ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

謹賀新年&積読について思うところ

2008-01-02

あけましておめでとうございます。
といっても、もう元旦は明けてしまいました。

さて、2007年は個人的に色々節目な年でした。
要は親のすねかじり脱却。社会デビュー。そして挫折(ぉ

いや今もきっちりサラリーマンやってるんで辞めたりとかはないですよ?

新年明けたところで色々思ったところとかを書いてみようかと思います。
近年まれに見る長文です。(去年の総括と積読について語ってます。)

まずは去年の総括から。

去年の読了数は139冊。
なにげに学生やってた去年より20冊程多い。。。
(卒業間際にかなり読んだ分もあるので、全体感としては去年とトントン)

まあ三日に一冊のペースといったところ。

Alles ist im Wandelのコウさんは年間467冊だそうです…もはや鬼神。
と思ってたら
>booklines.netのdeltazuluさんには遠く及びませんが。
とのこと。

世の中間違ってる。

そんな世の中に絶望しつつ今年もがんばります。


元旦の更新を見て回っていたら、ラノベ365日さんで興味深い記事が。

「正しい積読の崩し方」

かなり核心をついた潔い積読破砕術です。参考になること請け合い。

これに相乗りして私の積読対処法(破砕とはいえない…)を書いてみようと思います。

積んでしまう主な原因は「いつか読むだろう」という心構え。
それを破壊できれば実は本なんて積み上がらない。
買うときに「いつか読むだろう」と思ってちょっと興味を持った本を買ってしまう。古本屋で特価品を買ってしまう。
整理中に「いつか読むだろう」と思って再び本棚へしまう。
これがいけない。

さて、ここに単純な式がある。

購入数-(読破数+処分数)=積読数

誰もが当然に知っている真理。知っていつつも積読数を減らすことが出来ないのはなぜか?

答えは簡単。
「購入数」が「読破数+処分数」を超えているから。

買うから増える。読み切れない分買うから増える。処分も出来ないから増える。

当然。

まるで人の脂肪のよう。エネルギーとして消化しきれない分食べるから太る。
でも人間は欲望の動物なので、食べる、もとい買う誘惑を押さえ込むことは非常に難しい。

だから事後の対症療法(ダイエット)を行いましょう。

それがライトノベル読もうぜ!流積読対処法。

実はこの対処法は最近自分の中で芽吹いてきたものであるので奥義でもなんでもない。
絶賛開発中の新薬みたいなもの。

年間読破数(2007年)が138で、購入数が194という身の丈に合わない購入をしている馬鹿野郎向けに開発が進められています。

さて、この数字を先ほどの式に当てはめると…
購入数(194)-読破数(138)=56

この調子で10年経過すると…56冊×10年=560冊

Alles ist im Wandelのコウさんレベルの方でも一年じゃ読み切れない数に。
絶対に処理不可能なレベルです。
「諦めたらそこで試合終了」という格言はありますが、試合が終わる前に人生が終わってしまう危険性があります。

じゃあどうするのか?具体的は方法を挙げていきます。

①読まないと「思う」本を処分する
これが出来ないから積読は減らない。ダイエットとは辛く苦しい。

日本人には「勿体ない」という素晴らしい言葉がありますが、積読においては悪魔の囁き。

ラノベ365日さんでは「出版日が一年以上前のものは、古本屋に売り払うか、友人にあげるか、潔く棄ててしまってください。」とあります。

私も基本的にこの考えに賛成です。

と、こんなことを書いてると「お前んところのレビュー作品は一年以上前の作品ばかりじゃねぇか!」と
必殺の槍が投擲されてきそうで恐ろしいので補足。

一年以上醸造してる作品で読もうかどうか迷っている作品は処分する。

これが言いたい。「迷っている」というのがポイント。

一年も期間があって、尚読むか読まないかで迷っている作品は自分の中で優先順位が低い証拠。
自動的に自分の中で振り分けが出来ているわけです。
ぶっちゃけ一年も経つと「この作品読まなくてもいいかな」ってなってくるもの。

まだ踏ん切りが付かない場合は、レビューサイトで検索してみましょう。
微妙な作品はどこのレビューサイトさんでも微妙な評価されているのが世の常。
積まれてるような自分的にピンと来ない作品で、周りの評価までアレなようなら処分決定。
もちろん特別な理由がある場合は除くけど、その「理由」を沢山作らないようにするのがミソ。

ラノベは刊行サイクルが早く、一年前の作品は化石となってる場合も多々ある。
しかし、一年経ったからといって作品の良さは劣化しない。

刊行時期と作品の善し悪しは関係無い。

最新巻レビューは諦めて、もっぱら化石発掘者みたいなレビューをしてる私としては、
今月刊行だろうが二年前刊行だろうが価値は変わらない。

だからこそ、化石化してる作品の切り分けが重要だと気付いた。

発掘しててアンモナイトが出てくるならいいが、カタツムリが出てきたら泣ける。

納得して読んだ本が微妙ならまだしも、積読解消の義務感に追われて読んだらそれが地雷だったとなるとやるせない。
だから、発売時期やレビューサイトを使って割り切りを行うことを推奨します。

