ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

そらいろな

2008-02-08

そらいろな
電撃文庫
著作名:そらいろな

著者名:一色銀河(いっしき ぎんが)
イラストレーター:古夏からす(こなつ からす)
発行日:2008/01/25


あらすじ
高校の入学式に出会ったメイド姿の少女。しかし彼女は……!?
「一緒にがんばりましょうね、白河くん!」
中学野球ナンバーワンサウスポーといわれながら、ひじの故障のため野球強豪高校へ行けなかった白河祐樹。唯一誘ってくれた学校で、再起しようと思っていた祐樹であったが……。
入学式当日、ビラ配りに勤しむ何故かメイド姿の小柄な少女。実は彼女はこの学校の先輩で、一人暮らしの祐樹に朝ごはんを作ってくれたりして。おまけに彼女は野球部の監督だったりなんかしちゃって!?
これって野球小説なのかラブコメなのか!?
いやこれは、個性強すぎのキャラたちが紡ぎ出す、イマドキのすぽ根ドラマなのです!

レビュー
非常に燃える電撃二作目のスポ根小説!!

SFやファンタジーが殆どを占めるラノベ界で、がっつり野球をしている変わり種。
電撃スポ根一作目は同じく一色銀河先生の「若草野球部」(らしい)。
確かにここ数年で純粋にスポーツを題材にした電撃なんて見たこと無い。

女子高生監督&メイド&小柄&薄い胸といろんな要素をミックスさせ萌えも狙いつつ、その実中身はガチに野球で燃えがメイン。

女子高生監督兼ヒロイン・天音は究極の野球バカ。
野球に対する熱すぎる情熱と、目的の為なら迷わずとる無茶な行動、それに加えて時折みせる不安げな表情のギャップがたまらない。
自分のバイト代で練習機材を買ってるっていう設定で、とある有名野球漫画の女監督を思い出したのは私だけだろうか。

大まかな設定がその有名野球漫画とかぶってるのが少し気になるところではある。

白河祐樹は怪我で燻っている中学ナンバーワンサウスポー。
色々な葛藤から素直に野球部に参加できない彼の心を最後に動かすのは、やはり天音。
ピンチに駆けつけるエースは、傷を抱えつつも実力は文句なしで非常に格好良い。

第四章からの試合の描写はそれはもう秀逸の一言に尽きる。
野球を知らない人にはちと難しいかもしれないのも事実ではある。
しかし、野球をメインとした小説ならこれほどの書き込みはあってしかるべき。

兎に角六回からの攻防戦が熱い。なんとか堪え忍んで来た北野坂に現れる起爆剤。
思わず震えが走る登場シーンだった。

打者vsバッテリーの心理戦、ベンチvsベンチの読み合い、投手同士の意地の張り合い。
攻めの戦略のたて方、土壇場での配球。
野球がいかに奥深いものか、おもしろいものかが存分に描かれている。
この緻密な試合のやりとりがこの作品のメインと言っていい。

読めない試合の進行に、手に汗握るだけで無くずっとドキドキしっぱなしだった。
本当に甲子園の試合を見ているかのような緊張感を感じることができた。

どうやら続巻も出るようで、楽しみなシリーズが今年また1つ増えた。

そういえば覚えてるところだけで三カ所は誤字脱字があったのが気になる。
校正さんはちゃんと仕事をしてください。



評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/259-6f29622d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。