ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

水木しげ子さんと結ばれました (電撃文庫)

2014-03-07

水木しげ子さんと結ばれました
電撃文庫
著作名:水木しげ子さんと結ばれました

著者名:真坂マサル(まさか まさる)
イラストレーター:生煮え(なまにえ)
発行日:2014/02/10


あらすじ
僕と彼女は「赤い糸」で結ばれている──
死の運命を結ぶ糸が織り成す、愛しくて狂った物語。

 今日は転校初日で、学校に着いていなければいけないのに、僕は今、死体を埋める穴を掘っている。そんな僕の左手の「ある存在」――それを追って振り返ると、僕以上に血みどろで、死体をいじくる女の子がいる。
 ――水木しげ子さん。
 僕の想像していたのと全然違う、可愛くて恐ろしい女の子。でも、彼女こそ僕の運命の人に間違いない。
 だって、あまりにも完璧な、人形みたいに美しい彼女の左手の小指は、僕の左手の小指と「運命の赤い糸」で結ばれているのだから――。
 殺し合う者たちを結ぶ「赤い糸」で結ばれてしまった、ちょっとおかしな少女と少年。
 二人に次々と訪れる数奇な殺し合いの「運命」と、その未来に訪れる結末とは――?
 今年だけの〈20回記念特別賞〉受賞作、ついに登場!

レビュー
小指を結ぶ赤い糸は、とある「運命」を示す呪いの証

「水木しげ子」と見て、速攻で水木しげるを連想しました。でもそんな人結構いるんじゃ無い?
全く関係ない話から入ってしまって申し訳ない。

第20回電撃小説大賞<20回記念特別賞>受賞作品。
今回だけの記念特別賞ということらしいけど・・・他の賞よりは少し下がるってことかしら。

でも、今のところ今年の受賞作の中で一番面白い。

通り魔に襲われて突然見えるようになった赤い糸。
それは「結ばれたもののどちらかがどちらかを殺す」という運命を示すもの。
主人公の朝生は転校初日に自分と糸が結ばれた女の子・水木しげ子さんと出会い、奇妙な出来事に遭遇していく。

シュールで猟奇的なラノベミステリー作品。
短編的に赤い糸にまつわるいくつかのエピソードが描かれているが、どれも一癖あって読み応えは十分。
予想の斜め上をいく変人・水木しげ子さんと、モブ的一般人かと思いきや意外と肝が太くて男前な朝生君がとても良いコンビ。
痛すぎずグロすぎないので、作品が重くなりすぎておらず、その点も好印象。
次へ次へと読者を誘う魅力的な文章で物語が紡がれている。

ただし、話のネタ的に好き嫌いははっきりでるだろう。
甲田学人先生や、入間人間先生の作品が好きな人なら間違いなく好きになれると思う。
仕上がりとしては両先生より取っつきやすくさらりとした味わいだが、読了後に残る独特の味わいがある。

ちょいちょい強引なロジックはあったりするけど、作品の全体感からすればまぁ些細な問題。
ただ、ラストのオチだけはどうも頂けない。
というか、強引過ぎて頭がついていけなかったのか読んだ30分後にラストシーンを忘れるという事態に。。。
たぶんあと数日したらまた忘れる。

それさえ無ければ★5だったんだけど・・・逆に言うと伸びしろがかなりある作品だということ。

この作品は面白くなる。今年の受賞作で初めて次巻が買いたくなった。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★
(3)


一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/1134-84d1436f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。