ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

2014-01-31

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。I ―Time to Play―〈上〉
電撃文庫
著作名:男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。I ―Time to Play―〈上〉
著者名:時雨沢恵一(しぐさわ けいいち)

イラストレーター:黒星紅白(くろぼしこうはく)
発行日:2014/01/10


あらすじ
僕は、硬い床に背中をつけて横たわっている。水色で薄手のセーターを纏った彼女の両腕が、僕の首に伸びている。彼女の手は、とてもとても、冷たい。それは、まるで、鎖のマフラーでも巻かれたかのようだ。照明からは逆光になるので少し薄暗い、彼女の顔。彼女は泣いている。見開かれた大きな瞳から、セルフレームの眼鏡のレンズ内側にぽたぽたと涙を落としている。
「どうしてっ!?」。叫び声と共に、さらに強烈な力が僕の首に加わる。まるで痛くはない。そのかわり、頭の中で――、真っ黒な墨が一滴、音もなく落ちた。その黒い染みは、じんわりと広がり始める。
「どうしてっ!?」。彼女が再び叫んだ。どうしてこんなことになったのか――それは僕が知りたい。

レビュー
時雨沢流ライトノベルができるまで

タイトル長ぇよ!
そして主人公がラノベ作家。
エロマンガ先生といい、他の作品といいラノベ作家を主人公にするの流行ってるのか?と思ったら、もっと早くからプロットは思いついてたらしく、
流行りに乗ったとか思われる前に出版せねば!と思って書き上げたそうな。
でも結果的に流行りに乗ったみたいになってしまった。時期が悪かった。残念。

タイトル通り、ラノベ作家の主人公がクラスメイトの女の子に首を絞められながら走馬灯を見る話。
その走馬灯は、女の子にねだられて自分のラノベの書き方を語るというもの。

作家になる素地となった子供時代の話、そして作家になったきっかけから、プロットの練り方、プロット完成後の執筆作業、シリーズものの書き方etc・・・
主人公の過去のエピソードに乗せて、一人の作家がどうやって小説を書き上げていくかが語られていく。

この本で語られているのが時雨沢先生の実際のやり方と同じかはわからない。
でも、当然にして時雨沢流が混ざりこんでいるだろう。
作家がどうやって一冊の本を作り上げていくのかが段階を踏んで細かに描写されていて、読み物としてとても興味深かった。

一番なるほどねぇと思ったのは、「書けると思ったら全然小説が書けなかった」というエピソード。
誰もが一回は「自分だって書こうと思えば小説くらい書ける。こいつよりもっと面白いのが。」なんて思ったことはあるんじゃないだろうか。
それがどうして出来ないのか、という一つの答えというか見解が私にとってとても的を射たものに思えた。

私もこういうレビューのアウトプットですら苦労しているわけで、それが小説なんてものになったらと置き換えたら・・・うんまず無理。

この本はラノベの書き方を語ったハウツー本ではない。
あくまで、一人の作家の(聞く相手はいるけど)長ーい一人語り。だからこそ、作家の生態の一つを表してる。

どうしてクラスメイトに首を絞められているのかは一切わからない素敵仕様。
首を絞めてる女の子が悪女っぽくてどうも好きになれなかった。

これ下巻どうなるんだろ。さっぱり展開が読めない。


評価
★★★★
(4)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1129-22c0f6bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。