ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ミミズクと夜の王

2007-05-20

ミミズクと夜の王
電撃文庫
著作名:ミミズクと夜の王

著者名:紅玉いづき(こうぎょく いづき)
イラストレーター:磯野宏雄(いその ひろお)
発行日:2007/02/25


あらすじ
絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。
額には 「332」 の焼き印、両手両足には外されることのない鎖。
自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。
願いはたった、一つだけ。

「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」

死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。
全ての始まりは、美しい月夜だった。
―― それは、絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。

レビュー
優しい気持ちになれる一冊。

栄えある第13回 電撃小説大賞<大賞>受賞作。
尋常じゃない筆力。圧倒的な世界。
ただ、ミミズクが夜の王と出会い、愛されることを知っていく物語。
色々な感情を「知って」いく物語。

ライトノベルに新風を吹かせたいと言う電撃文庫の意思表示だろうか。
他の受賞作3作品とは全くベクトルが違う。
ぶっちゃけるとラノベともベクトルを別にしている。
最大のレーベルがこういった方向で攻めてくると、少しは風向きに変化が起こるかもしれない。
実力は圧倒的だがカテゴリエラーな気もする。
それでも大賞であることを納得させられてしまう何かが、この作品にはある。

世界平和は一家団欒のあとに」のレビュー後半で書いたことにはこういった考えがあってのこと。

間に一枚もイラストが無い、それが上手く雰囲気を出している。
この物語をたとえるなら昔話というべきか。
遠い遠いむかし、とある夜の森での愛の物語。
絵本を小説にしたような、そんなイメージも湧いてくる。
有川浩先生が「お伽噺」と評していたが、まさにその通り。

ファンタジー…とはちょっと違う、SFでももちろんない、ミステリー?んなわけない。
と言った具合に、どんな物語?と聞かれるとこれまた難しい。

内容について私が云々書くより、読んで貰った方が話が早い部類の本。
損をさせることは絶対に無い。ラノベ読者じゃない人にもこの本は薦められる。
むしろラノベ読者が大賞と思って読むとイメージとのギャップに苦しむことになるかもしれない。
それくらいこれまでと違う。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 4 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2007-05-21 勇次 [URL]

このブログで、ラノベにはまりました。
更新楽しみにしてます。頑張って下さい!!

編集

2007-05-22 ラノベドランカー [URL]

>勇次さん
はじめまして!
ご声援ありがとうございます。
これからもラノベに興味を持って頂けるようなレビューをしていきたいと思います。

編集

はじめまして

2008-02-06 たうだう [URL]

こちらのブログで「ミミズク~」の評をみて興味を持ち読み始めたのですが、
思いのほか涙してしまい
読後は、しばらくその雰囲気に浸ってしまいました。

こちらのブログを見ていて
他にも読みたいラノベが出てきたのですが、
最近のラノベは表紙絵が可愛すぎて、
三十路を過ぎた自分としては
購入が恥ずかしいですね。

これからも更新楽しみにしています♪

編集

2008-02-08 ラノベドランカー [URL]

>たうだうさん
はじめまして!
ミミズクはラノベの中でも圧倒的な世界を持っている作品ですね。一年経った今でも物語をはっきり覚えています。

私はいつも仕事帰りにスーツでそれ系のお店にて買っているので恥ずかしさとはもはや無縁の世界の住人だったりしますw

ラノベは入れ替えが激しくて過去の作品は店頭に無い場合が多いので、Amazon等を活用すれば色々一石二鳥かもしれません。

では、これからもどうぞよろしくお願いします!

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/172-daf489bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。