ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

108年目の初恋。

2007-05-19


ファミ通文庫
著作名:108年目の初恋。

著者名:末永外徒(すえなが ほかと)
イラストレーター:とりしも
発行日:2007/02/09


あらすじ
旧校舎【わたし】、解体寸前です──
この春私は『旧校舎』になった。ずぅっと生徒を眺めてきたのに、立ち入り禁止の旧校舎になんて、もう誰もやって来ない。寂しくしていた私のところに、ある日、ひとりの少年・新(あらた)が、探検に忍び込んできてくれた。もちろん私は大喜びで、ワクワクと観察していたのだけれど、危ない場所へと踏み込む彼に、思わず声をかけてしまう。どうしよう。もう人とは関わらないって決めたのに──。人と人ならぬモノとの初恋をピュアに描く、第8回えんため大賞優秀賞受賞作。

レビュー
人と人ならぬモノの恋。これは良いモチーフだ。

第8回えんため大賞優秀賞受賞作。
大賞と言うからには捨て置けない、そんな動機で手に取った一冊。

結論から言うと、嘘でしょう、これ。
大賞と名の付く作品のクオリティとはちょっと思えなかった。

わたし、こと校舎のコウ(このネーミングもどうかと思うのだが)は今年建造108年目。
そしてこの春、旧校舎になってしまった。
ずっと見てきた生徒達の姿が見れない、誰も来ない、寂しい。
そんな切なさがにじむ駆け出しは中々によろしかった、のだが…。

折角目を引く設定を持って来れたのだから、それを活かすストーリーを構成して欲しかった。

ピュアなラブストーリーというふれ込みではあったのだが、如何せんピュアすぎる。
新は実年齢相応にあまりに幼い。
コウにも108年目の旧校舎という設定はどこへやら、只の女子中学生のような振る舞い。
この女子中学生化で全てが終わってしまった感がある。

二人ともラブストーリーをやるにはちょっとばかし力不足。
そこに悪魔祓いだの、付喪神だのといった要素が入り込み良くわからない方向へ話が進み…。
物語に出てくるファクター同士の相乗効果が一切見受けられなかった。

108年という長い年月を生きたコウの深みが殆ど見受けられなかった。108年って何?

新があまりに幼すぎて好きになれなかったこと、ラブストーリーという展開とは言えなかったこと、その他諸々。
色んな事情により、面白くなかったという結論に達しました。
褒めるべき所がこれといって思いつかない・・。

辛口になってしまったのは、大賞という肩書きへの先入観も一つの原因。



評価
★★☆
(2.5)

一押しお願いします



スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/171-54d29a3b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[書評][末永外徒][108年目の初恋][魔物/妖怪][恋愛][★★★]108年目の初恋。

2007-05-19 いつも感想中

108年目の初恋。 作者: 末永外徒, とりしも 出版社/メーカー: エンターブレイン 発売日: 2007/01/29 メディア: 文庫 これは、いいなあ・・・青春だなあ、若いなあ、初々しいなあ・・・まあ、特に起伏があるような無いような物語ではあるんですけど。 ストーリー まあつまり

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。