ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とある魔術の禁書目録⑧(8)

2007-02-07

とある魔術の禁書目録8


電撃文庫
著作名:とある魔術の禁書目録⑧(8)
著者名:鎌池和馬(かまち かずま)
イラストレーター:灰村キヨタカ(はいむら きよたか)
発行日:2006/01/25

あらすじ
常盤台中学は、生徒が全員 “お嬢様” という名門校。
学園都市全ての女子生徒が入学を夢見る、憧れの学び舎である。

ある日、体育の授業を終えた美琴がシャワーを浴びていると、隣から白井黒子が声をかけてきた。
黒子は学園都市の治安を守る “風紀委員<ジャッジメント>” であり、空間移動<テレポート>能力を持つ少女――。

「たまにはお姉様と一緒にお買い物したり、ケーキを食べたりしたいかな―って」
美琴はその誘いを承諾し、2人は放課後、ショッピングへと出かけるが……。

それが、黒子の長い長い一日の始まりとなった。
憧れのお姉様・御坂美琴の本当の姿を知る、長い長い一日の……。

レビュー
これだよ!こういう展開を待ってたんだよ!

禁書目録シリーズ8巻目、今回はガチな科学サイドの話。
7巻の魔術話で転けてたからちょっと不安があったが無駄な心配だった。

問答無用の超能力バトル。今回は白井黒子をメインに据えてきた。
いつぞやに破壊したツリーダイアグラムを巡る闘争。そしたら出てくる大量の妹達とその姉と一方通行。
各々の能力の長短、それを解った上での心理戦、敵の能力の考察、それに対する対抗策の練り上げなど魔術サイドの話より情報量が多いと思う。

科学側の話はうまい具合に登場人物が絡み合ってるから、それぞれが自らの目的と利益のために動いてもどこかで交差する。
その交差のタイミングが絶妙だった。
「とある魔術の」って題名だけど、科学サイドの設定の方が面白いしかつキャラが立ってる気がする…。

前巻と同じく当麻は殆ど出てこないが、それでも前巻とは質が違う。
活躍しきれてなかったけど決めるところは決めていた。
ピンチでやってくるヒーロー。ベタだけど彼はそれでいい。

当麻中心だったこれまでの話の構成方法はそのままに、中心人物を黒子に変えてきた工夫は非常に良いと思う。
マンネリ打破かつ、シリーズとしての面白さは損なわれてない。

しかし…美琴可愛いなぁ(ぉ


評価
★★★★★
(5)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/125-ce922d2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。