ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

麒麟は一途に恋をする6

2008-06-28

麒麟は一途に恋をする6
電撃文庫
著作名:麒麟は一途に恋をする6

著者名:志村一矢(しむら かずや)
イラストレーター:椎名優(しいな ゆう)
発行日:2006/8/25


あらすじ
最終決戦目前! 過酷な現実に直面した遙の運命は?

最強の星獣《九頭竜》東雲十吾が指定した決戦の日が迫る。
最終決戦を4日後に控え、最愛の恋人・麻由のもとへ帰った遙は、亮の元妻・早紀から恐るべき事実を告げられる。
一方、東雲に背いて遙に闘いを仕掛けた柊弥は、残酷な《試練》を与えられるが……。

レビュー
やっぱりこの作品は凄い。

こんなに熱いバトルモノは本当に久しぶり。

じわじわと、時にやきもきさせながら話を盛り上げていき、最後で大きく花開かせる。
シリーズ6冊を通してそれを体現してきた。
この巻では静と動が見事に同居していて、そのギャップがまた堪らない。

単に戦いばかりでなく、戦いに対する「決意」、相手への想い、憎しみ、あらゆる要素が渾然一体となって物語が形成されている。
キャラクター一人一人の造詣がとても深い。
生々しい感情が胸を打つ。それぞれの生き様が嫌なほどに鮮烈。

一筋縄ではいかないストーリー。愛憎が絡み合い思いもよらぬ展開をする物語。
力による戦いだけじゃなく、心と心のぶつかり合う戦いも深い。

最近のラノベでここまで熱い気持ちになったことは無いなぁ。
感動系、お笑い系、心和むファンタジー系に良作はいっぱいあった。
でも、こういう設定も深淵なバトルものは最近減ってきたと思う。

同系統でふと思い浮かんだ作品が「レベリオン(著:三雲岳斗)」、「DADDY FACE(著:伊達将範)」、「フルメタルパニック(著:賀東招二)」など。
どれも2000年以前開始の作品だった…。

どの作品もクライマックスで心震わせ、今も尚鮮明にそのシーンが思い浮かぶ。
特にレベリオンの最終巻は一言では表せない感動をもたらしてくれた。

それらの作品群に匹敵する力がある。

この作品を良作ならしめているもう一つの要員はイラスト。
椎名優先生の画力無くして「麒麟」は語れない。

もう6巻の表紙の柚子や中表紙の東雲&セクメトのイラストはヤバイ。
こういったキャラ達が頭の中で飛び回るからこそ、作品の熱さが引き立つというもの。
しょっぱいイラストレーターだと、折角の名シーンも魅力半減。

さて、最終巻を残してかなり気になるところで話が終わっている。
ドキドキした、ワクワクした。
正直誰が死ぬか解らない。誰にも出来れば死んで欲しくない(一部を除く)。
でもそんな甘い展開はあり得ないだろう。
だからこそ悲しい、面白い、引き込まれる。

シビレマシタ。


評価
★★★★★☆
(5.5)


一押しお願いします




スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/304-e7cf1524

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。