ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

Fate/Apocrypha (書籍)

2013-01-31

フェイト/アポクリファ1
TYPE-MOON BOOKS
著作名:フェイト/アポクリファ 1 「外典:聖杯大戦」

著者名:東出 祐一郎(ひがしで ゆういちろう)
イラストレーター:近衛乙嗣(このえ おとつぐ)
発行日:2012/12/29


あらすじ
これは外典の聖杯戦争
集いしサーヴァントは14騎

黒のサーヴァント七騎 VS赤のサーヴァント七騎

「さあ、駆けよ! 『この世ならざる幻馬(ヒポグリフ)』!」
「満ちよ。『幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)』!」
「この望みは、紛れもなく正しい。
 だから、全力で叶えなければいけない。
 たとえーー数多の生命を踏みにじることになろうとも」

レビュー
新たなるフェイト、開幕。

Fate/Zeroから6年。新たなるFateが始動した。
今度の聖杯戦争はサーヴァントが合計14騎(!?)。
赤と黒の勢力に別れてぶつかり合う。

外典の名の通り本筋のFate/stay night、Fate/Zeroとは直接繋がりが無いパラレルワールドの物語。
Fateとは別物であるということを念頭に置いて読んだ方が良い。
設定はFateと共通しているが、別シリーズ。

同じように刊行されたFate/Zeroと比べると、より少年向けに作られている印象。
読みやすさとFateらしい適度な重厚さのバランスは良い。

サーヴァントの真名がポコポコ明らかにされていくのがこれまでのFateと一番異なる点か。
14騎もいるサーヴァントをいちいちミステリアスにしてたらキリが無いのもわかるけど、あまりにあっさり過ぎて拍子抜け。

サーヴァントのネタも尽きてきたのか、「これが英霊でいいの?」という連中がちらほら。
全く元ネタを知らないサーヴァントも居たし。そろそろ限界か?と心配になる。

わかりやすさを重視してるのか、知略謀略や相手の裏をかく戦いといったFate/Zeroで胸を熱くさせられた要素は薄い。

どうしてもZeroと比べてしまうので、読了後の印象はあまりぱっとしない。
とはいえまだまだ始まったばかりだし、Fateの名を冠している以上必ず何かあるはずと信じている。
本当に熱い展開になってくるのは次以降だろう。2巻はきっと夏コミだろうからゆっくり待つ。

ちなみに1巻で私が一番衝撃を受けたのは、表紙に居るピンクの髪の子が誰かわかったときだった…

ちなみにこの本は一般書店には無く、下記のお店で取り扱っている。
アニメイト/あみあみ/グッドウィル/ゲーマーズ/ソフマップ/とらのあな/メロンブックス/楽天
私はとらのあなで購入しました。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします


スポンサーサイト

TYPE-MOON BOOKS コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1053-2b6a4b1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。