②読みたい本だけ買う
積読解消のもう一つの手だて。痩せられないなら食うな!作戦。

要は母数を減らそうという作戦。難易度は①より高いかもしれない。
でも効果は絶大。①が元利均等払いとすると、こちらは元金均等払い。

いつ読めるか解らなくても(解らないからこそ)買う。
これが積読増加のそもそもの原因。

1巻買ってるから、まだ読んでないけど2巻も買っちゃえ。
これを続けると大変なことになる。
シリーズ全部揃えてみて1巻が微妙だったらさらに悲劇は拡大。

ま、実際かなり良くある事象なんですが・・・

だから、気になる新シリーズとかは1巻だけ買う。
これだけで実はかなり積読を抑制できる。

食べるな(買うな)とは言わない。適正な量に抑えましょう。というのがポイント。

①と②を平行して行うと(読むペースが一定の場合)結構効果がでます。
読み返すとあまり具体的な書きっぷりじゃない気がする…
方法論というより精神論かもしれないけれども、参考になれば。。。

これまで積読ドントコーイ(`Д´)派だった私が長々と上記のネタを書いたのには一つ理由がある。
社会人になって「時間の有限さ」を痛感したのだ。

特段読むペースが速く無い私では、読みたいと思った本を全て読むことは不可能。
ならどうするべきか?
読みたい本の選別を強化する。ここに行き着いた。
本の選別=積読(不要な本)の処理、ということだ。

積読にも積極的な(いつか読みたいとワクワクしながら醸造してる)ものと消極的な(気が付いたら長時間放置プレイな)ものの二種類がある。
この二つは同じ事象でも発酵と腐敗くらいに意味が違ってくる。

上記の消極的な積読を消すことで、よけいなプレッシャーの除去と積極財産を置く場所の確保ができる。
さらには在庫の質の改善が出来て、納得の行く読書生活が送れる。

ちなみに私はある程度積読が無いと逆に落ち着かない人間です。

だから積読をゼロにするということはあり得ない。
いわば積読の質の向上のための施策を考えた。

今回は勢いに任せて書いた&最近やり始めた方法論のため、
まとまっていない上に読みにくいかもしれない。

それでもこんな方法があるのか、と参考程度に思ってくれれば良いです。
あなたの積読に光あらんことを。

長文駄文失礼しました。
ここまで読んでくれたそこのあなた、本当にどうもありがとうございます。

最後になりましたが、今年も当ブログをよろしくお願い致します。





一押しお願いします。



スポンサーサイト

コラム的なもの コメント: 3 トラックバック: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2008-01-02 愛咲優詩 [URL]

トラバありがとうございます。
やっぱり読まない本は買わずに、最初からなるべく積まないようにするのが最善ですよね。
私も積読は多くても10冊は越えないようにしています。
読まずに積んだままだと、本が可哀相な気がするんですよねぇ、なによりお金も勿体無いし。
私も社会人四年目ですが、ストレスが溜まるたびに読書ペースが上がる乱読派なので、学生の頃と比べても読書量はあまり変化がなかったりします。
なんにせよ、自分の身に合った分量を守ることが大切ですよね。

編集

2008-01-03 MARK [URL]

明けましておめでとうございます。
今年もレビュー参考にし多くのラノベを読破していこうと思います^^
ラノベレビューお疲れ様です、今年もレビュー期待してますよww

編集

2008-01-05 ラノベドランカー [URL]

>愛咲優詩さん
コメントありがとうございます。
積読の崩し方、参考になりました。
学生の時ほど読めないと思いきや案外読めるものなんですよね。人間の適応力って凄い・・・。

最後になりましたが、今年もよろしくお願いします。

>MARKさん
あけおめでございます!
応援ありがとうございます。更新ペースは相変わらずとなりそうですが、今年もよろしくお願いします。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/240-02b7d4fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正しい積読の崩し方

2008-01-02 ラノベ365日

毎日、積読に励んでいるみなさん、こにゃにゃちわ。 部屋の大部分を占領している積読の処理にお困りのアナタ。 本日お教えするのは愛咲流忍法『積読山崩しの術』です。 これさえ会得すれば、もう積読なんか怖くない!(多分) いざ、憎くき積読を読破しよう! 略して積読

2007年のまとめ

2008-01-10 Alles ist im Wandel

絶望した! 休みの無い年末年始に絶望した! 明日、元日から絶賛一時間早い出勤なのでぶっちゃけ早く寝ないといけませんが、 毎年一応やっているので一年のまとめを。

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。