ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

影≒光 シャドウ・ライト

2008-01-31

影≒光
スーパーダッシュ文庫
著作名:影≒光 シャドウ・ライト

著者名:影名浅海(かげな あさみ)
イラストレーター:植田亮(うえだ りょう)
発行日:2005/9/30


あらすじ
陰陽術師、双子の姉弟の絆! 新人賞佳作受賞!
陰陽師の家系に生まれた星之宮光輝と御影という双子。姉の御影は陰陽術師としての呪力を人並み以上に持ち、弟の光輝は逆にまったく持たず、当主の父から『能無し』と罵られて育った。父を見返し姉と共に働くため光輝はイギリスに旅立ち、『精霊術』を身につけ帰国した。

レビュー
なんともラノベらしい傑作。

二年前のスーパーダッシュ文庫新人賞佳作作品。

どこかのレビューサイトさんで好評だったことは覚えていたものの手に取る機会を逸し、最近ふと気になり購入してみた。

結論。もっと早く手に取っておけばよかった・・・。

これは失策だった。だってこの本面白い。
路線的には異能バトルアクション。
あんまり陰陽師は関係なかったような。。。

コンプレックスを抱えた主人公、ブラコンな姉貴、ひたすら優しい母に、めがっさ厳しい父親。
キャラクターは王道というか基本に忠実な典型的な人達ばかり。

これといって飛び出した連中は居ないものの、いかにもラノベな雰囲気はかなり好き。
光輝は親から冷たくされてぐれちゃった一昔前の主人公タイプ。
親父と仲が悪くて、家族の女性陣にはかなり愛されてるとかどんだけー。

ステレオタイプと切って捨てられることもありそうだが、やはり王道には王道の良さもある。
光輝がそれほどに甘ちゃんではなく、ストイックな奴でもあるから尚良し。

個人的には第三話が悲しかったがぐっときた。

どうにも気になったのは御影さんの超ブラコンっぷり。駄目姉全開。
いや、別にいいんですが、血の繋がった親類に魅力を全く感じない私としては他のヒロイン希望。

最後に。
展開自体は盛り上がりも十分なんだが、締めのロジックというか台詞周りにいまいち説得力がない。
ビシッと締めようとしてるんだけど、一般論な答えが目に付いてしまった。
★五つ付けられない理由がそこにある。

あと、親父のツンデレっぷりは萌える。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

スーパーダッシュ文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2008-02-02 らい [URL]

はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらってます。
この作品、私も嫌いではないのですが、「風のスティグマ」とかなり設定がかぶるような…。

・実家の家業の能力は全くなし
・別種の異能で特異な才能を発揮
・コンプレックスの塊
・父親と対立
・能力もの

もちろん細かいディテールは違うのですが。
悪い作品ではないだけに、損をしている気がします。

編集

2008-02-03 ラノベドランカー [URL]

>らいさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

「風のスティグマ」は読んでいないのでどの程度かぶっているのかわかりませんが、王道パターンな路線の作品なので致し方無いのかなとも思います。。。

続巻の展開次第といったところでしょうか。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/255-7c61e0b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。