ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)

2013-08-25

ロウきゅーぶ!13
電撃文庫
著作名:ロウきゅーぶ!13

著者名:蒼山サグ(あおやま さぐ)
イラストレーター:てぃんくる
発行日:2013/07/10


あらすじ
いよいよ始まったそれぞれに因縁を持つ硯谷女学園との公式試合。六年生&五年生の頑張りに硯谷も全力で向かってくる。そんな一進一退の白熱する展開の中、慧心女バスにアクシデントが発生し……。
「しっかりとあたしの役目をはたすぜ!」(三沢真帆)
「ゆうじょう、ほほえみ、ふぇあぷれー」(袴田ひなた)
「わたしたちのバスケを守らなくちゃ!」(香椎愛莉)
「ふふ……。みんな、本当にありがとう」(永塚紗季)
「私たちにできる最高のバスケを形に!」(湊智花)
 エースとして先輩として自覚を持ち始めた未有に加え、確実に力を付けた綾とトリッキーな怜那。さすがは強豪校の硯谷だが、智花たちには彼女たちの武器がある! はたして試合の行方は──!?

レビュー
最後はガッツリスポコンやってくれたぞ!

アニメ第二期も順調な中、本編が感動のフィナーレを迎えた。
熱いまま前巻でお預けとなっていた硯谷戦。
勝負を決める後半戦に見所が無いわけがない。

過去の対戦から大きく成長したのは慧心のメンバーだけじゃなかった。
切磋琢磨してこそのスポーツ。
相手が伸びなければこっちも伸びない。
押して押されてのシーソーゲームに、スポコンの素晴らしさを再確認する。

グイグイ成長していく彼女たちの姿を見るに「小学生は最高だぜ!」の台詞を笑ってもいられなくなる。
(まぁ昴師父は犯罪者だが。)

実は一番凄くなったのは智花じゃなくて愛莉だったなぁと実感。
センターとして、チームの柱としてゴール下を護るあの絶対性。どこぞのゴリさん並の安心感を感じた。
ゴール下の攻防は間違いなく一つの見物。

小細工無しの全力VS全力。
慧心と硯谷の戦いの決着には、まさに手に汗握ることになること間違いなし。
奇策を用いないガチバトル。
このシリーズでこんな熱い試合が読めるとは思わなかった。

総力戦の行方はまさに必見。
私が求めていたロウきゅーぶ!が最後に読めただけでもう何も言うことはない。

ロリもいいかもしれないけど、やっぱりスポコンでしょ!


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★★
(5)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1108-d9e75a3d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。