ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゼロの使い魔10 イーヴァルディの勇者

2007-09-29

ゼロの使い魔10
MF文庫J
著作名:ゼロの使い魔10 イーヴァルディの勇者

著者名:ヤマグチノボル
イラストレーター:兎塚エイジ(うさつか えいじ)
発行日:2006/12/31


あらすじ
トリステインとアルビオンの戦いの後、ご主人さまであるルイズとともに学院に戻った才人は、女王アンリエッタから騎士に任命される。
誰かに必要とされることで、才人は次第に「こっちの世界でみんなの力になりたい」という思いを強くしていく。ルイズは、態度こそ今までどおりに邪険にしながらも、「サイトが一番幸せになる方法」を考え始めるが、敬愛するアンリエッタまでが才人を英雄視していることで、自分が才人に好かれているという自信が持てないでいた。一方、タバサは母を救い出そうと、単身母国ガリアへと向かい――。

レビュー
また一つフラグが立った。

10巻の大台突破、記念すべき(?)一冊。
といっても少し勢いが無くなってきたように感じる。

ルイズが大人し過ぎる。ツンデレ女王だがツンの部分が殆ど無い。
才人も7~8巻で輝き過ぎたせいか、今回の活躍はちょっと物足りない。
シルフィは良かった。きゅいきゅいは癒される…。

ルイズも才人もお互いの気持ちを確かめきれないでヤキモキしてる。
その迷いを前面に出しているので、これまでの様な勢いが出ていないのだろう。
それもまた一興ではある。

タバサを巡る話とからめてこれからの展開の伏線を張ってきた。
全体的に見ればは繋ぎの一冊と見ても良いだろう。

そんな繋ぎでも才人がまた一つフラグを立てたのが気になるが…
次ではファンタジーだけじゃなく、ラブコメ部分の加熱も期待している。

10巻という大台に乗ったが、変わらず面白いシリーズを続けて欲しいと願う。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/218-787b7ec6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。