ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)

2013-09-11

はたらく魔王さま!9
電撃文庫
著作名:はたらく魔王さま!9

著者名:和ヶ原聡司(わがはら さとし)
イラストレーター:029(おにく)
発行日:2013/08/10


あらすじ
実家に帰省したまま戻ってこない恵美と、ガブリエルに攫われた芦屋を救うため、異世界エンテ・イスラへ向かうことを決めた魔王たち。必死でバイトのシフトをやりくりする魔王を尻目に、着々と準備を進める鈴乃。ホームセンターで何を持って行くかについて喧嘩したりしながらも、二人はエンテ・イスラを目指してゲートに飛び込む。
一方、エンテ・イスラへと帰省した恵美がオルバの手に落ちた理由とは何だったのか? アラス・ラムスと共に生まれ故郷の村へと向かった恵美は、食事にトイレ、その他たくさんの日常的な困難を乗り越えながらも実家にたどり着く。そして、父ノルドの残した膨大な記録の中からある秘密に気が付く。それは世界の成り立ちに迫るものだった。そのとき、オルバ率いる天使たちが現れて……?
魔王たちは恵美と再会できるのか!? 異世界でも相変わらずの庶民派ファンタジー、今回はファンタジー成分多めでお届けです!

レビュー
魔王も参戦し、舞台はエンテ・イスラへ本格移行!

恵美が帰ってこなくなってから、魔王がエンテ・イスラに向かうまでの中継ぎ的な一冊。
恵美が捕らえられるまでの詳細から、魔王がどれだけ大変な調整をしてエンテ・イスラに向かうのかが描かれている。
というか、魔王様…調整の模様がリアルすぎて泣けます。

合間合間に恵美と魔王の過去のエピソードも絡めつつ、本筋をきめ細やかに補完してくれている。
ストーリー自体に大きな進展は無いものの、「魔王さま!」シリーズに深みを与えてくれる良い内容。

芦屋の本気が見れたり、鈴乃の気持ちにニヤニヤできたり。
魔王さまファンには何一つ物足りないところなど無い。

中継ぎであることに間違いは無いのだけど、満足感はとてつもなく高い。

次の巻に向けて力を溜めているのにも関わらず、この面白さ。
たまりません。

謀略渦巻くエンテ・イスラを、魔王と勇者がどうやって乗り切るのか。
想像するだけでも楽しい。早く次巻が出て欲しい。


評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1113-a0f918e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。