ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)

2013-06-15

世界の終わり、素晴らしき日々より3
電撃文庫
著作名:世界の終わり、素晴らしき日々より3

著者名:一二三スイ(ひふみ すい)
イラストレーター:七葉なば(ななは なば)
発行日:2013/06/07


あらすじ
突如、人類のほとんどが消えた終わってしまった世界。そんな世界を古いトラックに乗って旅するチィとコウ。
敵対する近隣国『高国』の皇子で、コウの幼馴染みだった彼の足跡を追い、2人は未だ争いが続く北海道を目指す。しかし、北上すればするほど戦火は激しさを増していくのだった……。
「一緒にいきたい」。そう誓った2人の目に映るものは――壊れかけの家族、兵士のプロポーズ、遺書、一発の銃声……。別れのときはすぐ目の前に近づいていた。
そしていくつも季節は巡り、素晴らしきこの世界は――。

レビュー
一度終わった世界で、それでも続く素晴らしき日々は。

コウの想い人を探すため、北海道に向けて旅を続けるコウとチィ。
一度壊れてしまったけど、世界が終わりをきっかけにやり直しをしている家族、言葉は通じ無いけどお互いを想い合う兵士と女の子。
旅の途中で出会う人々は、終わった世界に絶望することなく前を向いて生きていた。

北海道を目指しながら、色々な人と触れあい変わっていくコウとチィ。
二人ともとても強く、優しくなったと思う。

北の地で起こる事件と、その結末は悲しいものではあるけれど、それでも折れない強さを手に入れた二人に感じ入る物は多い。

終わった世界を、それでも一生懸命に生きる人々。
沈んだ展開が多い一般的な終末系物語とは違い、苦しくても明るく生きるこの世界の人たちに勇気付けられることが沢山あった。

このお話がしっかり完結されて本当に良かった。
満たされた気持ちで最後のページを閉じることが出来る。
これがいかに幸せなことか。

終わった世界で営まれる、素晴らしい日々の軌跡をあなたにも是非読んで頂きたい。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1093-e2f63b04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。