ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゼロの使い魔12 妖精達の休日

2008-07-07

ゼロの使い魔12
MF文庫J
著作名:ゼロの使い魔12 妖精達の休日
著者名:ヤマグチノボル

イラストレーター:兎塚エイジ(うさつか えいじ)
発行日:2007/8/31


あらすじ
トリステインの女王アンリエッタの頼みで、ティファニアを迎えにいった才人たち一行は、妨害にあいながらも、どうにか学院に戻ってきた。ティファニアはアンリエッタの計らいで、ルイズたちと同じように学院に通うことになり、その可愛らしい容姿と「革命」な胸のため、あっという間にクラスの人気者になる。しかし、ハーフエルフであることを秘密にしておきたいティファニアは、いつも帽子をかぶっておどおどしながら過ごしていた。突然現れたうえに人気をさらったティファニアが面白くない女生徒たちは、帽子をとってやろうとたくらんで……(第1話)。あの人気キャラも活躍!? 大人気異世界ファンタジーは、ちょっと一息の短編集! 

レビュー
ゼロの使い魔・おっぱい編。

主に胸のおかしい連中がおりなす、おっぱい外伝(ぉ
12巻とは銘打ってあるが「休日」のサブタイトル通り進行はワンクッション。

なんだかひたすらにおっぱいネタでバカ騒ぎ。

アンチ胸のルイズが久々にツンデレ爆発で怖かったり可愛らしかったりと本領発揮。
今回は何やら救いがない&見所が無いサイトだったが、三階から迷わずダイブする姿は間違いなく「漢」だった。

ストーリー自体は進行しなかったが、その分ギャグ分が満載。
ルイズをの乗りこなせてると勘違いして調子に乗り、ボロカスにされている「いつもの」サイトを見て何か安心した。

完全に元のペースを取り戻したようだ。
鉄板シリーズの厚みがさらに増した。刊行ペースも安定してるし言うこと無し。

しかしブチ切れた時のルイズの恐ろしさは凄い…。改めてガクブル。

今回は最後までどうしようもないギャグで満たされていた。
13巻では大きな動きがあったと風の噂で聞いているので非常に楽しみ。
…その前にタバサの冒険2読まないといかんか。。。

ともかく安心して楽しめるハイクオリティーな一冊だった。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/306-4e31f16c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。