ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険

2007-01-23

ゼロの使い魔外伝・タバサの冒険
MF文庫J
著作名:ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険

著者名:ヤマグチノボル
イラストレーター:兎塚エイジ(うさつか・えいじ)
発行日:2006/10/30


あらすじ
ふたつの月が空を彩る異世界ハルケギニア。そこでトリステイン魔法学院に通う少女・タバサには秘密があった。彼女の母国ガリアから彼女に与えられた地位は騎士(シュバリエ)。中でも極秘裏に任務を行う「北花壇警護騎士団」の一員なのだ。胸に秘めた目的のため、タバサは使い魔である風竜・シルフィードとともに任務に向かう……。

レビュー
個人的メガヒットシリーズ・ゼロの使い魔の外伝。

まだまだあった隠し球!!

その無口で読書好きなキャラから「どこの長門?」と言われてしまっているタバサ。
そんな彼女を主人公に据えて話が出来るのか?という一抹の不安があったのだが、そんなものは見事に吹き飛ばされた。

タバサの代わりにしゃべるキャラがこんな身近に!
使い魔のシルフィが物凄くツボにはまった。
まだ居たか!強インパクトキャラ。
やばい、この子可愛い。「きゅいきゅい」がたまらない。その幼げな口調がたまらない。
(精神)年齢の設定も見事な塩梅だから、タバサとのやりとりが非常に楽しい。
良くしゃべるシルフィに重度に無口なタバサ。このコンビのバランスが絶妙。

話の最初と最後にあるタバサとシルフィの会話(というかシルフィの独り言)がとても笑える。そして和める。
やはりヤマグチ先生は物語を締めるのが上手い。
ちょっと暗くなるような事件も、こういったほんわかした会話で終わらせるから嫌な後味が一切残らない。

本編ではわかりにくいタバサという少女のことが良くわかる一冊。
これを読めばタバサを長門なんて言うことは無くなるだろう。
長門よりも相当に熱いモノを秘めてる女の子だった。そして素晴らしい(笑いの)相方を所持していた。
期待していた以上の作品だった。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/117-c2578b06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タバサの冒険 ゼロの使い魔外伝/ヤマグチノボル

2007-01-27 ラノベ365日

タバサの冒険 ゼロの使い魔外伝ヤマグチ ノボル メディアファクトリー 2006-10by G-Tools 【&quot;雪風&quot;のタバサには秘密があった。母国ガリアが彼女に与えた役目は北花壇騎士。胸に秘めた目的のため、タバサは使い魔である風竜・シルフィードとともに過酷な任務へ向

ゼロの使い魔

2007-04-07 検索キーワードRSS情報

『ゼロの使い魔』(ゼロのつかいま)は、MF文庫Jから刊行されているヤマグチノボルのライトノベル。また、これを原作とする漫画、アニメ、ゲーム作品である。

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。