ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

二四〇九階の彼女の検索結果を表示しています。

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

二四〇九階の彼女Ⅱ(2)

2008-07-28

二四〇九階の彼女2

電撃文庫
著作名:二四○九階の彼女Ⅱ(2)

著者名:西村悠(にしむら ゆう)
イラストレーター:高階@聖人(たかしな@まさと)
発行日:2007/3/25


あらすじ
塔の外に降り立った時、少年は何を見るのだろうか――。

少年・サドリと相棒の人工知能・カエルは、世界のすべてであると信じられている 【塔】 を降りる長い旅を続けてきた。
それは 【塔】 の外、海で待っていると言い残していなくなった “彼女” との再会の約束を果たすため。
優しくて残酷な、神様と世界のお話。

レビュー
完結してしまったのが惜しい。

一巻ほど強烈なインパクトは無かったけれど、やはりこの物語は好き。
様々な世界を巡り、様々な出会いをし、様々な想いにとらわれ、それでも一つ一つ世界を越えていく。

一つ一つの出来事に心を磨り減らし、それでも旅を続けていくサドリを「頑張れっ!」と応援しつつ読み進めた。

特に印象深かったのが「七三五階の闇」と「一二四四階の競争」。
どちらも面白い世界観で、結末は衝撃的なエピソード。
深く語るとネタバレになりそうなので自重する。

いつまでも話は続けられて、いつでも完結できる作品の形態ではあるけれど、2巻での幕引きはあまりに唐突かつ惜しい。

まだまだ語れていない部分はいっぱいあるし、完結させるには明らかに早すぎる。

キノの旅に勝るとも劣らない独特の世界を持っていた作品だけに、打ち切り的に終わっているのが残念で仕方ない。
この作品の広がりをもっと見たかった。

中途半端な終わり方にはなってしまっているが、傑作であることに変わりはない。
このレビューを見てちょっとでも気になったなら、手にとって見てほしい。
この作品の「世界」を味わってほしい。

おすすめします。


評価
★★★★★
(5)


一押しお願いします


電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

二四〇九階の彼女

2007-08-17

二四〇九階の彼女
電撃文庫
著作名:二四○九階の彼女

著者名:西村悠(にしむら ゆう)
イラストレーター:高階@聖人(たかしな@まさと)
発行日:2006/10/25


あらすじ
優しく残酷な、神様と世界のお話。

無数の階層が連なる 【塔】 のかたちをした世界。
各階層を管理する神の代行機械・アントロポシュカは、人間が幸せに暮らせる世界を作るという命題を与えられていた。
だが、永い時間を経て、多くに狂いを生じていて……。
そんな中、少年は 【塔】 を降り始める。
かつて “彼女” と交わした、ただ1つの約束を果すために……。

レビュー
これは、大当たりだ。

無数の階層からなる【塔】の世界。
そこは人類を幸せにするための神たる機械・アントロポシュカによって管理されている。
どの階層でも必ず別の世界に行くための【鍵】と【門】が用意されている。
アントロポシュカは階層に一つ【鍵】を作るという掟に縛られているから。

各階層毎に全く異なる世界が存在している【塔】だが、
共通することはアントロポシュカが人を幸せにしようとして構築してきた世界であること。

人を幸せにするために人に憎しみや恐怖を与える神、幸せな人間像を追いかけて狂ってしまった神、人の幸せとは何かを知るために人を観察する神、どれもアントロポシュカと呼ばれる神で、それぞれが構築した世界が確かにある。

その世界を巡る一人の少年の物語・サドリ。相棒は人工生命を搭載したカエル。(実は意外な秘密が…)

カエルは冷静沈着、尊大な態度で個性的なキャラだが、サドリは至って普通の少年。
それぞれの世界で嘆き、哀しみ、望郷の念にとらわれ、でも前に進む健気な少年。

サドリに強烈な個性が無いから、逆にそれぞれの世界を上手く映し出している。

この本を読んで「キノの旅」を思い出した。カエル≒エルメス。
ただキノと違うのは、キノは一つの国に長居しない、干渉もしない。通りすがりの旅人を貫く。
サドリは一つ一つの世界の住人に幸せになって欲しいと切に願い、涙を流す。それぞれの世界で心を費やす。
淡々と旅をするキノと、悩みながら苦しみながらも旅を続けるサドリ。
好対照な二人だと思える。

一冊を通して、カエルの台詞で何度も心を打たれた。
私に波長が合っている作品なのかもしれない。しんみり系の話では月の盾以来の大ヒット。
キノの旅とは全く違ったベクトルの面白さがある。

「絶望は、望みを絶たなければ訪れない」
「・・・だから泣くな」
そうだ、頑張れサドリ。



評価
★★★★★☆
(5.5)


