ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

皇帝ペンギンが翔んだ空

2007-03-20

皇帝ペンギンが翔んだ空
電撃文庫
著作名:皇帝ペンギンが翔んだ空

著者名:祭紀りゅーじ(さいき りゅーじ)
イラストレーター:Kアニキ(けーあにき)
発行日:2006/11/25


あらすじ
元不良少女と陽気な幽霊たちのハートウォーミング・ノベル。

元不良少女のリーゼロッテは、純白の古城 『白鳥城』 で管理人として働いている。
心優しい街の人々と白鳥城に住む陽気な幽霊たちに見守られながら、平和な日々を送っていた。
ある日、彼女のもとに同じ孤児院で姉妹同然に育った少女・ヨハンナが現れる。
それは平和な街に起こる事件の予兆だった!

レビュー
看板には偽りあり。

タイトルの「皇帝ペンギン」は欠片すら出てこない、その点はご注意を。
広告の通りハートウォーミング系に分類されるであろう物語。

ガサツだけど面倒見の良い姉御肌のリーゼロッテがとても良い味を出している。
いわゆる元ヤンキーで、言葉遣いも荒っぽいし、子供相手に本気出しちゃうこわいお姉さんだけど、
それが彼女の人間性を表していて、こさっぱりと気持ちよい。

脇を固めるヨハンナ、ポーやマルガレーテも強烈なインパクトが有り物語にアクセントを加えている。
リーゼに素直に頼り切れないヨハンナ。ヨハンナに強く出れないリーゼのやりとりにはヤキモキされられる。
その辺の描写もとても自然。

コミカルな部分も多く含まれていて、特にリーゼのどこのギャグマンガのキャラクター?と思わせる台詞や行動には多分に笑わさせて貰った。

ただ、キャラクターの魅力にストーリーがついていっていないような印象を受ける。
幽霊の立ち位置も判然としないし、悪役のエルンストもどうにも陳腐。
最終的に幽霊達が必ずしも物語に必要だったのかと思える。
事件の締め方は非常に渋いものだったのでいいにしても、どうにも全体的に薄い。
某婦人に全部喰われてしまった感じ。
あんなハードボイルドは反則だろう。

+の要素も多かったけど、-の要素が気になってしまって感動しきれなかった。残念。


評価
★★★☆
(3.5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/146-8075e30d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皇帝ペンギンが翔んだ空

2007-03-22 Alles ist im Wandel

皇帝ペンギンが翔んだ空posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.21祭紀 りゅーじ〔著〕メディアワークス (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る いやー、おもしろかった。 電撃の06年11月新刊はほとんど積んでるんだが、もっと早く

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。