ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

2013-08-26

ビブリア古書堂の事件手帖4
メディアワークス文庫
著作名:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

著者名:三上延(みかみ えん)
イラストレーター:越島はぐ
発行日:2013/02/22


あらすじ
珍しい古書に関係する、特別な相談 ── 謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが ──。

レビュー
江戸川乱歩の古書にまつわる数奇な謎に挑む。

これまでは一冊で複数作品を取り上げる短編形式だったが、今回は一冊を通して江戸川乱歩を取り上げた長編。

とある乱歩コレクションの買取依頼から端を発する本と人が絡み合う謎。
そして栞子さんの母・智恵子の突然の帰還。
江戸川乱歩の作品に絡めたミステリーの精巧さに、智恵子というトリックスター的な人物が加わって物語に一層の深みが出た。

本に対する忘れ得ない愛情と、裏返しのような憎しみ。
子どもの頃に読んだ本を楽しそうに話す人たちの姿がとても印象的だった。
私にもそういう原風景のような作品はあるもの。
様々な愛憎を読み解いて明かされていく謎と、頑なに隠される真実。
探偵モノじゃない本作だけど、読み進めていくなかで手に汗握るシーンはいくらでもある。

本をみて人を見ていなかった栞子さんにも変化の兆しがあったのが進展の一つ。
次巻以降ではこれまでとは違ったお話がされることが期待できる。

シリーズとしてもそれなりの動きがあって、でも単体のお話としても最高クラスの出来の素晴らしさ。
読まないことは損と言わざるを得ない出来上がり。

とても読み応えがあった。
ドラマは見る価値無いけど、原作は読まないことはあり得ない!是非読んでみて!


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

メディアワークス文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1110-8559288a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。