ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)

2012-11-08

俺の妹がこんなに可愛いわけがない11
電撃文庫
著作名:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)

著者名:伏見つかさ(ふしみ つかさ)
イラストレーター:かんざきひろ
発行日:2012/09/10


あらすじ
「あの頃のあたし ── お、お兄ちゃんっ子だったの」
 引っ越し祝いパーティの場で交わされた“約束”を果たすため、田村家を訪れた俺と桐乃。話し合いは、やがてそれぞれの過去話になっていって……
「仕方ないことなんかなぁ、この世に一個だってねーんだよ!」 「学校に行ったら負けだと思っている」 「その謎のペットボトルは……まさか……おまえ禁断の行為を……!」
「 『凄いお兄ちゃん』 なんて、最初からいなかったんだよ」 「そんなことで、お兄ちゃんを嫌いになるわけないじゃん」

「だから。あたしは、あんたのことが嫌いになったんだよ」

兄妹冷戦の真相が、ついに明かされる。重要エピソード満載!!

レビュー
ブラコンシスコン兄妹の冷戦の原因とは

マイエンジェルあやせたんの話の続きはどうしたんだ!とお怒りの紳士諸君。
その魂の叫びはもっともだが一つ深呼吸して本巻を読むべし。

あれだけ盛り上げといて感は強いが、これはこれで非常に重要なお話。
京介が脱力系男子になった原因、桐乃と仲違いした原因、桐乃の過剰なまでのブラコン等、いままで伏せられてきた部分を一気に語ってきた。

空前絶後のモテ期が来てる京介に嫉妬の心冷めやらず

これまで外野に居たと思われた真奈美が、実は誰よりも虎視眈々と伏して機が熟すのを待っていたことが判明。
これは正直怖いレベル…。

京介をさしおいて周りの女性陣の戦闘準備は万端。
ラグナロクばりの大戦争が間違いなく起きる。

クライマックスというか大嵐の予感しかしない引き。

どんな修羅場が幕空けるのかワクテカだが、あやせたんの涙は見たくないな~。
最終巻という大噴火の前にありったけの力を溜め込んだ一冊。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1026-800765ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。