ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

トリックスターズ

2008-06-26

トリックスターズ
電撃文庫
著作名:トリックスターズ

著者名:久住四季(くずみ しき)
イラストレーター:甘塩コメコ(あまじお こめこ)
発行日:2005/06/25


あらすじ
これは推理小説(みすてり)を模った現代の魔術師の物語――。

ゲームと称するその予告は、大胆にして唐突なものだった。
『我は、今この会場内に集まった諸君の中から生贄を選定し、処刑することをここに宣言する』 と。
不可解な予告がはたして真実となったとき、舞台となる城翠大学は混乱の渦へと落下していく。
だが、美しき女魔術師は、巧妙なる欺計(トリック)を鮮やかにそして皮肉げに解き明かす。
そしてゲームは誰もが予期せぬ結末へ。
魔術師たちの物語、トリックスターズ登場!

レビュー
ミステリなんだか、魔術師の話なんだか…正直どっち?

積み本消化の一巻として本棚の奥から発掘。
その厚みに恐れをなして読んでいなかった。

「これは推理小説(みすてり)を模った現代の魔術師の物語――。」
なんてあらすじに書いてあるけど、たしかに当たってる。
こういう的を射たキャッチフレーズを考えられるようになりたいもの。

と、話が脱線した。
中身のレビューをしていこう。

まず「魔術」の立ち位置が微妙。
何かにつけて『不可能命題(ロストタスク)』という言葉を使ってあれは出来ないこれは出来ない。
魔術が万能だったらミステリなんて成り立たないけれど、ここまで縛られてるとこの物語での魔術の意義が問われてくる。
「魔法」と「魔術」は違うという表現も奈須きのこワールドにどっぷりな私には二番煎じ。。。
中途半端に先生が魔術(?)を披露したりするから思考の邪魔になりかねない。

この本にはそれなりにしっかりしたギミックやら、謎かけやらが含まれてて精度も悪くないと思う。
それ程無駄な部分も無いしまとまりもあると思う、けれど少しボリュームが多い。
途中から重いなと感じてしまった。ラノベとしては減点対象だろう。

私は推理小説を読むときは謎を解こうとして読まない。深くは考えず流れに任せて読み進める。
最後に明かされる謎の正体、トリックの種明かしでのどんでん返しを楽しみにしているから。

そんな私が今回一番びっくりしたのは7番目のトリック。
無理矢理感が強いけど、注意深く読むと解るようになってるのが憎らしい。
単純な人間なんで単純などんでん返しが一番効くんです。
普通は解らないと思うけどね、これは。。。

結論としては可もなく不可もなし。
続巻も購入済みなので読んでいこうとは思いつつ、その厚さに腰が引け気味。


評価
★★★☆
(3.5)

一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/303-7b391e0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。