ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2 (ガガガ文庫)

2012-12-26

下ネタという概念が存在しない退屈な世界2
ガガガ文庫
著作名:下ネタという概念が存在しない退屈な世界2

著者名:赤城大空(あかぎ ひろたか)
イラストレーター:霜月えいと(しもつき えいと)
発行日:2012/11/25


あらすじ
「ハートマークって、亀頭にそっくりよね」「静かにしてろ」パンツ泥棒の張り込み中に言っていいセリフではない。ペロリスト・華城綾女の起こした"谷津ヶ森のエロ本騒動"は、PMによって性的な言葉を規制された少年少女に多大な影響を与えた。その結果。《群れた布地》というパンツ泥棒の組織が横行することに……!? 暴走に難色を示す綾女とは逆に、《SOX》の新メンバーである女子中学生・鬼頭鼓修理は、彼らを容認し下ネタテロを加速させようとするが――。世界に誇る下ネタラノベ! 調子に乗って出しちゃう2発目!! よろぴゅぴゅっ!

レビュー
今のラノベ界の先陣を切っちゃってるかもしれん

下ネタのキレが増している…だと…
なんというか、凄いなこの作品は。
なぜセーフなのか全くわからない伏せ字に、口を開けば下ネタしか吐かない人たち。
もうなんか「この下ネタ中二レベルじゃね?」とか思ってた自分が恥ずかしい。
中二レベルでも良いんだよ。これはもうそういう次元を超えている。
ハートマークって亀頭にそっくりとよね。とか、マジで思ったことも無かった角度で責められると感動すら覚える。

下ネタの使い方に磨きが掛かっていて、もうそれだけで笑える。
まさか1巻を超えるインパクトで下ネタの精度が上がるなんて思っても見なかった。
それなりに長いラノベ生活を送っているが、1巻を明らかに超える(酷い)レベル上昇は経験がなくて吃驚。

パンツを求める変態集団「群れた布地」とSOXの生き残りをかけた死闘。
どこまでいっても単なる変態であることに変わらないのに、なぜこんなにも方向性が変わってしまうのか。
変態とはかくも共存が難しく、奥深い存在であったとは。。。

妹キャラ(残虐系)が出てきたり、アンナ先輩の駄目に加速がかかったり、捨て置けない要素が一杯。
内容について何一つ語っていないんだけど、これは…読んでみれば良いんじゃないか?
こういう突き抜け方はここ最近のラノベでは非常に珍しい。
というか、ガガガ文庫編集部は決死のダイブをしてるとしか思えない。

やはり、どこか一つとてつもない長所があるとラノベって輝くんだなぁと思える作品。
ここに来て私的には2012年代表的ラノベとして急浮上してきた。
こういう突っ走りが今のラノベには必要だと思います。


評価
★★★★★☆
(5.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


スポンサーサイト

ガガガ文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1046-e95df74a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。