ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

神さまのいない日曜日VIII (富士見ファンタジア文庫)

2013-08-21

神さまのいない日曜日8
富士見ファンタジア文庫
著作名:神さまのいない日曜日Ⅷ

著者名:入江君人(いりえ きみと)
イラストレーター:茨乃
発行日:2013/07/25


あらすじ
黒面の向こう側に現れた新世界。世界は救われ、封印都市は新たな街に生まれ変わろうとしていた。そしてアイも、新たな自分を見つけ始める。「アイ・アスティンは、始まりを見守るものでありたい…それがきっと『私』なんです」夢が果ててもなお、たくましく変わりゆくアイ。そんなアイを目の当たりにしたアリスは―。そんなとき、黒面からもう一人の少女が降り立つ。「私は世界を救うのよ」夢に生きる少年と少女の物語は、再び交わるのか―?

レビュー
過去の自分と同じ夢を持った少女の出現。

突如黒面を超えて現れたのは年端の行かぬ少女。しかし彼女は万能とも言える能力と、やっかいな夢をもっていた…

黒面の向こう側に行っちゃって「魔界編」とかにならないかと懸念していたけど、
向こうからトンデモキャラクターが飛んできた。ヨソウガイです。

夢を諦めて、それでも幸せを見つけつつあったアイ。
そこにかつての自分と同じ路を行く少女が現れる。

本当に世界を救いうる力を持った少女と、それでも救いきれない世界のジレンマ。
世界を救えずに壊れていく少女と、そんな少女を殺そうとするアリス。
突然舞い降りてきた救世主が世界を滅ぼす。
とても歪で、救われない話が展開している。

夢を諦めたアイが随分悟ったようになっていて、これまでの無茶がまるで嘘のよう。

もはやこのシリーズで「どうしてこうなった」とは思わない。
来る物拒まず読む体制が出来ているからだが、超展開に違和感を感じないっていうのが凄い。
前科が成せる技だ。
このシリーズの内容説明するのは困難を極めるため、もう細かいことは書かない(ぉ

7巻まで読んで8巻読まない理由は無い。読まなくなるならもっと早い段階でドロップアウトしてるだろうしね。
さて、次巻が最終巻になるらしい。
ちゃんと終わるのか、どんな終わり方で締めるのか、関心は尽きない。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

富士見ファンタジア文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1107-1f6a37cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。