ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

さくら荘のペットな彼女8 (電撃文庫)

2012-12-15

さくら荘のペットな彼女8
電撃文庫
著作名:さくら荘のペットな彼女8

著者名:鴨志田一(かもしだ はじめ)
イラストレーター:溝口ケージ(みぞぐち けーじ)
発行日:2012/10/10


あらすじ
「わたしは空太が好きよ」
「ウチな、神田君のことが好き」
ついに生活破綻天才少女ましろと、声優志望の七海から告白を受けた空太。
空太は二人に修学旅行が終わるまでに返事をすると約束する ──。
そんな中迎えた北海道への修学旅行。七海の友人・繭とやよいの策略で、空太は七海と二人で札幌市内を回ることとなってしまう。翌日には、旅行開始前からましろに頼まれていた取材につきあうことにもなっていて、空太は改めて二人と過ごすことになって── !?
変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、新たな局面を迎える第8弾登場!

レビュー
ましろと七海と空太の恋の始まりと終わり

ましろと七海に告白され、答えを先延ばしにして迎えた修学旅行。
自分に振り向いて欲しいと一生懸命アピールするましろに七海と、自分の想いに真剣に向き合う空太。
この旅で一つの恋が始まり、終わる。

こんな状況だと、ハーレム氏ね!位のリアクションを取ってしまうのだが、本作は何故か暖かく見守っていたくなる。
ずっと言い続けているが、この作品の「青春」描写が大好きだ。

空太を異性として見はじめて距離感が変わったましろ、吹っ切れて(なりきれてない所もあるけど)積極的になった七海。
どちらも大切な存在で、どちらかを選ぶなんて、と思い悩む空太。
こういう場面になるとやっぱり女の子って強いんだなぁと思ってしまった。

ラストシーンは色んな意味で感無量。
切ないけど、よかったなと思うところもある。
きちんと自分と向き合って決めた空太は偉い!

あとがきの筆者の問いかけがやけに心に刺さった。
あとニ巻で完結とのこと。
はてさてどんな展開になっていくのだろうか。

追伸:アニメ版が想像以上に原作のノリツッコミを再現していてクオリティ高し。絵も綺麗だしオススメです。JCやるな!!


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1038-a9d73700

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。