ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

レジンキャストミルク 3

2007-12-07

レジンキャストミルク3
電撃文庫
著作名:レジンキャストミルク 3

著者名:藤原祐(ふじわら ゆう)
イラストレーター:椋本夏夜(くらもと かや)
発行日:2006/05/25


あらすじ
ほのぼの学園ライフ×ダークな戦い。 どちらも日常――。

現実世界から枝分かれした異世界―― “虚軸”(キャスト)。
両方の世界に作用する力を悪用する強敵 “無限回廊(エターナル・アイドル)” が、姫島姫の身体を乗っ取る事件が起こった。

硝子は、友達が敵になってしまったことをマスターの城島晶に打ち明けることができず……。

レビュー
ほのぼの×ダーク実現。

まだ三巻なのかと思える。
なんだかもっとシリーズを重ねた様な、そんな存在感が作品に立ちこめている。
それ程にしっかりと設定が出来てるということだろうか。

重すぎず、軽すぎず。
適度なボリューム、練り込まれた設定、ライトノベルとしてより一層魅力を増した。
日常の裏に潜む非日常、その危うさ、紙一重さに加え、きちんと日常のほのぼのも描かれている。
表と裏が良い具合に混在しており独特の雰囲気を醸し出す。

なにより今回の見所は硝子。
機械人形が一人の少女として「変化」していく様がかなり可愛く描かれている。
藤原先生が新たな攻め手を獲得した模様。

ギャグパートも一巻の時のようなシュールさが無く、きちんと笑える。
スムーズにほのぼの部分が入ってくるようになった。
何か酷い言い方になっているが、これまではその部分に微妙なつっかかりがあった。
ほのぼのとダークの共存は実現すると非常に強力。

文量は抑え気味なのにこれまでと同等の雰囲気が出ている。
確実に腕を上げているなという印象を受けた。

今回は上下巻構成の上巻にあたる。
本当は★5つ付けたいところだが、下巻への期待を込めて★4つ半。



評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/233-dac22222

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。