ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とらドラ5!

2008-09-24

とらドラ5!
電撃文庫
著作名:とらドラ5!

著者名:竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ)
イラストレーター:ヤス
発行日:2007/08/25


あらすじ
夏休みもあけて、文化祭の季節。
クラスの演しものをめぐっての男子連合と実乃梨と独身の争いや、ミスコンのクラス代表の選出など、当日に向けて徐々に雰囲気が高まっていく。
そんなある日、大河の父親が現れ、竜児と大河のなれあい関係に波紋を投げかける。
また実乃梨と亜美も、夏の別荘以来微妙な変化を見せはじめ……。
それぞれの思惑が交錯し、波乱含みで幕を開けた文化祭の行方は?
ゆりちゃんがつ、ついに三……!? とか、裏口入学系・春田の意外な頑張りなどなど、他にもいろいろ見どころ満載な超弩級ラブコメ・第5弾!

レビュー
やはりキレが違う。

キレというのはギャグのキレ。台詞回しがホント面白い。
所々に細かなネタを仕込みすぎ。
そしてこのネタを解することができるのは20代前半から中盤くらいがメインだろう。
この作品は予想以上にターゲット層が上にあるように思える。

そんな小ネタとアホらしい展開は今回も健在。
スピンオフ程ラブコメしてはいないが、より凶暴・獰猛・腹黒な連中が集う本編もまた良し。

今回はタイガー父を巡って一波乱。
大河の「・・・お願い・・・。」にこれほどの破壊力があるとは知らなんだ・・・。

大河が大人しめで罵詈雑言が控えめだったからか印象がずいぶん違う。
いろいろと話も深まってきて良い感じ。

亜美はかなり変わってきたが、みのりんはこれからが見せ場か。
中継ぎ的な印象が強かったがそれでもパワーは十分。
終わらせ方が良かったので読了感も爽快。

でも実は一番面白かったのはあとがきかもしれない。
竹宮先生の部屋は呪われている。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします




スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/343-8966c8f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。