ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

暦物語 (講談社BOX)

2013-09-01

暦物語
講談社BOX
著作名:暦物語

著者名:西尾維新(にしお いしん)
イラストレーター:VOFAN
発行日:2013/05/20


あらすじ
“ただそれでも、できることは全部やりたくなるじゃない”美しき吸血鬼と出逢った春夜から、怪異に曳かれつづけた阿良々木暦。立ち止まれぬまま十二ヶ月はめぐり“物語”は、ついに運命の朝を迎える。

レビュー
ホントに突発的に書かれたっぽい。

「100%突然書かれた小説です」の名の下、発売されている物語シリーズその・・いくつめだっけ?
終物語が来ると思いきや、なんか入り込んできた暦物語。
タイトル的には凄く意味深。
中身は、これまでのお話の中継ぎエピソードの詰め合わせ。
表紙が影縫さんであることの意味は読み取れず。
要は短編集的な感じです。

それぞれのヒロインのお話毎に、穴を埋めるようなエピソードが作られている。
穴を埋め過ぎて、道が膨らんじゃってるけど。返って歩きづらい感じになっちゃってるけど。

物語シリーズの軽い部分が詰まった感じ。
言葉遊びの妙と、ノリの軽さのバランスが大好きです。
最後のエピソードが急に重くて眠くなってしまったのは秘密だが。。。

憑物語から、終物語に入るまでの中継ぎであることは間違いない。
ぶっちゃけ、この本読まなくても終物語読む上で違和感は無いだろう。

西尾維新を楽しみたければ絶対読むべし。
物語シリーズを追いかけたいというだけの方は、読まなくて良いと思う。

物語シリーズの楽しみ方が問われる本。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします



スポンサーサイト

講談社BOX コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1111-2093dc17

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。