ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

灼眼のシャナXI(11)

2007-11-10

灼眼のシャナ11
電撃文庫
著作名:灼眼のシャナXI

著者名:高橋弥七郎(たかはし やしちろう)
イラストレーター:いとうのいぢ
発行日:2005/11/25


あらすじ
ヴィルヘルミナの協力もあり、教授の事件で被害を受けた御崎市にも平穏が戻ってきていた。
悠二が通う御崎高校には学園祭の季節が訪れ、クラスメートたちは期待に胸をふくらませている。
シャナも学園生活を楽しもうとするが、吉田一美と仲良くする悠二を見るたびに、どうしようもなく心が不安定になってしまう。
この気持ちはいったい何なのか――。 シャナの中で再び葛藤がはじまった。
そして、“好き” の本当の意味を身体全体で感じたとき、ついに彼女はある行動を起こして……。

レビュー
12巻を用意してから読みましょう。

流石電撃看板シリーズ。
こういう展開はかなり好き。

シャナはこれまでの生き方に悩み、新しい生き方に迷い、決心し一つ成長する。
悠二も単なるミステスから色々とランクアップ。
他のキャラ達も何やらこれまでと違った感じ。
メガネマンだけがあまり変わっていないが…

「変化」が一つのテーマと言ってもいいだろう。

つかの間の平穏な日々。
そんな日々を送るシャナ達に確実に近づいてくる敵の手。
ジリジリとその距離を詰めてくる敵の自在法と盛り上がるシャナ達のギャップにハラハラしていた。
そして最後のクライマックスシーン!

気になる!次が気になる!!

というわけですぐに12巻を読む次第。積んでおいてホント良かった。
すぐに次に行ける。


評価
★★★★☆
(4.5)

参考になったら一押しお願いします。



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/224-7a0cfe73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。