ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

リリアとトレイズ Ⅵ(6) わたしの王子様<下>

2008-09-09

リリアとトレイズ6
電撃文庫
著作名:リリアとトレイズ Ⅵ(6) わたしの王子様<下>

著者名:時雨沢恵一(しぐさわ けいいち)
イラストレーター:黒星紅白(くろぼし こうはく)
発行日:2007/04/25


あらすじ
人気シリーズ、クライマックスエピソード!

春休みを利用して、母親のアリソンと列車旅行に出かけたリリア。
その車中で彼女が出会ったのは、幼なじみのトレイズとその婿入り相手のお姫様だった!
いよいよ旅も終盤に入った頃、リリアとトレイズを襲った大事件とは……!?

レビュー
リリアとトレイズ、完結!

トレイズのヘタレ返上がかかったシリーズ最終巻。
どんなどんでん返しが待ち受けているのか期待は膨らむ。

結果としては・・・このシリーズらしい終わり方だった。
良い意味でも悪い意味でも。。。

最終巻だからと気負わないで、いつも通り読めばいい。
どこまで行ってもリリアはリリア、トレイズはトレイズだった。

ここまで書いちゃうとトレイズのヘタレ返上の可否がわかってしまうかも。
とはいえ、トレイズのホントの気持ちも明らかにされるので見所はアリ。
その気持ちがトレイズの駄目っぷりを象徴しているわけだが。。。

最後までこのシリーズの独特のペースが崩れなかったのは、
流石ベテランの時雨沢先生の手腕といったところ。

ただ、3~4巻に比べると少々劣後してる感が否めなかった。
エピローグ部分はしんみり出来てよかったけど、全体感としてはイマイチ。

期待が大きすぎたのかもしれない。


評価
★★★☆
(3.5)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/337-e9fc1e7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。