ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

F エフ Ⅱ

2007-08-22

F エフⅡ
電撃文庫
著作名:F エフ Ⅱ

著者名:坂入慎一(さかいり しんいち)
イラストレーター:凪良(nagi)(なぎ)
発行日:2006/02/25


あらすじ
未だに畏怖をこめて語られる少女がいる── 喜々津静夜。
その少女こそ3年前の闘争の元凶であり、国内勢力すべてに壊滅的打撃を与えた黒幕であった。
今は亡き静夜の力を信奉する者たちがいる。
その異形の存在たちは、自らを導いてくれる王を必要としていた。

そして、静夜復活の儀式に心乱される少女がいる── 喜々津砂夜。
2人は双子の姉妹だった。
互いにいるだけで完結できる、かけがえのない存在だったが……。
両者の譲れぬ願いは、やがて凄惨な闘いを巻き起こして──!?

レビュー
一巻から引き続き生と死に面白い切り口で挑む異能アクション。

物事を裏側から捉えた発言の数々に、著者の目の付け所の違いが伺える。
必ずしもプラスな言い回しばかりではないが、だからこそ面白いし、考えさせてくれる。
「生きること」、その逆として「死ぬということ」とはどういう事か、書かれている内容の一つ一つが興味深い。

重くて暗い話ではあるのだが、気分が沈んでいる時に読む方が適している本であると思う。
辛い時、その辛さを違う面から眺める視点を与えてくれる。
余裕が無くなって視野が狭くなっているときこそ、この本の一見変わった視野を自分に取り入れるのも一興。

要素としては一巻よりもアクション分が増加している。
何やら強大な敵が現れて、これまで最強だった輩がボロ雑巾のように扱われたり、
おかしな共同戦線が張られたりとアクションものとしてより面白みが増した。
話を膨らましたのは良いが、続巻が出ていないのが気になる…
もう絶望的かもしれないが三巻の登場を首を長くして待つことにする。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

管理人のみ閲覧できます

2007-08-28  []

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/207-75ee68b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。