ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

斬魔大聖デモンベイン ド・マリニーの時計

2007-03-24

デモンベイン ド・マリニーの時計
角川スニーカー文庫
著作名:斬魔大聖デモンベイン ド・マリニーの時計

著者名:古橋秀之(ふるはし ひでゆき)
イラストレーター:Niθ
発行日:2006/12/31


あらすじ
秘密結社ブラックロッジに追われる、機械仕掛けのウサギ娘。彼女は【魔導書】アル・アジフのページの断片だった――! 表題作「ド・マリニーの時計」ほか2編を収録して贈る、鬼才による究極のデモンベイン小説集!

レビュー
まさかの古橋デモンベイン第三弾!

軍神強襲で打ち止めだと思われていたデモンベイン古橋版外伝の第三弾。
無いと思っていただけに非常に嬉しい一冊。
ザ・スニーカーに収録されていた分に書き下ろしを加えれば一冊分に出来そうだからということで実現したらしい。

原作に加えて、最新作の「機神飛翔デモンベイン」をプレイしてから読むとより一層楽しめる仕様。
表題の「ド・マリニーの時計」は機神飛翔に初めてその名前が出てくる。伏線的内容を含んでいるのは事実。
ただ本来のストーリーには全く関係ない話なので、キャラの相関関係がある程度わかっていれば十分楽しめる。

内容は一冊を通してのドクター・ウェスト本。
どこを見てもドクター・ウェスト。大西教授大暴れ。
ドクターファンには堪らない。アンチドクターにも堪らない。
古橋先生の描く荒唐無稽っぷりも健在。
どのようにして彼のドクター・ウェストが出来上がったのか、意外な事実が明かされてファンには嬉しい限り。
その形成にシュリュズベリイ先生が絡んでいたことも笑える。

複数の短編のうちの一つ「ド・マリニーの時計」は、時間を操るページモンスターのエピソードだが、その「時間」というネタの使い方がとても上手である意味無茶苦茶荒唐無稽。
あとがきにも書かれていたことだが、「ある日、爆弾が落ちてきて」のような時間モノの話は古橋先生の得意技なのかもしれない。
トリッキーなネタで楽しませてもらった。

デモンベインファンと古橋ファンを兼ねる私には非常に満足な一冊だった。
願わくば次の外伝をまた、いつか。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします



スポンサーサイト

角川スニーカー文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/148-6687e3f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。