テラーが最も素敵。

突然阿良々木さん達を襲う「怪異みたなもの」。
正体不明のこの現象に覚えのある忍の昔語りから「物語」が始まる。

忍の話で終わるかと思ったら、まさかあの娘とのお別れに通じていた…。
語りのノリとは正反対の重たい結末。
シリーズが完結に向かっていくというのは、こういう展開もあり得るということか。
残るは最終巻のみ。

随分積んじゃったけど、気合い入れて読もうと思う。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

講談社BOX コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1017-0350adc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。