ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ブルースカイ

2007-06-29

ブルースカイ
ハヤカワ文庫
著作名:ブルースカイ

著者名:桜庭一樹(さくらば かずき)
発行日:2005/10/10


あらすじ
西暦1627年、ドイツ--魔女狩りの苛烈な嵐が吹き荒れるレンスの町で、10歳の少女マリーは〈アンチ・キリスト〉に出会った……。西暦2022年、シンガポール--3Dアーティストの青年ディッキーは、ゴシックワールドの昏い眠りの中、絶滅したはずの“少女”というクリーチャーに出会う……。そして、西暦2007年4月の日本。死にたくなるほどにきれいな空の下で……。
3つの箱庭と3つの青空、そして少女についての物語。

レビュー
あたしは死んだ。この空の下で

青一色にただ「ブルースカイ」の文字が置いてある特殊な装丁。
気にならない訳がない。

そして読み終えて驚愕した。
こんなのアリか、と。

全く違う三つの時代の出来事の意味は何なのか。
それは読み終えるまで解らない。

人と繋がっているとはどういうことなのか。
それは読み終えた今も解らない。
でも一つの答えを桜庭先生はここに書き上げている。

無茶苦茶といえば無茶苦茶な物語ではあると思う。
この物語を興味深いと思うか、さっぱりわからないと投げ出すかはその人次第であるだろう。
それくらい、自分以外の人の感想が予測できない。

桜庭ワールドは全開。だがそれ故にその世界に迷い込んでしまうこともある。
この本の感想をどう書いていいのかわからない。

読まないとわからない。が一番わかりやすいこの本の概要。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

ハヤカワ文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2007-06-30 MARK [URL]

こんにちは♪初めまして!!
挨拶するのは初めてなんですが…いつもお世話になってますw
いつもラノベ買う時ここを参考にさせていただいてます。
更新楽しみにしてます。頑張ってください^^

編集

2007-06-30 ラノベドランカー [URL]

>MARKさん
はじめまして!
激励ありがとうございます。
参考にしていただけているとのことで、こちらも嬉しいです。
とても更新の励みになります。
これからもレビューを頑張っていきたいと思うので宜しくお願いしますね。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/189-a16f27b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。