一押しお願いします




電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 1

2007年3月購入本

2007-04-02

2007.3購入本

電撃文庫
・リリアとトレイズV 私の王子様<上>
・しにがみのバラッド。(10)
・断章のグリムIV 人魚姫・下
・小さな国の救世主4 シャカリキ勇者の巻
・レジンキャストミルク6
・シゴフミ2 ~Stories of Last Letter~
・陰陽ノ京 巻の五
・天空のアルカミレスIV カストラの虜囚
・二四〇九階の彼女II
・カレイドスコープのむこうがわ

富士見ファンタジア文庫
・フルメタル・パニック!つどうメイク・マイ・デイ

富士見ミステリー文庫
・かくてアダムの死を禁ず

角川スニーカー文庫
・Add 滅びゆく機械のソナタ
・涼宮ハルヒの分裂

GA文庫
・メイド刑事4

ファミ通文庫
・鬼切り夜鳥子2 京都ミステリーツアー
・私の愛馬は凶悪です

コバルト文庫
・マリア様がみてる あなたを探しに

その他
・クジラの彼
・フェイト/ゼロ2 「王たちの狂宴」

3月の購入は20冊でした。一部4/1のもありますがそれはご愛敬。
しかし年度末になんという凶悪なラインナップ。
フルメタ、マリみて、フェイト/ゼロ、ハルヒ、陰陽ノ京etc…
私的に超待望のシリーズががつんと大量に出てきました。読書ライフは華やかなものになりそうです。

…といきたいところなんですが。ちょっと先行きが不明。
というのも、わたくし今年度から社会人デビュー。
今日は入社式でした。明日から本格的に勤務が始まります。これまでの生活とは桁違いに朝が早いです。

職業柄通勤時はとある経済新聞のチェックをしないといけなかったりするので、これまでより大幅に読書への時間の割り当てが減ります。
元々読むスピードが早くないので4月は何冊読めるのか全くもって不明だったり。

以上の様な理由で、当ブログは一端更新を停止しようと思います。




なんてのは非常に質の悪い冗談なわけです。要するに嘘です('∀`)

・・・・・・
・・・・
・・


イタイっ、石を投げないでくださいΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
一日遅れのエイプリルフールって奴ですよ。そうそう、うんそう。

今の文でどれくらいの人がショックを受けてくれたのか全くもって分かりませんが、これからも更新は続けます。
いわゆる一つの所信表明ですね。

一つだけお詫びが…多分これまでの更新スピードは維持できないと思います。
ですがこのブログを楽しんでくれている人がいることが分かっている今、そう易々と止めるわけにはいきません。

身の丈にあった速度で、それでも確実に前に進めていきたいと思います。
当ブログを読みに来てくれる皆様、これからもどうぞ宜しくお願いします。そして願わくば変わらぬご愛顧を。

以上、新春(?)のご挨拶でした。

月記 コメント: 4 トラックバック: 0

10月購入本

2006-11-04

10月購入本


電撃文庫
・キノの旅X the Beautiful World
・とある魔術の禁書目録(インデックス)(11)
・空ノ鐘の響く惑星(ほし)で(12)
・狼と香辛料III
・彼女は帰星子女4
・世界は悪魔で満ちている?(2)
・シゴフミ ~Stories of Last Letter~
・“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店
・二四〇九階の彼女

ファミ通文庫
・ときむすび
・カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~
・終わる世界、終わらない夏休み ~桜井深優の終末~
・赤×ピンク

富士見ファンタジア文庫
・紅牙のルビーウルフ〈4〉皓白の反旗

コバルト文庫
・マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵

MF文庫J
・ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険

スーパーダッシュ文庫
・黄色い花の紅

角川スニーカー文庫
・Add 怒れる機械のプレリュード

先月も数えてみれば18冊。置く場所が無い(ぉ
さて、忙しさにかまけてたら一週間経過していました。
あれ?先月も似たようなこと書いてる・・・学習能力がない?!

最近なんでこんなに金欠なんだろう?と思ってよく考えてみた。
ちく・・・ちく・・・ちく・・・ぽーん(゚Д゚)<キタコレ!

毎月の出費(固定費)
ラノベを15~20冊=約9000~12000円
涼宮ハルヒの憂鬱DVD=6500円
ラノベを読むための場所代(カフェ代)=2000~3000円

・・・特に何もしてないのに固定費だけで約二万。
収入の1/3を優雅に突破。
そら貯金もできん罠。
これに飲み会が数回入っただけで収入の2/3を華麗に突破。
悲しくなってきた。

学生生活最後の冬は非常に財布的にも寒い事になりそう。
でも社会人になると自由になる金はあれど時間が無いという。
これ以上積み本が増えるような生活はいやだなぁ・・・。
金が無いか、時間が無いか。人生ってのはままならないものですね。


10月購入本2 立ててみた。


ワンクリックぷりーず

月記 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。