ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ツルツルちゃん (NMG文庫)

2013-06-14

ツルツルちゃん
MMG文庫
著作名:ツルツルちゃん
著者名:仙田学(せんだ まなぶ)

イラストレーター:吉田誠治(よしだ せいじ)
発行日:2013/05/18


あらすじ
幼なじみの先斗町未来。ファッション誌でモデルをしつつ、学力は学年トップクラスで、しかも抜群の運動能力を誇る。
そんなチートなJKだが、無くて七癖、未来は超のつく潔癖症だった。
未来の五年来の親友で俺が密かに思いを寄せる兎実さんの手帳を未来がたまたま拾ったのが発端だった。
潔癖症を発動させた未来は、兎実さんの頭をツルツルに剃ろうと…。
超新感覚・学園ツルツルストーリー。

レビュー
よくわからないが狂気を感じる。がしかし・・・

超出来の良い幼なじみの未来、そんな彼女にいつも振り回されている映一、そして未来、映一と長い付き合いの兎実ふら。
仲良くやってる三人だったが、ある日未来がふらの日記を拾ったことで事件が起こり…

とか冒頭のあらすじをまとめてみたものの、読み終えてもどうにも話が繋がらない、腑に落ちない。
私の理解を超越してしまっているのかもしれないが、どうも物語の構成、キャラ作り、キャラの一貫性、と言ったところに難を感じる。

ツルツルちゃん、という題名から当初から毛を剃りに行くのかと思いきやそうでもない。

才色兼備(のはず)の未来は、イマイチ輝いているシーンが弱い(あっただろうか)。単なる色モノにしか見えない。
幼なじみキャラとしても良くあるパターンだし、「冴えない彼女の育て方」の英梨々に近いカテゴリなんだろうけど、英梨々と違って魅力が全く伝わってこない。
チート性が伝わってこないのが最も問題か。
映一は単なる高校生すぎて何も特徴が無く、特徴が無いことが特徴にすらなっていない。単なる語り部にしても弱い。
ふらは(映一目線では)清純な女の子と見せかけて、実にビッチ的で好感度が上がらない。(でもキャラとしては一番尖ってる)

未来が潔癖性というのを想起させるエピソードが少なくかつ唐突で、いきなり毛を剃るぞ!みたいになって何で?!となる。
話の一つ一つに繋がりが見出せない。

途中から置いてけぼりというか、むしろ放り出された感すら漂う状態で読み進めていたが、結局最後まで「良くわからない」で終わってしまった。

私にとっては理解不能、と言わざるを得ない。
では、色々な解釈がありうるか?というと、そこまでの深みも感じ得ない。
未来=奇行者、映一=謎の葛藤に悩んで何もしない奴、ふら=ビッチ。
もはやこんな単純な図式が出来上がってしまった。

私には正直どうしていいかわからない作品。

冒頭でも記載したけど、狂気らしきものは感じる。
だけど、理解が及ばなくても面白いのと、何が何だかわからない、は違うと思う。

行間を想像で埋め尽くすことの出来る方には良いが、そうでない方にはオススメできない。


評価
★★★
(3)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします




スポンサーサイト

MMG文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1092-776e49bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。