ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

紅 ~ギロチン~

2008-04-20

紅2
スーパーダッシュ文庫
著作名:紅 ~ギロチン~

著者名:片山憲太郎(かたやま けんたろう)
イラストレーター:山本ヤマト(やまもと やまと)
発行日:2006/7/30


あらすじ
全てを切り裂く《斬島》の刃に立ち向かう!
商売敵の悪宇商会からスカウトされた真九郎。まだまだ半人前の自分を磨くチャンスと思い契約を考えるが、最初の依頼を聞いて破談にする。依頼内容が少女殺害だったからだ。真九郎は少女を守ろうと考えるが、悪宇商会の殺し屋・斬島切彦《ギロチン》が待ち構えていた。

レビュー
女性陣が魅力的すぎです。

我らが(?)ヒロイン・最強の7歳児・紫。
永遠のお姉さん。でもイマイチ強く押し切れないもどかしい夕乃さん。
ツンデレ幼なじみ、クールビューティーな銀子。
ブチ切れ二重人格、<ギロチン>斬島切彦。

他にも闇絵さんとか、環さんとか、紅香さんとかetc…
女性陣が相当幅をきかせてるな、この作品は。
というか、野郎は真九郎くらいしか思いつかない。他に男性キャラいたっけか…。

「一流になるために人を殺せ」と言われ、圧倒的な相手が敵に回り、悩み葛藤し、
果てには大切なモノを失いくたびれていく真九郎の心情の描き方がまた見事。

心の動きとか機微を表現するのが上手なのだろう、読み進めるうちにこちらの気分まで引きずられていった。
ラストの紫との仲直りシーンはググッと来ましたよ、ええ、来ましたとも。

そして最後に何故か出てきた銀子のデレ部分。どこまでも顧客満足に徹していただきありがたい。

一巻に負けず劣らずガッツリ引き込まれた。やはり独特の雰囲気がある作品だと思う。
読んで良かったと、良い時間が過ごせたと思えた。
紅シリーズ以外の他の著書にも手を出してみようかと思案中。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします


スポンサーサイト

スーパーダッシュ文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2008-04-23 西由記  [URL]

電波的な彼女もオススメですよw
ただ主人公は紅のほうがカッコイイ気がしますw
柔沢紅香さんすいませんmm(_ _)mm

編集

2008-04-26 ラノベドランカー [URL]

>西由記さん
はじめまして~。
電波的な彼女も同じ世界観の様ですね。
実は買ってあっていつ読もうかワクワクしているところです。
本棚の肥やしになる前に読みたいと思います。。。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/284-4b4c8a76

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。