ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

マリア様がみてる フレーム オブ マインド

2008-01-21

マリア様がみてる フレームオブマインド
コバルト文庫
著作名:マリア様がみてる フレーム オブ マインド

著者名:今野緒雪(こんの おゆき)
イラストレーター:ひびき玲音(ひびき れいね)
発行日:2007/07/10


あらすじ
思い出がいっぱいの短編集!
写真の整理をしていた蔦子。部室が手狭なため、祐巳と薔薇の館で写真を見ていると、由乃や志摩子も現れて…!? 雑誌『cobalt』に掲載された7つのストーリーと、書き下ろし2編を収録。

レビュー
もう慣れた。

謀ったかのようなタイミングの短編集。
このシリーズはありえないくらい安定した刊行ペースを維持してはいるが、
ありえないほど不安定な物語の進み方をする。
本棚の端に積んでたせいですっかり存在を忘れ、「薔薇の花かんむり」よりあとのレビューになってしまった。

一歩進んで下がらないまでも、一休み。

この作品のレビュー書くたびに同じようなことで文句言ってる気がする…
大人気シリーズを終わらせまいとする集英社の思惑が露骨に出ているのは間違いない。

さて、いい加減作品のレビューを。

表紙絵やフレームオブマインドのサブタイから解るように蔦子さんがメイン。
…という訳でも別段無かった。

しかし久々に「マリみて読んだ」と思えるエピソード集。
ダイレクトに少女たちの切ない感情が伝わってくる。
今は遠い記憶の中にあるマリみてという作品への想いが蘇ってきた。

最近足りなかったのは今回のようなちょっと切ない青春ストーリー。
うむ、これぞリリアン!
閉じた楽園、乙女の園。純粋培養お嬢様製造工場フル稼働。

個人的には四月のデジャブ、不器用姫がより好み。

最後に笙子ちゃんにガッツリ持って行かれた感が強いが、全然問題ない。
というか妹軍団の中で笙子ちゃんが一番可愛いと思うのは私だけだろうか。


評価
★★★★
(4)


一押しお願いします


スポンサーサイト

コバルト文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/251-b04f8701

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蔦子さんの写真をめぐる、ある放課後の一騒動 「マリア様がみてる フレーム オブ マインド」

2011-05-14 夜空の日記

マリア様がみてる フレームオブマインド (コバルト文庫)(2007/06/28)今野 緒雪商品詳細を見る「マリア様がみてる フレーム オブ マインド」 今野緒雪(イラスト・ひびき玲音)コバルト文庫 ストーリー 8...

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。